「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ CLIR

タグ検索結果 ~ CLIR 6件中 1件~

ボーン・デジタル:提供者と取扱業者、アーカイブのレポジトリのための指針(2) / ガブリエラ・レドウィンほか

3. プライバシーと知的財産権 アーカイブ資料の収集と移管、目録作成、記述に関与するあらゆる集団の間に、デジタル・プライバシーについての幅広い意見と理解がある。ボーン・デジタル資料の中の個人情報と知的財産権の保護に関連した問題には、著作権とその他の知的財産権の検討事項と大量の電子メール文書の中の取り扱いに注意が必要な内容の管理、法的に保護された私的ファイル、パスワード復号化とディスク・イメージの作成のようなさらに技術的に複雑な問題が含まれる。可能ならいつでも、提供者と取扱業者、レポジトリは、ボーン・デジタル資料の収集に関係…

更新日:2014-01-26 20:36:51 shikimi   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ボーン・デジタル:提供者と取扱業者、アーカイブのレポジトリのための指針(1) / ガブリエラ・レドウィンほか

ボーン・デジタル:提供者と取扱業者、アーカイブのレポジトリのための指針 Gabriela Redwine, Megan Barnard, Kate Donovan, Erika Farr, Michael Forstrom, Will Hansen, Jeremy Leighton John, Nancy Kuhl, Seth Shaw, and Susan Thomas 2013年10月 図書館情報資源振興財団(CLIR: Council on Library and Information Resources) 著者について ガブリエラ・レドウィン は、イェール大学バイネッキ貴重書・手稿図書館(Beinecke Rare Book and Manuscript Library)のデジタル・アーキビストである。以前は、ハリー・ランサム・センターのアーキビストであ…

更新日:2014-01-26 20:34:47 shikimi   9   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(4) / クリスティン・ケリー

参考書目 参考文献 Allen, Nancy. 2009. Art Museum Images in Scholarly Publishing. http://cnx.org/content/col10728/1.1/ で入手可能。 Ballon, Hilary, and Mariët Westermann. 2006. Art History and Its Publications in the Electronic Age. http://cnx.org/content/col10376/latest/ で入手可能。 Bielstein, Susan. 2005. Copyright Clearance: A Publisher’s Perspective. 2005年6月3日にロンドンのCourtauld Instituteで論文が提出された。 http://www.collegeart.org/ip/copyrightclearance で入手可能。 Creative Commons. September 2009. D…

更新日:2013-08-01 09:16:24 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(3) / クリスティン・ケリー

博物館のオープンアクセスの経験 この調査の目的に照らすと、「オープンアクセス」は、デジタル形式で存在する所蔵作品画像が、オンラインで無料で利用可能であり、ほとんど著作権や使用許諾の制限がないということを概ね意味するが、これは例外を許さない厳重な定義ではない。なぜなら博物館の画像へのオープンアクセスは今でも進化している実践であり、この調査の中の博物館によってとられているアプローチは非常に多様だったからである。「アハ」体験を提示できるものはほとんどない。大抵、それはより反復的で協同的な過程であり、適切なアプローチを考えつくた…

更新日:2013-08-01 09:15:26 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(2) / クリスティン・ケリー

調査対象の博物館での実践 博物館は、組織の理念や業務、さらに実際的には、技術やシステムの状況、人的資源と財源の利用できる度合いに応じて、様々な方法で画像へのアクセスを提供する。この調査における11の博物館のアプローチは、実践の幅広い領域にわたっている。そのうちのほとんどは、私的利用や教育目的に対して、パブリック・ドメインの所蔵作品の画像へのフリーアクセスをある程度の水準で提供している。多くは学問的および学術的出版物と研究に対してフリーアクセスを提供している。これをはるかに超えて、営利や非営利、どのような目的に対しても制限な…

更新日:2013-08-01 09:14:30 shikimi   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(1) / クリスティン・ケリー

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験 11館の調査 Prepared for The Andrew W. Mellon Foundation クリスティン・ケリー 2013年6月 著者について クリスティン・ケリーはサンディエゴを拠点としたフリーランスの博物館専門家であり著作家である。独立契約者になる前に、J・ポール・ゲティ美術館の管理部部長として9年間を過ごし、ゲティ保存修復研究所で公共のプログラム作成とコミュニケーションを9年間監督した。彼女は米国で財団のためのプロジェクトをフリーランスで実施し、インドのパンジャーブ州政府で2年間仕事をした。東南アジア…

更新日:2013-08-01 09:13:27 shikimi   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare