「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 解説記事

タグ検索結果 ~ 解説記事 298件中 25件~

123456789

英語の上達方法 / wikiHow

彼らは英語を話す国に住むことを行っているため、喜びのために、ビジネスや:世界中から人々が彼らの英語を向上させるために必要になることがあります多くの理由があります。理由が何であれ、ここに英語力を向上させるためのヒントをいくつか紹介します。 1 英語のテレビや映画をみる。 衛星テレビのおかげで、イギリス、アメリカ、オーストラリアのテレビ番組や映画は、世界中で広く利用可能である。あなたは自信を得るように最初にしてそれらなしで字幕を見てみてください。 2 ラジオを聴く。 BBCワールドサービスが学習者のための英会話でも…

更新日:2015-04-26 12:02:06 244okw   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

感情の混乱と錯綜:慰安婦に対する誤った篩(ふるい)分け

感情の混乱と錯綜:慰安婦に対する誤った篩(ふるい)分け 朴裕河教授が慰安婦問題に関し、韓国社会での常識に通じる短見を克服するために、慰安婦のもう一つの真実を暴露したいと火ぶたを切った。朴教授の言葉のようにいくつかの問題をめぐり、双方が何十年も対峙している場合は、一度問題提起の方法を点検してみることも必要である。このような方法的変換を介して、適切な解決策を提供するようになったら旧態依然の態度をとってきた方が間違っているといえる。朴教授は、このような見地から、慰安婦問題をめぐり、主に韓国側の立場を批判し、再構成を試みた。筆者は…

更新日:2014-05-09 17:39:57 chang   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク戦争が残した癌(2) / ダール・ジャマイル

毒物環境 ハダッド博士は、癌の増加と米軍による特定地域への爆撃量との間には、直接の相関があると確信している。 「私も同僚も、皆、ファルージャで、先天性異常、不妊症、生殖不能が増えていることに気づきました」。彼はこう語る。「ファルージャでは、米軍の爆撃、そして米軍が使ったDUのような兵器による毒性物質の問題を抱えているのです。」 2004年、米軍は、二度にわたりファルージャに対する大規模な包囲攻撃を加え、大量のDU弾や白燐兵器を用いた。 ハダッド博士はさらに続けて、「米軍が私たちの暮らす環境に残した放射能をはじめとする毒性物質に暴露…

更新日:2013-04-06 23:49:22 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

家のラドン / 米国疾病管理予防センター

ラドンは、無色無臭の放射性ガスです。合衆国における肺癌の原因として第二のものです。米国環境保護庁(EPA)および 医療総監局(Surgeon General's Office)は、ラドンを原因とする肺癌での死亡は毎年2万人以上と推定している。ラドンに被曝してもただちに何らかの症状が認められるわけではないため、健康問題が明らかになるまで数年を要することがある。そのため、勤務先でも、自宅でも、学校でも、ラドンに対する理解は重要である。理解すべき項目として、ラドンガスが建物内に入る経路、健康への影響、濃度を下げる手段などがある。 [建物に入ってくる経路、…

更新日:2013-04-04 11:48:00 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク戦争が残した癌(1) / ダール・ジャマイル

イラク・ファルージャ。イラク全土で先天性欠損症や癌をはじめとする様々な病気が増えているのは、劣化ウラン(DU)兵器をはじめとする戦争関連の汚染によるものではないかとの疑いがもたれている。 腎臓や肺、肝臓の病気や免疫系の全面的な不全といった、これまでイラクでは見られなかった病気が最近になって現れていることも、DUによる汚染が関係しているのではないかと考える著名な医師や科学者も多い。DU汚染は、さらに、イラクの多くの州で報じられている、とりわけ子どもの白血病や腎臓病、貧血にも関連しているかもしれない。 さらに、イラク人女性の流産や早…

更新日:2013-04-02 09:07:46 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

セシウム137の健康に対する影響 / アメリカ合衆国環境保護庁

セシウム137は健康にどのような影響を与えるか? すべての放射性核種と同じく、セシウム137に被曝すると、発がんリスクが高くなります。大気からのフォールアウトにより、誰もが土と水に含まれる微量のセシウム137に被曝しています。放射性廃棄物への暴露、汚染サイトや原子力事故による被曝は、典型的な環境中の被曝よりもはるかに高い発がんリスクにつながることがあります。 大量に被曝すると、重篤な火傷だけでなく、死さえ引き起こすことがあります。このような被曝は稀です。大量被曝状況の一例として、産業で使われているセシウム137の扱いを誤る…

更新日:2013-03-15 18:15:54 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量放射線の影響:ソ連の科学、原子力業界、そして独立した科学? / Anders Pape Møller & Timothy A. Mousseau

チェルノブイリ原発事故と東電福島第一原発事故をきっかけに、いわゆる低線量放射線の影響に対する関心が世界的に広まった。しかしながら、当惑せざるを得ないことだが、これまでの研究は、ソ連の科学研究と原子力産業が後押しした研究が中心で、それに独立した科学者が一部貢献しているという状況にある。Anders Pape MøllerとTimothy A. Mousseauが、低線量放射線が動植物や人間に与える影響をめぐる研究について案内する。 ・・・・・・ メンフクロウやラット、人間、ムラサキツユクサやタマネギに関する研究は、いずれも、放射線の負の影響を有意に示している。 …

更新日:2013-02-24 20:36:18 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

中国の一人っ子政策:「小さな皇帝」の呪い

中国は巨大な国である。そして、そのような世界的な大国にふさわしくいくつかの巨大な失敗をしてきた。例えば、1979年の施行以来非難を受け続けてきた、悪名高い一人っ子政策(OCP)がある。Scienceに発表された最新の研究は、まさにその考えがいかに誤りであったかを明らかにしている。 最初は、その政策は客観的で理解できるように思われた。すなわち、中国の人口成長は1949年から1976年までに75%近く跳ね上がって抑制が効かなくなり、一方一人当たりの収入は約300元、つまりわずか48ドル程度で、複数の子供を持つ家庭にとって養育に十分な金額には程遠かった。その…

更新日:2013-01-14 01:50:19 sixpence   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123456789