「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム翻訳者一覧 > 翻訳者

翻訳者

eengine(1年未満)

English⇒Japanese

文書一覧 ブックマーク 本棚
123456

農民組織メンバーへの暗殺未遂 / Justice for Colombia

2016年10月26日(水) 全国農業労働者組合FENSUAGROに参加している地元農民組合員のエスネイデル・ゴンサレスは、7度の銃撃を生き延びた。 数日にわたって、エスネイデルがパートナー及び子どもたちと暮らす自宅が、身元不明の男たちに監視されていた。 隣人の訪問に応えてドアをあけたとき、バイクに乗った正体不明の男たちが発砲した。家族は家の中にいた。銃弾3初がエスネイデルに命中したが、エスネイデルは這って家の中に入りドアを閉めることができた。 エスネイデルは地元農民組織ASTRAZONACの組合員で、ASTRAZONACはFENSUAGROの参加組織である。地元ではよ…

更新日:2016-10-30 07:51:22 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

コロンビア南西部でコミュニティ指導者が殺害された / Justice for Colombia

2016年10月26日(水) 都市部・農村部の開発を目指すコロンビアの組織ORDEUCAは、カウカで、10月16日、同組織指導者の一人が暗殺されたと報じた。暗殺されたのはイメル・チャベス・リヴェラで、妻とバイクに乗っていたところをフードをかぶった二人の男に止められ、射殺された。妻も負傷したが、命に別状はない。 イメル・チャベス・リベラは31歳、子どもがおり、熱心に人権活動に関わり、平和を唱えていた。 FARC-EPとコロンビア政府の間で和平合意に署名がなされ、ELNとの和平交渉も進んでいるにもかかわらず、カウカでは男女を問わず襲撃予告が増加している。OR…

更新日:2016-10-30 07:32:48 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

科学論文中に遺伝子名の誤りが数多く見られる / Mark Ziemann, Yotam Eren and Assam El-Osta

抄録 Microsoft Excelという表計算ソフトをデフォルト設定で使うと、遺伝子名が日付や浮動小数点数に変換されてしまうことが知られている。遺伝子関係の一流誌をプログラムによりチェックしたところ、エクセルによる遺伝子リストが付加されている論文の約5分の1に、遺伝子名が誤って変換されている事態が見られた。 Genome Biology201617:177 DOI: 10.1186/s13059-016-1044-7© The Author(s). 2016 2016年8月23日公開

更新日:2016-08-27 14:37:03 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本には思った以上に貧しい子どもたちが多い(日本における子どもの貧困) 注目記事

日本を訪問する人々が、経済的な困苦を示す典型的な状況を眼にすることは少ない。都市部のホームレスは、公園や川岸に作られた一時しのぎのテントにいて、目につかない。日本の人々は自分たちが暮らす社会は平等主義だという信念を抱いている。そんなわけで、子どもたちの貧困率が高いことは衝撃的だった。 子どもの貧困に関する公式の統計が公表されたのは、2009年になってようやくである。それによると、子どもの(相対的)貧困率----世帯収入が可処分所得中央値の半分以下である世帯の子どもたちの比率----は、1985年の11%から2012年には16%に上昇している。OECD…

更新日:2016-06-22 12:32:15 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故後の川内村における野生キノコの放射性セシウム濃縮 / Kanami Nakashima et al.

抄録 1986年に起きたチェルノブイリ原発事故以後の経験から、野生のキノコに放射性セシウムが濃縮される傾向があることはよく知られている。本研究で、我々は、東電福島第一原発から30キロ圏内にある福島県川内村で野生キノコを収集し、放射性セシウム濃縮度を測定して、地元住民の内部放射線被曝リスク推定を試みた。154のキノコのうち125個で、100Bq/kgを超える放射性セシウムが検出された。日本の市民の平均消費量である年間6278グラム(20歳以上で、1日17.2グラム)を基準に預託実効線量を算出したところ、0.11-1.60mSvとなった。汚染された食料を数回食べたとし…

更新日:2015-12-01 08:55:19 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

TPPは手に届く薬を制限するとWHO事務局長 / Animesh Choudhary

世界保健機関のマーガレット・チャン事務局長は木曜日【2015年11月12日】、12カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)により、より安価なジェネリック製品に対して有力な特許保持企業を保護することになるため、安い薬を手に入れることが難しくなると述べた。チャンは述べる。「この協定が貿易を開放すると同時に手に入る薬に対する門を閉ざすならが、我々は次のように問わなくてはならない:それはそもそも進歩なのだろうか、と。」

更新日:2015-11-26 06:20:22 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電離放射線の低線量被曝は、脈管形成を活性化させることで、腫瘍の増殖と転移を促進する / Inês Sofia Valaほか

抄録 放射線療法は癌に対する診療の一つとして広く用いられている。しかしながら、最近の証拠は、分割放射線療法の際に腫瘍標的組織に照射された電離放射線(IR)の被曝が、腫瘍の侵食と転移を促す可能性があることを示している。さらに、外部放射線治療では、対象となっている組織に対するダメージを避けるために、放射線を複数ヶ所から腫瘍に照射するため、腫瘍箇所周囲の組織も、腫瘍内部に対するよりは低い線量の放射線に被曝する。腫瘍周辺の健康な組織、とりわけ脈管構造に対する低線量IRの生物学的な影響はあまりわかっていない。我々は、0.8グレイ以下の線量…

更新日:2015-10-31 06:54:35 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

核の過ち:日本は東電福島原発危機の調査と対策のために国際的な支援を求めるべき / Nature

2013年9月3日 破壊された東電福島第一原発から漏出している放射性物質を含んだ水は、1986年のチェルノブイリ原発メルトダウン以降世界最大の核危機が終わりを告げていないことを厳然と知らしめるものである。2011年3月、地震と津波が東電福島第一原発を破壊したのち、周辺地区の汚染を取り除くには長い時間がかかり、技術的に困難で、巨大な費用がかかることは明らかだった。今や、この仕事は原発の所有者である東京電力(TEPCO)には荷が重すぎることがあきらかになった。2013年9月3日、日本政府は、除染を担当する計画を発表したが、それは遅すぎると言えるものだ…

更新日:2015-09-01 12:19:20 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123456