「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 中南米

タグ検索結果 ~ 中南米 44件中 17件~

Impact 2.0とは? 中南米の政策変更におけるソーシャルネットワーキングの試み

Impact 2.0---研究と政策をつなぐための新しい仕組み 最近の研究 によると,「ブログの数は,この2年の間,5ヶ月ごとに2倍に増えており, ソーシャルネットワーキング ウェブサイトの利用は,前年比で倍加している。この3年間で,ピアツーピアはインターネット通信量のうち最も大きな部分を占めるようになってきている」と<span style="text-decoration: underline;">いう</span>。政策立案者はこれらの変化を予想し,受け止めようとするのに忙しいが,彼らは自分たちの仕事では,この新しいツールや新しい交流手法をどのように活用しているのだろうか? APCとDIR…

更新日:2010-05-15 11:44:08 benio   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

モックスの意外な健闘:コロンビア緑の党の躍進 / W・ジョン・グリーン

2010年5月7-9日 コロンビアで緑の党のアンタナス・モックス人気が驚くほど高まっている。これはラテンアメリカ専門家の間でさえ広まっている紋切り型、すなわち、救い難いまでに暴力にとらわれいみじくも「模造民主主義」と言われる国のイメージからはかけ離れている。コロンビアの民主主義は、矛盾は抱えているものの現実のものであることをモックスと緑の党は示している。モックス人気が突然沸き立ったことは驚きではない。むしろ、コロンビアの社会進化における二つの主要政治潮流間にずっと以前から存在した闘い----大衆を動員した運動と民主的楽観主義が繰り返…

更新日:2010-05-13 08:55:06 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

コロンビアの殺人「民主主義」 / ダニエル・コヴァリク

15万人以上が殺された可能性:コロンビアの殺人「民主主義」 イエズス会司祭で長年にわたりコロンビアで人権活動を行ってきたハビエル・ヒラルド神父は著書『Colombia: the Genocidal Democracy』(コロンビア:ジェノサイド民主主義」の中で、1988年から1995年の間に、コロンビア内戦の結果、6万人以上のコロンビア人が----そのほとんどがコロンビア正規軍あるいは国家が支援する準軍組織によるかたちで国家の手により----命を落としたと推定している。 コロンビア政府が準軍組織----「死の部隊」とも呼ばれる----を支援してきたことはよく知られている。米国国務…

更新日:2010-04-29 07:08:53 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ハイチから:ますます戦場の様相 / アンセル・ヘルツ

【ポルトープランス、2010年3月30日(IPS)】シテ・ソレイユのスラム街の真向かいにある工業地帯、シテ・ミリテールで、女の人たちが集まっている。その中心には、米国産の米の袋が一袋。月曜日の朝、米はキリスト教系の援助団体「ワールド・ビジョン」によって配給所で配られていた。 目撃者によると、この配給の作業中、国連平和維持軍が群集に向かって催涙ガスを発射した。 女の人たちに米を分けながら、ローレット・エルリスさんは「あの人たちはああいうやり方をしてくるってことは、ハイチ人にはわかってますから。まるで動物扱いです」と言う。「彼らが食料…

更新日:2010-04-07 15:14:20 nofrills   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

コロンビア:人権派ジャーナリスト、クロドミロ・カスティージャ・オスピナ暗殺 / フロントライン

2010年3月30日 人権活動家クロドミロ・カスティージャ・オスピナ氏は、2010年3月19日、コロンビア北部のモンテリアで射殺された。クロドミロ・カスティジャ・オスピナ氏は『エル・プルソ・デル・ティエンポ』【時代の脈動】という地方誌の編集発行人で、ラジオ局ボス・デ・モンテリア【モンテリアの声】の「ブロケ・インフォマティボ」のレポーターでもあった。 詳しい情報 殺される前にクロドミロ・カスティージャ・オスピナ氏は、準軍組織と地元政府役人との癒着疑惑について、モンテリアの弁護士暗殺に地元企業家が関与していた可能性について、地元自治体…

更新日:2010-04-03 11:23:58 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

オバマはコロンビアで石油のための戦争を展開 / ダニエル・コバリク

人権と環境に対する戦争 2010年1月27日 昨年の夏、米国大統領オバマは、コロンビアとの間で軍事協定に署名した。この協定により米軍はコロンビアの軍基地7カ所を利用できるようになった。当時、英ガーディアン紙は次のように報じている。「提案されたこの10年リース契約により、米国はコロンビア軍基地少なくとも7カ所を利用できることになる。空軍基地3カ所、海軍基地2カ所、陸軍基地1カ所で、太平洋からカリブ海におよぶ」。それらの基地には、米軍の兵士800人と民間契約員600人が詰めることになる。ガーディアン紙も述べるように、周辺ラ…

更新日:2010-01-29 21:26:43 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ドミニカ共和国が,国のテクノロジーの取組と政策において女性の平等を保証する

2009年12月7日,ドミニカ共和国・サントドミンゴ ドミニカ共和国は,女性参加型の全国的な情報化社会の実現をラテンアメリカで最初に約束した国である。人口1,000万人のこのカリブ海の島国は,今後 政府 によって展開されるあらゆるICTの取組や政策において「ジェンダーの視点(gender perspective)」を取り入れることを約束した。ドミニカ人がすべての公共政策を計画し評価するために選んだツールは,APCのジェンダー評価手法( GEM )だった。(GEMの)トレーニングは,APCのDafne Plou(写真の人物)によって現場で行われた。以下は,全国紙に掲載されたニュース…

更新日:2010-01-06 22:14:46 benio   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

米軍文書はコロンビア基地協定が周辺地域にとって脅威となることを示している / ギャリー・リーチ

南米の指導者たちは、米国とコロンビアが最近結んだ軍事協定に対して公式に憂慮を表明している。この協定のもとで米軍はラテンアメリカで最も親しい同盟国コロンビアの領土にある7カ所の基地に長期にわたりアクセスできることになる。とりわけベネズエラのウーゴ・チャベス大統領は、この合意は南米の左派寄り諸国にとって脅威となると述べている。最近公開された基地合意の文章とそれに関連する米軍の文書を見ると、チャベスをはじめとする南米の指導者たちが抱く恐れが単なるパラノイアではないことがわかる。これらの文書は、米国の軍事目的がコロンビア国内にとど…

更新日:2009-11-30 21:31:21 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare