「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム翻訳者一覧 > 翻訳者

翻訳者

eengine(1年未満)

English⇒Japanese

文書一覧 ブックマーク 本棚
12345678

ストレスと癌 / Cancer Research UK

人は誰でも、生きていればストレスを感じるときがあります。少しのストレスならば、より注意深くなったり色々うまくできるようになったりと、正の効果を持つことがあります。けれども、長期にわたってストレスを抱えると、不安症やうつ病といった精神衛生上の問題につながっていきかねません。さらに、高血圧や胃潰瘍といった身体的健康上の問題にもつながることがあります。 ストレスと癌 ストレスのかかる事態に直面すると、体中のホルモン量が変わり、免疫系に影響を与える可能性があります。しかしながら、 そうした変化が癌につながるという証拠はありません …

更新日:2014-04-08 08:54:24 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発と海洋放射能 / Ken O. Buesseler

抄録 2011年3月11日に起きた三重の災害、すなわち地震・津波そして東電福島第一原発からの放射性物質の放出は、海洋と社会にとって前例のない出来事であった。本論文では、とりわけセシウム137及びセシウム134に注目して、東電事故による放射能放出を自然放射能およびこれまでの人工放射能と比較する。東電福島第一原発から放出されたこれら放射性核種の総量は詳しくはわかっておらず、大気中のフォールアウトと海洋への直接放出からの推定は4ペタベクレル(PBq)から90ペタベクレルと幅があるが、恐らくは15PBqから30PBqの範囲であろうと思われる。これは、1960年…

更新日:2014-01-13 15:13:02 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ・フォールアウトの影響を受けた住民の甲状腺と唾液腺に対する環境硝酸塩の影響 / V. Drozd et al. 注目記事

序: チェルノブイリ事故後、主として放射性ヨウ素により甲状腺疾患が増加したことは科学的に認められてきた。また、硝酸塩がヨウ素の代謝に影響することも知られている。硝酸塩は、ナトリウム・ヨウ素共輸送体に対する競争的阻害物質であり、甲状腺のヨウ化物摂取を阻害し甲状腺ホルモン合成を弱める。 本研究の目的は、超音波(US)スクリーニングによる甲状腺異常及び唾液腺異常を飲料水の硝酸塩濃度から調査することにある。 方法: 甲状腺と唾液腺の容積推定を伴うUSを、チェルノブイリ事故後放射性核種で汚染されたブレスト地区に暮らす264人のベラルーシ…

更新日:2014-01-08 14:43:13 eengine   11   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電離放射線に暴露したあとの小児白血病リスク:レビュー / Richard Wakeford

日本の原爆生存者に対するフォローアップ調査の早い時期から、小児白血病が電離放射線により誘発される特定の傾向があることが観察されてきた。そこでは、過剰相対リスク(ERR)は暴露からの時間に応じて時系列の波として示される。このパターンは、放射線療法を受けた子どもの調査でも概ね確認されてきた。小児白血病と出生前X線診断に関する複数の症例対象研究、年少者に対するCT検査後の白血病に関して最近行われた大規模なコホート研究、そして、自然γ線と小児白血病に関する最近行われた大規模な症例対象研究は、低線量被曝によりリスクが増大することを立証して…

更新日:2013-10-22 11:31:51 eengine   14   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島第一原発事故により拡散した放射性物質への内部被曝を花粉症用マスクが軽減する効果 / 桧垣正吾・廣田昌大

抄録 花粉症用マスクが福島第一原発事故により拡散した放射性物質への内部被曝を軽減する効果について調査した。東京大学本郷キャンパスにおいて、2011年3月15日日本時間15時から3月16日9時までの18時間、継続してマスクを一重に着用した。マスクを着用しなかった成人1名は、同じ時間に環境放射線に対する追加実効線量6.1uSv、甲状腺等価線量で33uSvの被曝をした。放射性核種は気体や微粒子としてだけでなく、他のエアロゾルや花粉と結合したかたちで拡散していた。花粉症用マスクの着用は、吸気による内部被曝を低減することができる。 本文約4ペー…

更新日:2013-09-27 14:24:23 eengine   14   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの鳥類における白内障発症頻度の上昇 / Mousseau TA, Møller AP

抄録 背景 放射線白内障は電離放射線が水晶体の発達に影響を及ぼして不透明なものにするために視力が低下したり視力を失ったりするものである。そのため、白内障は野性動物の健康悪化と関係していると考えられる。 方法/基本的な結果 チェルノブイリ地域の野性の鳥類1100尾以上について、白内障に典型的な水晶体の混濁ケースを、バックグランド放射線との関係で調査した。白内障のケースは、白内障程度の二分スコアに基づく分析でも、連続スコアによる分析でも、バックグラウンド放射線量に従って増加した。説明変数の単位変化に対するオッズ比は0.722(9…

更新日:2013-08-31 14:18:37 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェコ共和国の森林生態系におけるキノコ中のセシウム137の長期モニタリング / Skrkal J, et al.

抄録 本論文では、1986年から2011年にチェコ共和国で行った森林のキノコに対する質量放射能濃度調査の結果を報告する。セシウム137の推定実効半減期 と環境半減期(実効半減期から物理半減期効果を引いたもの)は、それぞれ、5.6±0.6年、6.9±0.7年だった。チェコ領内におけるセシウム137の表面汚染と菌類の種類によるセシウム137蓄積力の違いによる非均一性は、チェルノブイリ事故後毎年測定した質量放射能濃度において、最大で10の4乗の開きがあった。セシウム137の質量放射能濃度幾何平均(乾燥重量1kgあたりのBq)が最も高かったのは、ヌメリイグチ科(1050Bq/kg)…

更新日:2013-07-16 08:41:05 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ベルギー代表団、怒りを表明。UNSCEAR報告書は「東電福島原発事故の影響を矮小化している」と / Marc Molitor

国連で核事故及び放射線の影響を評価する任務を負う組織であるUNSCEAR(国連原子放射線に関する科学委員会)で議論が続いている。最近、UNSCAREは、ウィーンで開催された会議に参加する各国の専門家による議論に向けて、方向書をまとめた。この報告書に対して、ベルギーの使節団は、強い憤りを表明した。「東電福島原発事故の影響をできるだけ矮小化するためにあらゆることがなされているようだ。チェルノブイリの教訓や他の研究の教訓の前にまで逆行してしまった感さえある。」 次の文章は、「La délégation belge comprend plusieurs experts du centre d’étude de…

更新日:2013-07-11 13:26:37 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12345678