「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 論文

タグ検索結果 ~ 論文 11件中 9件~

12

C.H.ダグラスの経済学とルドルフ・シュタイナーの経済学の関連について / オーウェン・バーフィールド

最近ロンドン局から放送された、C.H.ダグラス少佐とデニス・ロビンソン教授の議論は、世界が理解し始めたダグラス少佐の経済理論、その名に負う「社会 信用」運動への関心の高まりを示している。イギリス人智学協会の多くのメンバーは、ダグラスの経済学とルドルフ・シュタイナーの経済学との、何かしらの関 連を漠然と意識している。例を上げれば、ダグラスはその著作のなかで、社会三層化論」を引用する、数少ないイギリスの作家の一人である。彼はロンドン本部 の協会で講演を行なったことがある上、イギリス人智学協会の数人のメンバーは長年、個人的に社会信用論…

更新日:2010-06-06 23:55:33 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

戦争の諸原因 / C.H.ダグラス

この問題についての真実に辿り着くためには、恐らく、まず始めに「戦争」とはなにかを明確にしておくことが必要です。形式的な定義によると、戦争とは「敵に 対して、自らの意志を押し付ける為に取られる諸行為、もしくは、敵が自らの意志を押し付けることを妨げる為の行為」ということになります。この戦争の定義 によって「方法」という重大な要件の考察よりも「動機」がなんであるかをいったん認識されたと思います。今日においては、戦争の動機の除去よりも、戦争の 方法を修正する献身的な努力に、より多くのエネルギーが傾けられます。このことを認識すれば、我…

更新日:2010-06-06 23:47:48 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

アメリカの研究室の量的・質的な低下

今後5年間は、イラク戦争による継続的な財政緊縮が、アメリカにおける科学技術への財政支出の大きな圧力として働くだろう。この圧力は、新しい研究室の設置のための財政援助,既存の研究室の維持、設備の改築を不可能にするだろう。アメリカ連邦予算(エンタイトルメントプログラム、医療、負債)の長期の構造的問題点は、この困難をより深刻に、かついつまでも続くものにするだろう。 アメリカの研究室の財政援助に関連するもう一つの重要な構造的問題は、施設・ 設備の資本化のもとで急激なものである。これらのいわゆる先端研究施設・設備(ARIF)は、約500億ド…

更新日:2009-05-29 19:22:36 takuma   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12