「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ GitLab

タグ検索結果 ~ GitLab 15件中 9件~

12

【GitLab Pages 公式 を訳してみた】GitLab Pages 一般利用者ガイド

GitLab Documentation > User documentation > Projects > GitLab Pages 説明書 >GitLab Pages の 概要   まず最初に GitLab Pages機能 は、GitLab EE 8.3以降から使えるようになりました。 カスタムCNAMEにTLS証明書が使えるようになった のは、GitLab EE 8.5以降です コミュニティ版GitLabでGitLab Pagesが使えるように なったのは、 バージョン8.17以降です。 この記事はあくまで、一般利用者が触れることができる機能について説明したものです。個人でサーバーを管理しながらサイトを作りたい方、あるいはGitLab Pagesの機能をもっと詳しく…

更新日:2018-01-31 00:12:30 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『Opensuse 42.2, 42.3, SUSE Linux Enterprise Server』

  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  OpenSUSE 42.2 あるいは 42.3で、次のコマンドを発令してください。  このコマンドでHTTPが開き、システムのファイアウォール内でSSHアクセスが実行されます。 ====================== sudo zypper install curl openssh sudo systemctl enable sshd sudo systemctl start sshd sudo yast2 firewall services add tcpport=80,443,22,25,465,587 udpport=80,443,22,25,465,587 zone=EXT sudo rcSuSEfirewall2 restart ======================  次に、Git…

更新日:2018-01-27 00:06:08 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『CentOS 7, RHEL, Oracle, Scientific』

  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  CentOS 7で、次のコマンドを発令してください。  このコマンドでHTTPが開き、システムのファイアウォール内でSSHアクセスが実行されます。 ============================================ sudo yum install -y curl policycoreutils-python openssh-server openssh-clients sudo systemctl enable sshd sudo systemctl start sshd sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http sudo systemctl reload firewalld ==================…

更新日:2018-01-26 23:55:24 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『CentOS 6, RHEL, Oracle, Scientific』

  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  CentOS 6で、次のコマンドを発令してください。  このコマンドでHTTPが開き、システムのファイアウォール内でSSHアクセスが実行されます。 ============================================ sudo yum install -y curl policycoreutils-python openssh-server openssh-clients cronie sudo lokkit -s http -s ssh ============================================  次に、GitLabからの通知メールを届けるために…

更新日:2018-01-26 23:37:22 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『Debian 7,8,9』

  1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す ====================== sudo apt-get install -y curl openssh-server ca-certificates ======================  次に、GitLabからの通知メールを届けるために、Postfixをインストールします。  ※通知メールに、他のツールを使いたい場合は、この段階を省略して、 外部SMTPサーバーの設定 に移行してください。 ====================== sudo apt-get install -y postfix ======================  Postfixをイ…

更新日:2018-01-26 23:21:55 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CE版をインストールする『Raspbery Pi2(Raspbian Wheezy, Jessie)』

 1. GitLabをインストールして、必要な設定を施す  Raspberry PI 2のRaspbianで、次のコマンドを発令してください。  このコマンドで、HTTPを開き、システム・ファイアウォール内のSSHアクセスを達成できます。 ====================== sudo apt-get install curl openssh-server ca-certificates apt-transport-https curl https://packages.gitlab.com/gpg.key | sudo apt-key add - ======================  次に、GitLabからの通知メールを届けるために、Postfixをインストールします。  ※通知メール…

更新日:2018-01-26 22:00:07 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】パイプラインのスケジュール

GitLab Documentation > User documentation > Projects > パイプラインのスケジュール 注: この機能はGitLab Runner 9.1から導入されました。当初の機能名は、「 Trigger Schedule 」です。 9.2以降から、現在の 「Pipeline Schedule」に改名 されました。 このスケジューラは製作に、「 Rufus-Scheduler (外部サイト)」のクローンを使用しています。  Pipeline Scheduleは、パイプラインを特定の期間で実施させる機能です。  これを使えば、たとえば毎月のようにパイプラインをかけたり、「22番目のブランチのみ」に定期的にパイプライン…

更新日:2018-01-16 20:15:49 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12