「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

shikimi

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 経済

タグ検索結果 ~ 経済 51件中 25件~

ノースダコタ銀行について:超党派同盟 -NPLの乱 / プレーリー・パブリック・プロダクション

超党派同盟 -NPLの乱 1916年、同盟は快勝を得た。いまや同盟のメンバーは知事、司法長官、州務長官、農務長官になっていたが、州財務官は別だった。(民主党から出馬した唯一の候補者)。同盟公認候補者は下院議席の113議席中81議席を確保し、空いている上院議席の25議席中18議席を確保した。しかし、州最高裁の同盟公認候補者こそが鍵であった。同盟の産業要綱を導入する前に州憲法の改正が必要であった。 同盟の綱領は州経済のコントロールを奪還する志を抱いたものだった。その要求は州立製粉所、穀物倉庫、そして食品加工・包装工場のシステム作り…

更新日:2011-02-08 06:52:09 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:州外からの支配 -経済的搾取 / プレーリー・パブリック・プロダクション

州外からの支配 -経済的搾取 進歩党が促進した社会、政治改革の成功にも関わらず、州は依然として州外権益による経済支配の元に置かれていた。政治的リーダーによる鉱業、製造業を興す試みをもってしても、ノースダコタの経済は依然として危険なまでに小麦に依存していた。不幸にも、仲介業者がノースダコタの小麦の格付けと相場を決定しており、彼らと協同する鉄道会社が運送コストと輸送計画を取り仕切っていた。ツイン・シティ*、シカゴ、そして東海岸の投資家たちは資本へのアクセスをコントロールしていた。(米国Minnesota州のSt. Paul市とMinneapolis市) 第一…

更新日:2011-01-31 19:51:49 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:州外支配 -マシンを打ち破る / プレーリー・パブリック・プロダクション

州外からの支配 -マシンを打ち破る 州になるまでの准州に対する保護期間は通常は短い。(およそ数年間だけ)。ダコタ準州の州への昇格は、主に州外権益による反対によって28年間延期された。こうして州への昇格を求める戦いはノースダコタ州の特徴に、経済的植民地主義への反抗という原型と、地元の事柄に対する州外からの干渉への深い不信感を据えた。 1880年代には地元の政治家、アレクサンダー・マッケンジーがノースダコタ政界のボス・トウィード*であった。マッケンジーはノーザン・パシフィック鉄道の政治におけるエージェントであり、州資本の配置から…

更新日:2011-01-28 11:15:33 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:州外からの支配ー経済的植民地主義 / プレーリー・パブリック・プロダクション

州外からの支配ー経済的植民地主義 準州時代以来、ノースダコタ州は決定権を支配する政府の腐敗と鉄道、金貸し、穀物取引の経済的三頭政治と苦闘していた。世紀の変わり目には、ノースダコタ州の経済はミネソタ州の穀物ブローカー、銀行家、そして鉄道会社の企業連合(カルテル)によって支配されていた。州の未来の経済状況はただ一つの産業ー農業ーそれも単作の小麦に基づいていた。幾人かの州のリーダーによる度重なる打開の努力にもかかわらず、カルテルによる輸送、取引、資金調達のコントロールは州をミネソタの植民地も同然の好ましくない状況に留めた。 ダコ…

更新日:2011-01-28 10:27:12 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行について:序文 / プレーリー・パブリック・プロダクション

序文 2005年、プレーリー・パブリック・プロダクションは、農務省農村開発基金の寛大なるサポートを通じて、ノースダコタ銀行についてのテレビ・ドキュメンタリーを制作した。本作品は、国内唯一の州立銀行として、ノースダコタ銀行独特の歴史に焦点を当てている。以下に続く史的概略は、プレーリー・パブリック・テレビジョンのご好意によって提供されたものである。 ノースダコタ州の最も大きな銀行が州立であり、州によって運営されていることに多くの人は驚かされた。これはアメリカ合衆国内でも唯一の存在である。 1919年、無党派連盟に率いられた農民…

更新日:2011-01-28 09:01:45 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ノースダコタ銀行:アメリカ唯一の“社会主義銀行”が景気低迷のなか繁盛している / AP通信

ノースダコタ銀行ー国内唯一の州立銀行は遺物のように見えるかもしれない。 しかし現在、他州の当局者たちは、ノースダコタ州が国内の景気後退を乗り切るのに、その銀行が一役買うのではないかと考えている。 フロリダ、オレゴン、ワシントン州の州議会議員の知事候補者たちは、州立銀行の創設を提唱している。先月、ヴァーモント州下院委員会で作成された答申書では、「その計画には“重要なメリット”がある」、と述べられていた。リベラルな映像作家、マイケル・ムーアは自身のサイトで、この銀行を取り上げている。 「そこには多くの痛みがあり、多くの州が困難に…

更新日:2010-12-03 16:03:47 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラン:経済改革が事実上のベーシックインカムの到来を告げる / レポート:ハミッド・タバタバイ

ベーシックインカム、もしくは市民インカムのコンセプトはイランではほとんど知られていない。3年間近く行なわれた、政府の新しい経済改革を巡る論争と議論では、政治、研究、メディアからのベーシックインカムについての言及は一切なかった。それにも関わらず、ベーシックインカムの特質を装う、全国規模の現金譲渡計画が、今まさに始まった。約6千5万人のイラン人、もしくは人口の81%がたった今、銀行口座に振り込まれた最初の給付、1人81万リアル(約81USドル)を受け取ったところだ。給付は二ヶ月毎に行なわれ、資力調査が伴われることはなく、無条件で…

更新日:2010-11-24 19:57:06 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

どのようにして国内唯一の州立銀行がウォール街に羨まれるようになったのか? / ジョッシュ・ハーキンソン

ノースダコタ銀行は、共和党員が風変わりな社会主義の拠点とでも呼びそうな、アメリカ内で唯一の州立銀行である。またノースダコタ銀行は昨年、ちょうどその民間セクターの必然的帰結として数億ドル損失しているときに、記録的な利益を得た。なるほど、この希有な成功は、住宅投機に重点を置かず、農業による主要生産物を大事にしたノースダコタの隔絶性の高い経済によるところが大きいだろう。しかし、それは他州からの政治家たちが冷え冷えとしたビスマークに助言を求めて道を切り開くことを止めはしない。アメリカ各地での州立銀行の開業は、この金融危機からわれわ…

更新日:2010-11-17 17:26:41 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare