「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ デジタル化

タグ検索結果 ~ デジタル化 7件中 1件~

持続可能性を探る:8つのデジタル化特別コレクションから見る戦略(3) / ナンシー・L・マロン、サラ・ピックル

持続可能性を探る:結論 あらゆる年代の研究者と学生、教員、学習者は、今日ではほんの一世代前なら考えられなかった方法で、博物館や図書館、文書館、歴史協会のもつ豊かなコンテンツを楽しむことができる。最近まで、これらの写真や文書、記録、実物は、 相当の労力 や 十分な手段を用いて 、それらを探し出し、アクセスを ----しばしば 文書で---- 申し込み 、 原物を 管理するという 幸運をもった組織が偶然所在している どのような世界の大都市や 小さい村にでも旅をするような人々しか利用できなかった。 それらの日々は今ではほとんど想像でき…

更新日:2016-01-21 20:16:44 shikimi   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

持続可能性を探る:8つのデジタル化特別コレクションから見る戦略(2) / ナンシー・L・マロン、サラ・ピックル

持続可能性を探る:研究結果 図書館とその他の収集機関は、所蔵している貴重な物品の保護と保存に必要とされることについて長い間懸念をもっていた。しかしながら、彼らが現在発達させているデジタル化資源は 物理的な資源と根本的に異なり、 それらに付随する主要な活動は、 雑誌や図書に当てはまるような 固定された一回限りの取り組みではない;むしろ、活動は継続的で あり、デジタル資源そのものとそれらが存在しているデジタル環境は、物理的なものよりもより動的である。そうであるなら、デジタル化コレクションにとっての持続可能性とは何だろうか? …

更新日:2016-01-21 20:16:20 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

持続可能性を探る:8つのデジタル化特別コレクションから見る戦略(1) / ナンシー・L・マロン、サラ・ピックル

持続可能性を探る:8つの デジタル化 特別コレクション から見る戦略 Ithaka S+Rと北米研究図書館協会の報告書 ナンシー・L・マロン、サラ・ピックル ディアナ・マーカムによる前書き 2013年11月20日公開 前書き 図書館と文化機関は1990年代半ばに特別コレクションのデジタル化を開始した。その理由の一つは技術がそれを可能にしたからであり、一つはこれらが外部利用者 の アクセス可能性が 最も 小さいコレクションだったからである。そして、重要なことに、もう一つはこれらがデジタル形式への変換を可能にする知的財産権を機関が保持している傾向が強…

更新日:2016-01-21 20:16:00 shikimi   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(4) / クリスティン・ケリー

参考書目 参考文献 Allen, Nancy. 2009. Art Museum Images in Scholarly Publishing. http://cnx.org/content/col10728/1.1/ で入手可能。 Ballon, Hilary, and Mariët Westermann. 2006. Art History and Its Publications in the Electronic Age. http://cnx.org/content/col10376/latest/ で入手可能。 Bielstein, Susan. 2005. Copyright Clearance: A Publisher’s Perspective. 2005年6月3日にロンドンのCourtauld Instituteで論文が提出された。 http://www.collegeart.org/ip/copyrightclearance で入手可能。 Creative Commons. September 2009. D…

更新日:2013-08-01 09:16:24 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(3) / クリスティン・ケリー

博物館のオープンアクセスの経験 この調査の目的に照らすと、「オープンアクセス」は、デジタル形式で存在する所蔵作品画像が、オンラインで無料で利用可能であり、ほとんど著作権や使用許諾の制限がないということを概ね意味するが、これは例外を許さない厳重な定義ではない。なぜなら博物館の画像へのオープンアクセスは今でも進化している実践であり、この調査の中の博物館によってとられているアプローチは非常に多様だったからである。「アハ」体験を提示できるものはほとんどない。大抵、それはより反復的で協同的な過程であり、適切なアプローチを考えつくた…

更新日:2013-08-01 09:15:26 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(2) / クリスティン・ケリー

調査対象の博物館での実践 博物館は、組織の理念や業務、さらに実際的には、技術やシステムの状況、人的資源と財源の利用できる度合いに応じて、様々な方法で画像へのアクセスを提供する。この調査における11の博物館のアプローチは、実践の幅広い領域にわたっている。そのうちのほとんどは、私的利用や教育目的に対して、パブリック・ドメインの所蔵作品の画像へのフリーアクセスをある程度の水準で提供している。多くは学問的および学術的出版物と研究に対してフリーアクセスを提供している。これをはるかに超えて、営利や非営利、どのような目的に対しても制限な…

更新日:2013-08-01 09:14:30 shikimi   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験(1) / クリスティン・ケリー

博物館所蔵の芸術作品の画像:オープンアクセスの経験 11館の調査 Prepared for The Andrew W. Mellon Foundation クリスティン・ケリー 2013年6月 著者について クリスティン・ケリーはサンディエゴを拠点としたフリーランスの博物館専門家であり著作家である。独立契約者になる前に、J・ポール・ゲティ美術館の管理部部長として9年間を過ごし、ゲティ保存修復研究所で公共のプログラム作成とコミュニケーションを9年間監督した。彼女は米国で財団のためのプロジェクトをフリーランスで実施し、インドのパンジャーブ州政府で2年間仕事をした。東南アジア…

更新日:2013-08-01 09:13:27 shikimi   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare