「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 自然放射線

タグ検索結果 ~ 自然放射線 2件中 1件~

高バックグランド放射線地域の居住期間が免疫系に及ぼす影響 / Sajad Borzoueisileh et al.

抄録 目的: 人が自然線源から受ける放射線量は年間約2.4 mSvであるが、イラン北部ラムサールの住人の場合、年間10.2 mSvに及ぶ。発ガンは、放射線の影響として、とりわけ高線量において、最もよく研究されているテーマであるが、低線量における発ガンについては不確定なところがおおい。ラムサールという高バックグラウンド放射線地域を対象に最近行われた疫学研究は、この地域の癌が周辺地域よりも低いことを示すものであった。この違いがどのような理由によるものかはまだ研究が進んでいない。腫瘍の免疫系で最も重要な構成要素はナチュラルキラー細胞(NK細胞…

更新日:2013-05-08 09:28:22 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

1980年から2006年英国における自然放射線と小児白血病・その他の癌の発症に関する、記録を用いた症例対照研究 / Kendall, G. M. et al. 注目記事

小児癌と自然放射線の関連を検証するために、記録を用いた大規模な症例対照研究を行った。1980年から2006年に英国で生まれ癌を診断されたケース(27,447ケース)及び対応する癌でない対照群(36,793ケース)を国立小児腫瘍レジストリから抽出した。英国の全国データベースから子どもが生まれたときの母親の住所における放射線被曝量を、γ線の州平均及びラドンの地質学的境界によりグループ化した国内測定に基づく予測地図を用いて推定した。γ線骨髄累積被曝線量1ミリシーベルトあたり小児白血病過剰相対リスク(ERR)は12%であった(95%信頼区間 3, 22; 両側P=0.01)…

更新日:2013-02-26 11:46:06 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare