「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 論文

タグ検索結果 ~ 論文 10件中 1件~

12

成人甲状腺機能亢進症治療後におけるがんの死亡率 / ロン他

【要旨】 ●コンテクスト 高用量のヨウ素 131は甲状腺機能亢進疾患を持つ成人の殆どにとって、アメリカにおける最適な治療法である。 治療用ヨウ素131には、癌の発生に関連しているという多少のエビデンスがある が、その広範な医学的活用は、更なる評価のための必要性を示している。 ●目的 甲状腺機能亢進症患者間における、がんの死亡率評価を行う (特にヨウ素131治療後) ●デザイン 後ろ向きコホート研究 ●設定 アメリカ 25診療所、イギリス1診療所 ●患者 1946年から 1964年の間にオリジナルの共同追跡調査で扱われた甲状腺中毒症患者合計35,593名;  …

更新日:2014-08-01 18:31:41 MikiShun   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリと公衆衛生

1992年、チェルノブイリ事故の影響で子どもに甲状腺癌が起きていることが報じられ始めたとき[1]、放射線医学界は懐疑的だった[2][3]。懐疑論の中には確かに科学的な観点からのものもあったが(「ヨウ素131の発癌性は低い」)、そうでないものもあった。当時の曖昧な態度は、X線と甲状腺癌の関係をめぐるデータの再検討や、どれだけ多くの子どもが被曝したかの理解が進むにつれて解決した。この経緯は、科学的直感が判断を誤らせることについての訓話となっている。 こうした論争にかまけていなければ、より迅速な対策を取ることができた可能性がある。それにもかかわら…

更新日:2013-02-13 16:04:12 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

実験環境と実環境における低線量被爆の影響 / Garnier-Laplace, J.他

自然条件下で得られた放射線感受性データと統制被曝から得られたデータの間に整合性はあるか? 低線量放射線に慢性的に被曝したチェルノブイリ野性生物に関する事例研究 Garnier-Laplace J, Geras'kin S, Della-Vedova C, Beaugelin-Seiller K, Hinton TG, Real A, Oudalova A. Journal of Envionmental Radioact ivity フランス放射線防護原子力安全研究所(Institute for Radioprotection and Nuclear Safety, IRSN/DEI/SECRE, Cadarache, Building 159, 13115 Saint Paul lez Durance Cedex, France.) 抄録 本論文では、実験環境あるいは統…

更新日:2012-02-19 10:42:27 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 / Møller, Mousseau, de Lope, and Saino 注目記事

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 A. P Møller, [1]* T. A Mousseau, [2] F de Lope, [3] and N Saino [4] [1] Laboratoire de Parasitologie Evolutive, CNRS UMR 7103, Université Pierre et Marie Curie, Bât. A, 7ème étage, 7 quai Street Bernard, Case 237, 75252 Paris Cedex 05, France [2] Department of Biological Sciences, University of South Carolina, Columbia, SC 29208, USA [3] Departamento de Biología Animal, Facultad de Ciencias, Universidad de Extremadura, Avda. Elvas s/n, 06071 Badajoz, Spain [4] Dipartimento di Bio…

更新日:2012-02-06 08:09:04 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの野生生物に対する放射能汚染の影響に関する一描写 / Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller

1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故で大量の放射性物質が放出され、20万平方キロにわたる土地がひどく汚染された。IAEAが中心となってまとめたチェルノブイリ・フォーラム・レポートは、野生生物に対する放射線の影響は人間の生活に対する影響と比べると無視できるほど小さいことを示唆しているが、この立場は、2006年にレポートが発表されたときより前の非常に限られたデータに依拠していた。汚染地域の野生生物の状況については2005年以降に包括的な研究が進められており、それ以来、研究の結果、鳥類、昆虫、蜘蛛、哺乳類の大幅な減少が明らかになっている。こ…

更新日:2011-08-29 23:33:56 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量電離放射線と健康:放射性廃棄物の規制緩和案がもたらす影響の評価 / スティーヴン・ウィング博士

(ノースカロライナ大学公衆衛生学部疫学専攻准教授) 結論 バックグランドの放射線を含む低線量の電離放射線はガンや突然変異、そしておそらくは他の深刻な健康への影響の原因となる。放射性廃棄物の規制緩和によって、運輸労働者が被爆し、環境に放射線が放出され、一般公衆も低線量の被曝を受けることになるが、そのパターンは極めて複雑で予測が難しい。一旦広まった廃棄物を回収することはできないため、何世代にもわたって放射線を出しつづけることになる。線量、健康への影響の種類と規模に不確実な面はあるものの、現在の知見に照らして見ると、とりわけ何…

更新日:2011-08-26 09:22:10 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

通貨の新たな理論のとき / エレン・ホッジソン・ブラウン

私たちの金融システムが、(現在私たちが戦っているような)不況の周期的な波とともに定期的に問題に陥る理由は、銀行業と信用の役割だけではなく、通貨の本質そのものに対する欠陥のある認識に因るものであろう。経済の成長期において、私たちは通貨を関係性から独立したなんらかの“モノ”として見なし、助長してきた。しかし今日、金や銀は私たちの通貨を裏付けてはいない。その代わりに、 通貨は銀行によって貸付けが行なわれるときに創造される 。(これには連邦準備券やドル札が含まれる。これらは民間の銀行法人である連邦準備銀行によって創造され、経済主体へと…

更新日:2010-11-13 08:44:46 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

C.H.ダグラスの経済学とルドルフ・シュタイナーの経済学の関連について / オーウェン・バーフィールド

最近ロンドン局から放送された、C.H.ダグラス少佐とデニス・ロビンソン教授の議論は、世界が理解し始めたダグラス少佐の経済理論、その名に負う「社会 信用」運動への関心の高まりを示している。イギリス人智学協会の多くのメンバーは、ダグラスの経済学とルドルフ・シュタイナーの経済学との、何かしらの関 連を漠然と意識している。例を上げれば、ダグラスはその著作のなかで、社会三層化論」を引用する、数少ないイギリスの作家の一人である。彼はロンドン本部 の協会で講演を行なったことがある上、イギリス人智学協会の数人のメンバーは長年、個人的に社会信用論…

更新日:2010-06-06 23:55:33 wtr000   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12