「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

taro

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム翻訳者一覧 > 翻訳者

翻訳者

eengine(1年未満)

English⇒Japanese

文書一覧 ブックマーク 本棚
123456789

フランス原子力労働者コホートにおける慢性電離放射線被曝に関連する白血病リスク / Metz-Flamant C. 他

抄録 電離放射線に対する比較的高い線量の急性被曝後に観察されるガンへの影響として白血病は、初期から認められるものの一つである。本研究では、フランス原子力委員会(CEA)および核燃料社(AREVA NC)における低線量及び低線量率での外部被曝後の白血病による死亡率を10年の追加フォローアップ期をおいて調査したものである。コホートは、1950年から1994年に少なくとも1年間、CEAかAREVA NCで働いていた、被曝モニタリングをしていた労働者で、1968年から2004年の間に追跡調査を受けた人である。外部被曝と白血病死亡率の相関を過剰総体リスク(ERR)モデルで推定…

更新日:2013-06-08 10:23:51 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランス原子力関連労働者の統合コホートにおける慢性外部放射線被曝に関わる死亡率 / Metz-Flamant C.他

抄録 目的 低線量電離放射線への長期にわたる被曝が長期的にどのような影響を与えるかについて、仏原子力エネルギー庁(CEA)、アレバ・ニュークレア・サイクル(AREVA NC)、フランス電力(EDF)で働く原子力労働者を対象に分析を行った。累積外部被曝線量と、固形ガン、白血病、循環器系疾患による死亡率との相関を検討した。 方法 CEA、AREVA NC、EDFで1950年から1994年の間に少なくとも1年間雇用され、被曝線量をバッジでモニターし、1968年1月1日の時点で生存していた労働者全員を対象とした。労働者一人一人に対して、貫通性光子(X線及びガンマ線)…

更新日:2013-06-05 10:51:12 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

被曝と乳がん:チェルノブイリの教訓 / Ogrodnik A, Hudon TW, Nadkarni PM, Chandawarkar RY

抄録 東電福島原発事故から2年を経て、チェルノブイリ事故から学んだ教訓はますます重要なものになってきた。歴史的に見ると、27年前のチェルノブイリ原子炉事故からのデータは甲状腺癌と強い相関関係を示しているが、チェルノブイリ由来の放射線の乳がん発生に対する影響は決定的でない状況だった。我々は、チェルノブイリ事故時から2010年12月までに出版されたチェルノブイリ事故の乳がん発生に対する影響を扱った文献をMedlineとScopusを用いてレビューした。その結果、データの制限や統計的な不備の問題が示唆された。データ収集における不具合といった要因のため…

更新日:2013-05-23 21:39:38 eengine   9   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量放射線生物学が放射線防護に提起する不安な問題 / Mothersill C, Seymour C.

抄録 本論文は、低線量放射線生物学が提供する最近の知見と放射線防護との関係をめぐる議論を刺激することにある。放射線生物学では、低線量被曝の影響は、これまで考えられてきたよりもはるかに複雑であることを示している。例えば、ゲノム不安定性、バイスタンダー効果、マルチプルストレッサー被曝、慢性被曝などをめぐる問題がある。現在までに、これらが放射線防護に関連する問題であることは受け入れられているが、これらの効果をめぐる知見を現行の放射線防護の枠組みにどのように統合するか明確な道筋はない。人間の放射線防護にとって有益なアプローチにつな…

更新日:2013-05-17 07:12:13 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電離放射線、健康への影響と防護手段 / WHO

2012年11月 重要な事実 ・電離放射線は電磁波あるいは粒子のかたちで原子から放出されるある種のエネルギーである。 ・人は、土壌や水、植生など、自然放射線源から、また、X線や医療機器のような人工放射線源から被曝している。 ・電離放射線には、医療・産業・農業・研究など、有用な応用も多い。 ・電離放射線の利用が増加するにつれ、適切に利用されないあるいは封じ込められないならば、健康に対する潜在的な危険は増大する。 ・被曝が一定量を越えると、皮膚の火傷や急性被曝症状などの急性症状が出る。 ・低線量の電離放射線は、長期的に発ガンなどのリ…

更新日:2013-05-16 08:43:26 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

高バックグランド放射線地域の居住期間が免疫系に及ぼす影響 / Sajad Borzoueisileh et al.

抄録 目的: 人が自然線源から受ける放射線量は年間約2.4 mSvであるが、イラン北部ラムサールの住人の場合、年間10.2 mSvに及ぶ。発ガンは、放射線の影響として、とりわけ高線量において、最もよく研究されているテーマであるが、低線量における発ガンについては不確定なところがおおい。ラムサールという高バックグラウンド放射線地域を対象に最近行われた疫学研究は、この地域の癌が周辺地域よりも低いことを示すものであった。この違いがどのような理由によるものかはまだ研究が進んでいない。腫瘍の免疫系で最も重要な構成要素はナチュラルキラー細胞(NK細胞…

更新日:2013-05-08 09:28:22 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故後の放射性物質の分析 / Fei Tuo, et al.

抄録 HPGeγ分光法を用いて全118サンプルを分析した。事故後22日間に収集したエアロゾルサンプルから、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、セシウム136をそれぞれ1720µBq/m^3、247µBq/m^3、289µBq/m^3、23µBq/m^3検出した。ヨウ素131は雨水と土壌サンプルでも検出されただけでなく、2011年4月2日から13日に収穫された野菜でも測定され、0.55~2.68Bq/kgの値を取った。牛乳、飲み水、海水、海中生物相サンプルからはヨウ素131は検出されなかった。 Fei Tuo, Cuihua Xu, Jing Zhang, Qiang Zhou, Wenhong Li, Li Zh…

更新日:2013-04-16 20:25:10 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

スロベニア定期環境放射線モニタリングで検出された福島由来プルーム / D. Glavič–Cindro et al.

抄録 東電福島第一原発事故後に定期環境モニタリングプログラムで収集されたエアロゾル及び雨水を綿密に分析した。2011年3月後半及び4月に収集された雨水のサンプル、エアロゾル及びヨウ素フィルターから、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137が検出された。2011年5月には、ヨウ素131とセシウム134は検出限界近くあるいはそれ以下となり、セシウム137は東電福島原発事故前の値に戻った。さらに、アエロゾルフィルターにおけるプルトニウムとアメリシウムの放射能濃度を分析した。これらの測定データを、1986年にスロベニアで収集したチェルノブイリ由来の汚染データ…

更新日:2013-04-12 08:02:18 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123456789