「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 福島

タグ検索結果 ~ 福島 4件中 1件~

福島沖海水のヨウ素129:分布、無機スペシエーション、出所、配分 / Hou X. et al.

2011年3月に起きた東京電力福島第一原発事故により、環境中に大量の放射性物質汚染が広まった。そのうち、ヨウ素129は長寿命の放射性核種で、数百万年にわたって環境中に残ることになる。本研究はまず、2011年6月に福島沖で採集された海水深度レベルごとのヨウ素129の濃度と無機スペシエーションについて述べる。福島沖40キロの海水表面において、ヨウ素129/ヨウ素127の最大原子数比2.2×10-9と、水面でヨウ素129の濃度が大幅に上昇していることが観察された。ヨウ素129の優占種はヨウ化物であり、ヨウ素127は主としてヨウ素酸塩であったが、これは、ヨウ素…

更新日:2013-03-08 06:32:15 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量放射線の影響:ソ連の科学、原子力業界、そして独立した科学? / Anders Pape Møller & Timothy A. Mousseau

チェルノブイリ原発事故と東電福島第一原発事故をきっかけに、いわゆる低線量放射線の影響に対する関心が世界的に広まった。しかしながら、当惑せざるを得ないことだが、これまでの研究は、ソ連の科学研究と原子力産業が後押しした研究が中心で、それに独立した科学者が一部貢献しているという状況にある。Anders Pape MøllerとTimothy A. Mousseauが、低線量放射線が動植物や人間に与える影響をめぐる研究について案内する。 ・・・・・・ メンフクロウやラット、人間、ムラサキツユクサやタマネギに関する研究は、いずれも、放射線の負の影響を有意に示している。 …

更新日:2013-02-24 20:36:18 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フクシマがチェルノブイリ以上の大惨事である理由と米国からの警告 / ロバート・アルバレス

2012年5月4日 世界最悪の原発事故が起きてから、マスコミは、福島第一原発が日本や世界各地にもたらす危険性の大きさにようやく気づき始めたところである。日本政府の元高官たちや原子力専門家、そして今や米国上院議員も繰り返し警告しているため、水槽に保管されている使用済核燃料は、原子炉が破壊されていることもあって、溶融した炉心よりも敷地外への潜在的な影響が大きいのではないか、とマスコミも理解しつつある。 最近現場を訪れたロン・ワイデン上院議員(オレゴン州選出、民主党)は駐米日本大使に、「これらのプールを封じ込めることができなくなると、…

更新日:2012-06-07 13:24:42 ozawa   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

原子力発電と大きな嘘:フクシマから一年 / カール・グロスマン

2012年3月5日 福島第一原発による惨事から一周年を迎えるが、原発にまつわる隠蔽は以前にも増して広範囲にわたっている。 事実の歪曲は原発のスタート時から原子力推進に不可欠であった。 米国政府の文書が大規模な壊滅を認識していたにもかかわらず、原子力の推進者たちは原発事故の重大性を軽視していた。1960年代にブルックヘブン国立研究所にて作成された米原子力委員会の『WASH-740(改訂)』は、繰り返し原発の大規模事故について以下のように述べている。「こうした惨事がおよぼすと考えられる範囲はペンシルヴァニア州の広さに相当する。」 推進派は「核の…

更新日:2012-03-31 12:53:22 ozawa   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare