「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 健康被害

タグ検索結果 ~ 健康被害 3件中 1件~

低線量放射線の影響:ソ連の科学、原子力業界、そして独立した科学? / Anders Pape Møller & Timothy A. Mousseau

チェルノブイリ原発事故と東電福島第一原発事故をきっかけに、いわゆる低線量放射線の影響に対する関心が世界的に広まった。しかしながら、当惑せざるを得ないことだが、これまでの研究は、ソ連の科学研究と原子力産業が後押しした研究が中心で、それに独立した科学者が一部貢献しているという状況にある。Anders Pape MøllerとTimothy A. Mousseauが、低線量放射線が動植物や人間に与える影響をめぐる研究について案内する。 ・・・・・・ メンフクロウやラット、人間、ムラサキツユクサやタマネギに関する研究は、いずれも、放射線の負の影響を有意に示している。 …

更新日:2013-02-24 20:36:18 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量被曝における発癌リスクの分析 / Sulun Hwangほか

コバルト60に汚染された鉄筋をつかって建てられたアパートから約10年の長期にわたり低線量のγ線被曝を受けた台湾人住民における発癌リスクへの放射線の影響を調査した。このグループの発癌リスクを、台湾における同じ時期、同じ地理的性格の住民と、年齢と性別で調整した標準化罹患比により比較した。標準化罹患比は、男性の慢性リンパ球性白血病を除くすべての白血病でアパート住民が有意に高く、また、女性の甲状腺癌で有意傾向にあった。すべての癌を合わせてみると、最初の被曝が30歳前の個人においては被曝に応じた有意な増加が見られたが、30歳以降の場合はそ…

更新日:2012-07-08 22:35:58 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

長期的な低線量被曝による相対発癌リスク推定:1983年から2005年のフォローアップ / Hwangag, et. al.

抄録 コバルト60に汚染された鉄筋をつかって建てられたアパートから長期にわたる低線量のγ線被曝を受けた台湾人住民のコホートにおける発癌リスクへの放射線の影響を調査し、放射線に被曝した他のコホートとリスクを比較した。分析は、コホート集団のより包括的なフォローアップに基づいており、そこでは、1983年から2005年のあいだに、推定平均48 mGyの超過累積被曝を受けた6242人の中で117の発癌ケースが見られた。ケースは、台湾の全国癌登録に基づき同定された。発癌リスクに対する放射線の影響は、比例ハザードモデルを用いて推定され100-mGyの被曝増加に対す…

更新日:2012-04-19 16:00:09 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare