「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ ウクライナ

タグ検索結果 ~ ウクライナ 2件中 1件~

チェルノブイリ事故後低線量の電離放射線に長期慢性的に被曝してきたウクライナの患者において明細胞腎細胞癌の微小血管密度は高い / Romanenko AM, et al.

抄録 チェルノブイリ事故以降の25年間で、ウクライナにおける悪性腎腫瘍の罹病率は人口全体において10万人あたり4.7人から10.7人に増加した。我々の研究グループが行った最近の調査から、放射能汚染地域に継続的に暮らすウクライナ人患者における腎細胞癌(RCC)----なかでもとりわけ明細胞腎細胞癌(CCRCC)----の罹病率とaggressiveness、増殖活性は、いわゆる「慢性的低線量電離放射線」(CPLDIR)被曝の影響を受けた特定の分子変化により説明されることが示された。[抄録は後半がありますが、以下、略です] Romanenko AM, Ruiz-Saurí A, Morell-Quadreny L, …

更新日:2012-05-16 09:34:38 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの影響を受けたウクライナの子どもたちにおけるセシウム137被曝と肺活量 / Erik R. Svendsen et al.

抄録 背景 1986年にチェルノブイリ原発事故が起きてから、事故で汚染されたウクライナのナロディチェスキー地区の子どもたちは、毎年、健康診断を受けることを義務付けられた。子どもたちは、汚染された土壌、空気、食物から、セシウム137(137Cs、半減期約30年)の被曝を受けてきた。 目的 我々は、「自然実験」のアプローチと長期的前向きコホート研究デザインを採用し、415人の子どもについて、1993年から1998年まで1888回繰り返し行った測定結果を用いて、土壌の137Csと肺活量との関係を調べた。 方法 村ごとの基準土壌137Cs測定値平均を被曝の指標として…

更新日:2012-04-28 08:14:23 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare