「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 健康/医療

タグ検索結果 ~ 健康/医療 25件中 9件~

1234

報告書:福島の放射線で1000人を超す犠牲者が出る可能性 / ジェイソン・ケブラー

2012年7月17日 スタンフォード大学の研究者が行った新たな研究によると、昨年、東京電力福島第一原発が起こした事故による放射線被曝のために、将来的に、最大1300人の人が癌で死ぬ可能性があり、2500人が非致死的な癌にかかる恐れがあるという。 今年3月、オックスフォード大学のある教授が「福島の放射線による死者はこれまで出ておらず、今後50年を考えたところで死者はでそうもない」と述べた。しかし、スタンフォード報告書の共同執筆者であるマーク・ジェイコブソンは、それは正しくないと述べる。 「死者ゼロということはないでしょう」とジェイコ…

更新日:2012-07-18 12:07:06 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

自然放射線(γ線)への被曝は小児白血病を引き起こす / OUP

2012年6月11日 極めて低い線量でも小さいながら健康への影響があることが明らかにされた。 オックスフォード大学を中心に行われた研究により、小児白血病と、我々誰もが自然界から受けているγ線との間に、わずかだが統計的に有意な関係があることが検出された。 環境中の自然放射線源が出すγ線の被曝状況を簡単に変えることはできないが、この研究により、医療X線やCTスキャンなど、他の低線量被曝源と関係する発ガンリスクに対する理解も深まる。 【もとの論文は有料。この記事はオックスフォード大学がリリースした解説。フェアユースの範囲内での抜粋翻訳です。…

更新日:2012-06-29 16:02:07 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

原発周辺の小児白血病に関するフランスの研究 / イアン・フェアリー博士 注目記事

2012年1月20日 ギオキャップ調査は、ドイツ、英国、スイスの調査結果を追認。 フランスで行われた原子力発電所周辺の小児白血病に関する新たな研究[1](ジオキャップ)は、2002年から2007年、フランスの原発19基の5キロ圏内で15歳未満の子どもに見られる白血病の増加が統計的に有意であることを示した。この研究は、2つの観点から結果を確認している点で説得力がある。第一は、包括的な全国的患者対照研究である(オッズ比OR=1.9)。もう一つは、基本的な発生調査である(標準化発生比SIR=1.9)。 フランスでは多くの新聞がこの研究結果を大々的に報道したが(英国…

更新日:2012-03-20 08:37:50 eengine   8   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

UNSCEAR報告2010年(9~10ページ) / 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR) 注目記事

2. 生体機構に関する研究 27. 放射線被曝後の発癌の機序がわかれば、疫学データの解釈にも有益である。とりわけ、低線量及び低線量率におけるリスクを推定するために予測を下方に投影するために有用である。2000年以来、委員会(UNSCEAR)は、この領域の研究の展開を検討することにより大きな力を注いできた。 28. 長年にわたる発癌の研究から、一般に、発癌のプロセスは、体器官における一つの「幹様」細胞のDNAで一つないし複数の遺伝子が変化すること(突然変異)により始まるという証拠が蓄積されてきた。それ以後の癌の進展と悪性腫瘍の始まりは、多段階で…

更新日:2012-03-01 17:59:55 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

UNSCEAR 2008報告書付録D 「科学的な限界」(64ページ) / 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)

2. 科学的な限界 93. 放射線のリスクに関する予測を解釈し、伝えることは、困難に満ちている。というのも、そうした予測に本質的に伴う限界を、十分なかたちで伝えることが容易ではないからである。 94. 影響を放射線被曝に帰することをめぐる節で既に通り、現在のところ、放射線に固有のバイオマーカーが存在しないため、個人において放射線が特定の癌を引き起こしたと科学的に述べることはできない。これは、特定の個人において、癌が放射線の影響によるものか、あるいは他の原因によるものか、さらに、癌が事故の放射線によるものかバックグランド放射線によるも…

更新日:2012-03-01 15:29:46 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本の震災により日本の公衆衛生も失墜 / CMAJ NEWS(バーバラ・シバルドからのファイルとローレン・フォーゲル) 注目記事

"隠蔽工作の文化"と不十分なクリーンアップ活動が組み合わさって、昨年の福島第一原子力発電所の原子炉のメルトダウンの後9ヶ月たっても、日本人は"不当"な健康上のリスクにさらされていると、健康の専門家は述べている。 日本政府は、原発プラントが実質的に安定状態であると宣言しているが、一部の専門家は、政府が放射性降下物で汚染されていると認めているより、より広い地域から人々が避難することを呼びかけている。 彼らはまた、一般の人々のための国際的に承認された放射能暴露限度に戻すよう日本政府に呼びかけており、透明でタイムリーかつ包括的なコミュ…

更新日:2012-01-16 09:26:25 kyo   11   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

「社会的責任を果たすための医師団」は食料中の放射能が増加したとの報告を深く憂慮する / 社会的責任を果たすための医師団(PSR)

2011年3月23日 ワシントンDC発2011年3月23日。「社会的責任を果たすための医師団」(PSR)は、福島第一原子力発電所事故が進行している中で、事故による放射能が日本の食品の中に発見されたという最近の報告に深い憂慮を表明する。確かに、すべての食品には、天然の線源や核実験に由来するものなど、放射性核種が含まれているが、日本のほうれん草と牛乳で検出された、より多くの放射性物質は、人々の健康を危険に晒すものである。PSRは、どのくらいの放射線被曝まで「安全」と考えられるかについて、メディアで誤った情報が流布している点にも注意を呼びかける。 米…

更新日:2011-04-04 11:53:45 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

国連「子どもに対する暴力」調査報告 / Japanese

(P189) 施設収容における子どもの健康と発達への衝撃  子どもの施設の濫用は、子ども、子どもの家族、および社会に莫大なコストを強要します。  子どもの発育における大規模な研究は、施設収容の影響として、貧しい体の健康、厳しい発育遅延、障害、および不可逆的心理学的な損害を示しました。 長期入所、そして、貧困な状態の施設ほど、子どもにネガティブな影響を与えています。 発達のリスクと精神的ダメージは、4歳以下の子どもにより厳しくでます。そしてそれは、親や養育者との愛着形成に重要な期間です。 職員がより配置された施設でさえ、子どもがそ…

更新日:2010-08-13 20:57:22 sidosan (sido)   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
1234