「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム翻訳者一覧 > 翻訳者

翻訳者

sixpence(1年未満)

English⇒Japanese

文書一覧 ブックマーク 本棚

中国の一人っ子政策:「小さな皇帝」の呪い

中国は巨大な国である。そして、そのような世界的な大国にふさわしくいくつかの巨大な失敗をしてきた。例えば、1979年の施行以来非難を受け続けてきた、悪名高い一人っ子政策(OCP)がある。Scienceに発表された最新の研究は、まさにその考えがいかに誤りであったかを明らかにしている。 最初は、その政策は客観的で理解できるように思われた。すなわち、中国の人口成長は1949年から1976年までに75%近く跳ね上がって抑制が効かなくなり、一方一人当たりの収入は約300元、つまりわずか48ドル程度で、複数の子供を持つ家庭にとって養育に十分な金額には程遠かった。その…

更新日:2013-01-14 01:50:19 sixpence   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イスラエルロビーとヘーゲル

ジェフ・ゴールドバーグが、アメリカ・イスラエル公共問題委員会(AIPAC)はチャック・ヘーゲルへの大規模ロビーキャンペーン開始を躊躇しているのではとの興味深い寄稿をしている。 彼の指摘は正しいのかもしれない。そして本当ならばそれは素晴らしいことだろう。しかし私はAIPACが裏で電話を掛けてヘーゲルの指名に反対を呼び掛けていることを知っている。それは本格的なロビーキャンペーンというわけではないが、親ネタニヤフというAIPACの姿勢は常に明白だ。 この問題について、私が残念にも指摘しなければならないことは、ニューヨークの偉大な市長であり、か…

更新日:2013-01-14 01:30:09 sixpence   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare