「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム翻訳者一覧 > 翻訳者

翻訳者

Hnoss(1~3年)

English⇒Japanese

GitLabのグループ機能はとんでもないツールだった。

文書一覧 ブックマーク 本棚

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『Debian 7,8,9』

  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す ====================== sudo apt-get install -y curl openssh-server ca-certificates ======================  次に、GitLabからの通知メールを届けるために、Postfixをインストールします。  ※通知メールに、他のツールを使いたい場合は、この段階を省略して、 外部SMTPサーバーの設定 に移行してください。 ====================== sudo apt-get install -y postfix ======================  Postfixをイ…

更新日:2018-03-23 21:48:24 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『Raspbery Pi2(Raspbian Wheezy, Jessie)』

 1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  Raspberry PI 2のRaspbianで、次のコマンドを発令してください。  このコマンドで、HTTPを開き、システム・ファイアウォール内のSSHアクセスを達成できます。 ====================== sudo apt-get install curl openssh-server ca-certificates apt-transport-https curl https://packages.gitlab.com/gpg.key | sudo apt-key add - ======================  次に、GitLabからの通知メールを届けるために、Postfixをインストールします。  ※通知メール…

更新日:2018-03-23 21:46:00 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI/CDで使える変数

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >GitLab CI/CDで使えるAPI変数  GitLab ランナーは、CIから送られてきたjobをもとに、ビルド環境を整えます。  このページでは、定義済み変数(環境変数)とユーザー定義変数のリストを掲載しています。   変数の優先順位  変数には優先順位があります。  次の順位に従って、変数に設定された内容が上書きされる場合があります。 Trigger変数、スケジュール・パイプライン変数[全てにおいて優先] プロジェクトごとの秘密変数(secret variables)、保護的秘密変数(protected…

更新日:2018-03-23 21:45:48 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】API設定でパイプラインにトリガーを設ける

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >API設定でパイプラインにトリガーを設ける 注: GitLab CE 7.14にて導入。 GitLab 8.12にて「job permissions system」として再構成。詳細: new model and its implications  TriggersはAPIを呼び出して、特定のブランチ、タグ、コミットをリビルドさせる働きがあります。  特定のブランチから生成されたものを、”素材”としてjobに挿入したいときなどに便利です。  認証トークン この機能では、以下の認証方法に対応しています。   トリガー・トークン  独…

更新日:2018-03-23 21:45:34 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】パイプラインのスケジュール

GitLab Documentation > User documentation > Projects > パイプラインのスケジュール 注: この機能はGitLab Runner 9.1から導入されました。当初の機能名は、「 Trigger Schedule 」です。 9.2以降から、現在の 「Pipeline Schedule」に改名 されました。 このスケジューラは製作に、「 Rufus-Scheduler (外部サイト)」のクローンを使用しています。  Pipeline Scheduleは、パイプラインを特定の期間で実施させる機能です。  これを使えば、たとえば毎月のようにパイプラインをかけたり、「22番目のブランチのみ」に定期的にパイプライン…

更新日:2018-03-23 21:45:22 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】CIサービス設定例

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >CIサービス設定例  ベースイメージにリンクして使うためのDockerコンテナは、GitLab CIで「 service 」キーワードを設けることで設定できます。  サービスコンテナとしてよく使われるものを以下に挙げました。参考にしてください。 MySQLを使う PostgreSQLを使う Redisを使う その他サービスコンテナの設定方法

更新日:2018-03-23 21:45:10 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】エクゼキュータ

GitLab Runner >エクゼキュータ  GitLab Runnerでは、複数のエクゼキュータをビルドの実行にご利用いただけます。それぞれ異なる性質があります。必要に応じて使い分けましょう。  従って、場合によってはあまり必要がないエクゼキュータが出てくる可能性があります。後半部「 どれを選べばいい? 」のコーナーを参考にしてください。  また、エクゼキュータによって対応している機能、または使えない機能がちゃんとあります。これは「 対応している機能と互換性 」で取り上げます。  それぞれのエクゼキュータをきちんと調べたい方は、次のリンクから説明…

更新日:2018-03-23 21:45:00 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】Kubernetes エクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ >Kubernetesエクゼキュータ 目次 >概要 >全体の作業工程 >Kubernetes APIに接続する >キーワード  >エクゼキュータ・サービスアカウントを設定する  >Kubernetesの名前空間を上書きする  >デフォルトのKubernetesサービスアカウントを上書きする  >ベアラトークンの設定(Kubernetes APIを呼び出すときに必要)  >Podアノテーションを上書きする >「config toml」ファイルから、キーワードを定義する >ボリュームを使う  >hostPathボリューム  >PVCボリューム  >Config Mapボリューム  >Secretボリューム…

更新日:2018-03-23 21:42:22 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare