「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ GitLab CI

タグ検索結果 ~ GitLab CI 56件中 9件~

Configuring GitLab Runnersより抜粋『特定のランナーのトークンを取得する』『タグを使う』『タグが付いていないjobのみを実行する』

  特定のランナーのトークンを取得する  GitLabのインスタンスから、権限の認証を通過せずに、特定ランナーのトークンを作成するには、 プロジェクトの「 Settings ➔ CI/CD 」に移動 ランナーを登録する   タグを使う  実際、プロジェクトでランナーをまともに使っていこうと考えると、ランナーは様々なタイプのjobに対応できなくてはなりません。  同時に、jobが増えれば増えるほど、作業が非効率化していくことは免れません。そこで活用するのが、tagです。  ランナーにタグをつけることで、実行するjobに分類を設けることができます。 …

更新日:2018-01-23 22:50:30 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】API設定でパイプラインにトリガーを設ける

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >API設定でパイプラインにトリガーを設ける 注: GitLab CE 7.14にて導入。 GitLab 8.12にて「job permissions system」として再構成。詳細: new model and its implications  TriggersはAPIを呼び出して、特定のブランチ、タグ、コミットをリビルドさせる働きがあります。  特定のブランチから生成されたものを、”素材”としてjobに挿入したいときなどに便利です。  認証トークン この機能では、以下の認証方法に対応しています。   トリガー・トークン  独…

更新日:2018-01-22 14:29:44 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】パイプラインのスケジュール

GitLab Documentation > User documentation > Projects > パイプラインのスケジュール 注: この機能はGitLab Runner 9.1から導入されました。当初の機能名は、「 Trigger Schedule 」です。 9.2以降から、現在の 「Pipeline Schedule」に改名 されました。 このスケジューラは製作に、「 Rufus-Scheduler (外部サイト)」のクローンを使用しています。  Pipeline Scheduleは、パイプラインを特定の期間で実施させる機能です。  これを使えば、たとえば毎月のようにパイプラインをかけたり、「22番目のブランチのみ」に定期的にパイプライン…

更新日:2018-01-16 20:15:49 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】CIサービス設定例

GitLab Documentation > GitLab Continuous Integration (GitLab CI) >CIサービス設定例  ベースイメージにリンクして使うためのDockerコンテナは、GitLab CIで「 service 」キーワードを設けることで設定できます。  サービスコンテナとしてよく使われるものを以下に挙げました。参考にしてください。 MySQLを使う PostgreSQLを使う Redisを使う その他サービスコンテナの設定方法

更新日:2018-01-14 16:19:15 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】Kubernetes エクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ >Kubernetesエクゼキュータ 目次 >概要 >全体の作業工程 >Kubernetes APIに接続する >キーワード  >エクゼキュータ・サービスアカウントを設定する  >Kubernetesの名前空間を上書きする  >デフォルトのKubernetesサービスアカウントを上書きする  >ベアラトークンの設定(Kubernetes APIを呼び出すときに必要)  >Podアノテーションを上書きする >「config toml」ファイルから、キーワードを定義する >ボリュームを使う  >hostPathボリューム  >PVCボリューム  >Config Mapボリューム  >Secretボリューム…

更新日:2018-01-14 15:35:57 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】エクゼキュータ

GitLab Runner >エクゼキュータ  GitLab Runnerでは、複数のエクゼキュータをビルドの実行にご利用いただけます。それぞれ異なる性質があります。必要に応じて使い分けましょう。  従って、場合によってはあまり必要がないエクゼキュータが出てくる可能性があります。後半部「 どれを選べばいい? 」のコーナーを参考にしてください。  また、エクゼキュータによって対応している機能、または使えない機能がちゃんとあります。これは「 対応している機能と互換性 」で取り上げます。  それぞれのエクゼキュータをきちんと調べたい方は、次のリンクから説明…

更新日:2018-01-14 01:22:19 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】Dockerエクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ >Dockerエクゼキュータ  GitLab ランナーでは、ユーザーが用意したイメージにアプリをビルドする際に、Dockerを利用することができます。ただし、それにはDockerエクゼキュータの利用が必須です。  DockerエクゼキュータがGitLab CIで使用された場合、ランナーは Dockerエンジン へ接続して、ユーザー定義済みコンテナ(隔離された環境)でアプリのビルドを開始します。  どの定義済みコンテナを利用するかは、「 .gitlab-ci.yml 」か「 config.toml 」ファイルで設定します。  これにより設定されたCIコンテナは、本来…

更新日:2018-01-05 23:11:09 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

【GitLab 公式 を訳してみた】Parallels エクゼキュータ

GitLab Runner > エクゼキュータ > Parallels エクゼキュータ  parallels エクゼキュータの設定方法は、 VirtualBox エクゼキュータ を参考にしてください。

更新日:2017-12-29 14:59:27 Hnoss   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare