「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 百科事典

タグ検索結果 ~ 百科事典 205件中 1件~

123456

E(プログラミング言語)

E(プログラミング言語) AmigaE や e(検証言語) 、 GNU E と混同しないこと。 E -------- パラダイム マルチパラダイム:オブジェクト指向、メッセージ・パッシング 設計者 Mark S. Miller 登場時期 1997年 型付け 強い型付け、動的型付け OS クロスプラットフォーム ライセンス 異なるフリーライセンスの一部 ウェブサイト erights.org 主な処理系 E-on-Java、E-on-CL 影響を受けた言語 Joule、Original-E、Java 影響を与えた言語 Pony -------- Eは安全な分散コンピューティングのためのオブジェクト指向プログラミング言語…

更新日:2018-04-01 08:09:47 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Van Eck phreaking(ファン・エック・フリーク)

Van Eck phreaking(ファン・エック・フリーク) Van Eck phreakingは盗聴の一形態であり、その中では特殊な装置が使用され、電子機器を探るため、隠された信号やデータを再形成する目的でそれらの隠された信号やデータを結び合わせる電子機器からの側派帯電磁放射線を傍受する。側派帯電磁放射線放出は適切な装置の中やそばに存在し、キーボードやコンピュータのディスプレイ、プリンタ、その他の電子機器からとらえることが出来る。 CRT(cathode ray tube、ブラウン管)ディスプレイのVan Eck phreakingは、その電磁放射線を検出することでCRTの内容を傍受する方…

更新日:2018-03-04 16:36:02 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Trusted Computer System Evaluation Criteria(信頼されたコンピュータ・システム評価基準)

Trusted Computer System Evaluation Criteria(信頼されたコンピュータ・システム評価基準) 【画像のキャプション】オレンジブック 信頼されたコンピュータ・システム評価基準(TCSEC: Trusted Computer System Evaluation Criteria)は、コンピュータ・システムに組み込まれたコンピュータ・セキュリティ制御の有効性を評価するための基本的要求事項を定めた米国政府国防総省(DoD: Department of Defense)の基準である。TCSECは機微情報や機密情報の処理と保管、検索を考慮したコンピュータ・システムを評価し、等級に分け、選択するために使われた[1]。 TCS…

更新日:2018-02-04 14:05:34 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Trusted computing base

Trusted computing base 信頼できるコンピューティング( Trusted Computing )と混同しないこと。 コンピュータシステムのtrusted computing base(TCB)とは、TCB内部で起こるバグや脆弱性がシステム全体のセキュリティ特性を危うくするかもしれないという意味において、そのセキュリティに重要な意味をもつすべてのハードウェアやファームウェア、ソフトウェアの構成要素の一式のことである。対照的に、TCB外部のコンピュータシステムの部分はセキュリティ・ポリシーに従って認められた権限を超えたものを漏らすような形で不正を行うことができるようであっ…

更新日:2018-01-01 15:04:07 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

エアギャップ・マルウェア

エアギャップ・マルウェア エアギャップ・マルウェアとは、様々なエアギャップの隠されたチャネルを使い、安全なコンピュータ・システムのエアギャップの分離を破るように設計されたマルウェアのことである[1][2]。2013年11月、一つの技術の実証がフラウンホーファー協会の科学者たちによって成功した[3]。 目次 1 動き 2 関連項目 3 参考文献 4 関連文献 動き 現代のコンピュータのほとんど、特にラップトップは、作り付けのマイクロフォンとスピーカーを備えているため、エアギャップ・マルウェアは、人間の聴力の限界を超えたあるいはそれに近い周波数の…

更新日:2017-12-03 17:02:41 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

エアギャップ(ネットワーク関係)

エアギャップ(ネットワーク関係) エアギャップ(air gap:空隙)またはair wall(空気壁)、エア・ギャッピング[1]とは、ネットワーク・セキュリティ対策であり、一つあるいは複数のコンピュータにおいて用いられ、公衆インターネットや安全でないローカル・エリア・ネットワークなどのような、安全でないネットワークから物理的に隔離された安全なコンピュータ・ネットワークを確保しようとするものである[2]。その名称は、他の全てのネットワークから(概念上の空隙で)物理的に隔てられたネットワークを作り出す技術から生まれた。パケットレートとパケット…

更新日:2017-11-04 15:04:51 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

HTTP公開鍵ピニング

HTTP公開鍵ピニング HTTP公開鍵ピニング(HPKP: HTTP Public Key Pinning)[1]とは、HTTPヘッダによって実現されるセキュリティの仕組みであり、HTTPSのウェブサイトが、間違って発行された証明書や不正な証明書を使用した攻撃者によるなりすましを阻むことを可能にする。それを行うために、一つあるいは一揃いの公開鍵をクライアント(ブラウザ)に交付し、そのクライアントはこのドメインへの接続を信頼された唯一のものでなければならない。 例えば、攻撃者は認証局を危殆化させ、本来のウェブに対する証明書を誤発行させるかもしれない。この危険性に抗するた…

更新日:2017-10-01 12:05:50 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ダブル・ラチェット・アルゴリズム

ダブル・ラチェット・アルゴリズム 「ダブル・ラチェット」はこの項目へ転送されています。工具については レンチ を参照下さい。 暗号技術において、ダブル・ラチェット・アルゴリズム(かつてはアホロートル・ラチェットと呼ばれていた[1][2])は鍵管理アルゴリズムであり、Trevor PerrinとMoxie Marlinspikeによって2013年に開発された。それはインスタント・メッセージのための終端間暗号化を提供する暗号プロトコルの一部として使用できる。最初の鍵交換のあと、一時的なセッションキーの継続する更新と維持を処理する。ディフィー・ヘルマン鍵交換(DH)…

更新日:2017-09-03 12:17:25 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123456