「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 文化

タグ検索結果 ~ 文化 63件中 25件~

録音著作物の著作権保護期間拡大についての文書

クリエイティブコモンズはアメリカ合衆国で著作権の保護期間の遡及的拡大の余波の中で、そして、その拡大への取り組みの期間において立ち上げられたものだ。その取り組みは、経済学者であるミルトン・フリードマンがno brainerと呼んだものであり、これは、保護期間の遡及的拡大が新しい作品を生み出す動機付けにはなりえない一方で、著作権が消えた状態を奪わざるをえないということを意味している。2002年の立ち上げ以来、クリエイティブコモンズは凄まじい勢いでコモンズを成長させてきた。ここ数年では、政策決定者が徐々にコモンズを予め採用することに価値…

更新日:2011-10-04 09:50:26 mafumafu   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の写真/8月4日/古代メキシコの暦

古代メキシコの暦が描かれたイラスト。アステカ暦法は、メキシコで最もなじみのある暦であるが、他の文化でも似たようなものが使用されていた。全てのメソアメリカ文明に共通していた暦は、太陽暦や農耕暦とは、何ら確証的な相関のない260日儀式暦であった。260日暦は、カレンダー・ラウンドとして知られる52年周期の暦を作成する為、別の365日暦と組み合わせて使用された。

更新日:2011-08-03 16:32:45 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ヴァールブルク図書館を救え / ジョン・サンドストラム

2010年9月17日 英国にある有名なヴァールブルク図書館の救済を求める『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』の記事から。伝統的な図書館は世界の偉大な蔵書を文化遺産として維持しようと一層の努力をしている。この記事は、蔵書はそれ自体、蔵書に含まれる内容をさえ超越する知的インスツルメントであるという----最近の図書館運営者が忘れがちな----議論をいっそう説得的なものとしている。 http://www.nybooks.com/blogs/nyrblog/2010/sep/01/save-the-warburg-library/

更新日:2010-09-20 09:34:41 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の写真/7月1日/紡績

羊毛を紡いでいるラマッラーの男性の彩色写真(1919年)。紡績とは、植物や動物、合成繊維を撚り合わせて糸の状態にすること。紡績は古代の織物芸術で、考古学的資料によると、約二万年以上前の後期旧石器時代にまで遡ると考えられている。糸は、何千年もの間、紡錘や糸巻き棒といったシンプルな道具を使って手で紡がれていた。中世盛期になってようやく、糸車が普及して紡績工一人当りの生産量が増えたものの、大量生産が始まったのは、18世紀に入り産業革命が起きてからのことである。20世紀には、一秒間に40メートル(130フィート)以上の速さで糸を生産する新たな技術…

更新日:2010-07-02 16:13:08 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の記事/6月9日/女性の肖像

『女性の肖像』は、オーク板に油彩で描かれた小さなパネル画で、1460年頃、オランダの画家ロヒール・ファン・デル・ウェイデンが手がけた作品。この絵の構図は、女性のヴェールや、襟ぐり線、顔、腕のラインを形成している基礎となる幾何学的形状と、顔や頭の被り物を照らしている光の差込によって構成されている。この作品では、か細い体や伏し目がちな眼差し、固く握り締めた指によって、女性の謙虚さや控えめな物腰が表現されている。彼女はほっそりしており、細い肩や、きっちりピンでとめた髪、長い額、手の込んだ縁付きの頭のかぶりものなどから見て取れるよう…

更新日:2010-06-08 16:29:13 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の記事/5月31日/ブロンウィン・バンクロフト

ブロンウィン・バンクロフト(1958年生まれ)はオーストラリア先住民のアーティストで、パリで作品を披露するために招待された初めてのオーストラリア人ファッションデザイナーとして注目されている。ニュー・サウス・ウェールズ州、テンターフィールドで生まれ、その後キャンベラやシドニーで学んだバンクロフトは、ファッションデザイナーとしてだけでなく、アーティストやイラストレーター、アートアドミニストレーターとしても活躍。1985年、バンクロフトは「デザイナー・アボリジナルズ」という店を開き、自身を含むオーストラリア先住民アーティスト制作による…

更新日:2010-06-01 10:56:47 hanako   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Wikipedia 本日の記事/5月30日/武満徹

武満徹(1930年 1996年)は、美学や音楽理論に関する著書も著した日本の作曲家。殆ど独学であったにも関わらず、武満は、ジャズや、ポピュラーミュージック、前衛的手法、伝統的な日本音楽など、様々な要素を取り入れ、器楽曲や管弦楽曲の音色を巧みに扱う優れた腕前で知られている。倍音を生かした作風は、クロード・ドビュッシーやオリヴィエ・メシアンなどの音楽に由来している。1958年、『弦楽のためのレクイエム』で全世界から注目を浴びたのを機に、世界各国から制作依頼を受けるようになり、20世紀の日本を代表する作曲家としての名声を不動のものとした。数え…

更新日:2010-05-31 17:06:05 hanako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ナイジェリア農村部の視覚障害者が職業訓練に取り組む / ファンツアム財団 ケレチ・ミカエルズ

2010年5月13日、カファンチャン 2009年、APC(進歩的コミュンケーション協会)のメンバー組織ファンツァム財団は財団のアカデミーで583人を対象にICT(情報通信技術)訓練を開始した。583人のうち221人は女性で、1人は体が不自由である。この訓練は包括的なもので成功裏に終わったが、視覚障害者が、こうした訓練で利益を得ることは確かであるにもかかわらず、参加していなかった。 けれども、2010年、ファンツァム財団はJAWS(Job Access With Speech screen reader application:音声スクリーン読上げアプリによるジョブ・アクセス)訓練をカリキュラムに導入し…

更新日:2010-05-27 09:19:58 transfem   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare