「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム翻訳者一覧 > 翻訳者

翻訳者

eengine(1年未満)

English⇒Japanese

文書一覧 ブックマーク 本棚

福島沖海水のヨウ素129:分布、無機スペシエーション、出所、配分 / Hou X. et al.

2011年3月に起きた東京電力福島第一原発事故により、環境中に大量の放射性物質汚染が広まった。そのうち、ヨウ素129は長寿命の放射性核種で、数百万年にわたって環境中に残ることになる。本研究はまず、2011年6月に福島沖で採集された海水深度レベルごとのヨウ素129の濃度と無機スペシエーションについて述べる。福島沖40キロの海水表面において、ヨウ素129/ヨウ素127の最大原子数比2.2×10-9と、水面でヨウ素129の濃度が大幅に上昇していることが観察された。ヨウ素129の優占種はヨウ化物であり、ヨウ素127は主としてヨウ素酸塩であったが、これは、ヨウ素…

更新日:2013-03-08 06:32:15 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

1980年から2006年英国における自然放射線と小児白血病・その他の癌の発症に関する、記録を用いた症例対照研究 / Kendall, G. M. et al. 注目記事

小児癌と自然放射線の関連を検証するために、記録を用いた大規模な症例対照研究を行った。1980年から2006年に英国で生まれ癌を診断されたケース(27,447ケース)及び対応する癌でない対照群(36,793ケース)を国立小児腫瘍レジストリから抽出した。英国の全国データベースから子どもが生まれたときの母親の住所における放射線被曝量を、γ線の州平均及びラドンの地質学的境界によりグループ化した国内測定に基づく予測地図を用いて推定した。γ線骨髄累積被曝線量1ミリシーベルトあたり小児白血病過剰相対リスク(ERR)は12%であった(95%信頼区間 3, 22; 両側P=0.01)…

更新日:2013-02-26 11:46:06 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病 / A. G. Noshchenko, O. Y. Bondar, V. D. Drozdova

抄録 本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各…

更新日:2013-02-25 09:43:19 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量放射線の影響:ソ連の科学、原子力業界、そして独立した科学? / Anders Pape Møller & Timothy A. Mousseau

チェルノブイリ原発事故と東電福島第一原発事故をきっかけに、いわゆる低線量放射線の影響に対する関心が世界的に広まった。しかしながら、当惑せざるを得ないことだが、これまでの研究は、ソ連の科学研究と原子力産業が後押しした研究が中心で、それに独立した科学者が一部貢献しているという状況にある。Anders Pape MøllerとTimothy A. Mousseauが、低線量放射線が動植物や人間に与える影響をめぐる研究について案内する。 ・・・・・・ メンフクロウやラット、人間、ムラサキツユクサやタマネギに関する研究は、いずれも、放射線の負の影響を有意に示している。 …

更新日:2013-02-24 20:36:18 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリと公衆衛生

1992年、チェルノブイリ事故の影響で子どもに甲状腺癌が起きていることが報じられ始めたとき[1]、放射線医学界は懐疑的だった[2][3]。懐疑論の中には確かに科学的な観点からのものもあったが(「ヨウ素131の発癌性は低い」)、そうでないものもあった。当時の曖昧な態度は、X線と甲状腺癌の関係をめぐるデータの再検討や、どれだけ多くの子どもが被曝したかの理解が進むにつれて解決した。この経緯は、科学的直感が判断を誤らせることについての訓話となっている。 こうした論争にかまけていなければ、より迅速な対策を取ることができた可能性がある。それにもかかわら…

更新日:2013-02-13 16:04:12 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

放射線の発癌性:チェルノブイリの教訓 / D. Williams

抄録 放射線は発癌物質である。DNAに作用し、様々な突然変異を引き起こす。放射線を照射された細胞は、また、ゲノム不安定性を示します。隣接する照射されていない細胞も同様である(バイスタンダー効果)。発癌に対してどのくらい影響があるかの解明はこれからの課題である。放射線の影響に関して現在わかっていることのかなりは、様々な悪性腫瘍を引き起こす原爆の全身被爆から得られた証拠に依拠している。これに対して、何百万人という人々がチェルノブイリ事故では降下物中の放射性同位体に晒され、その後20年間に甲状腺癌の発症が大幅に増え、乳癌の増加も被…

更新日:2013-02-01 09:37:13 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島原発事故前後における都市ごみ焼却灰中の放射性核種

抄録 福島原発事故(2011年3月11日)前後の都市ごみ焼却灰中の放射性核種をγ線分光法により調査した。福島原発から西南西約1200キロにある北九州で、2006年4月から2007年3月および2011年3月から2011年10月の二期について焼却灰サンプルを収集した。原発事故前(~2011年2月)の焼却灰では、(40)K、(137)Cs、(208)TI、(212)Pb、(214)Pb、(212)Bi、(214)Bi、(228)Acが検出された。事故後(2011年3月~)の焼却灰中には、これら8核種に加えて(134)Csが検出された。2011年8月の一次飛灰に(134)Csと(137)Csの最大濃度が観察されたため、これに対して加水抽出を用いた改良Te…

更新日:2013-01-15 13:06:26 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島第一原発事故により拡散した放射性物質への内部被曝を花粉症用マスクが軽減する効果 / 桧垣正吾・廣田昌大

抄録 花粉症用マスクが福島第一原発事故により拡散した放射性物質への内部被曝を軽減する効果について調査した。東京大学本郷キャンパスにおいて、2011年3月15日日本時間15時から3月16日9時までの18時間、継続してマスクを一重に着用した。マスクを着用しなかった成人1名は、同じ時間に環境放射線に対する追加実効線量6.1uSv、甲状腺等価線量で33uSvの被曝をした。放射性核種は気体や微粒子としてだけでなく、他のエアロゾルや花粉と結合したかたちで拡散していた。花粉症用マスクの着用は、吸気による内部被曝を低減することができる。 PMID:23274827 …

更新日:2013-01-07 16:10:55 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare