「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 白血病

タグ検索結果 ~ 白血病 9件中 1件~

12

フランス原子力労働者コホートにおける慢性電離放射線被曝に関連する白血病リスク / Metz-Flamant C. 他

抄録 電離放射線に対する比較的高い線量の急性被曝後に観察されるガンへの影響として白血病は、初期から認められるものの一つである。本研究では、フランス原子力委員会(CEA)および核燃料社(AREVA NC)における低線量及び低線量率での外部被曝後の白血病による死亡率を10年の追加フォローアップ期をおいて調査したものである。コホートは、1950年から1994年に少なくとも1年間、CEAかAREVA NCで働いていた、被曝モニタリングをしていた労働者で、1968年から2004年の間に追跡調査を受けた人である。外部被曝と白血病死亡率の相関を過剰総体リスク(ERR)モデルで推定…

更新日:2013-06-08 10:23:51 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランス原子力関連労働者の統合コホートにおける慢性外部放射線被曝に関わる死亡率 / Metz-Flamant C.他

抄録 目的 低線量電離放射線への長期にわたる被曝が長期的にどのような影響を与えるかについて、仏原子力エネルギー庁(CEA)、アレバ・ニュークレア・サイクル(AREVA NC)、フランス電力(EDF)で働く原子力労働者を対象に分析を行った。累積外部被曝線量と、固形ガン、白血病、循環器系疾患による死亡率との相関を検討した。 方法 CEA、AREVA NC、EDFで1950年から1994年の間に少なくとも1年間雇用され、被曝線量をバッジでモニターし、1968年1月1日の時点で生存していた労働者全員を対象とした。労働者一人一人に対して、貫通性光子(X線及びガンマ線)…

更新日:2013-06-05 10:51:12 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病 / A. G. Noshchenko, O. Y. Bondar, V. D. Drozdova

抄録 本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各…

更新日:2013-03-20 14:31:03 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量γ線への長期被曝による白血病リスクに関するメタアナリシス / R D Daniels, M K Schubauer-Berigan

抄録 背景: 毎年、40万人以上の作業者がある程度の放射線に被曝しており、放射線由来の白血病を発症するリスクが高くなっているかもしれない。長期の低線量被曝により白血病リスクが高まるかどうかははっきりしていない。 目的: 長期にわたる低線量電離放射線被曝と白血病の関係を検討するためにメタアナリシスを行った。 データ: 米国アカデミーと国連によるレビューが、2005年以前に出版された有益な研究に対して要約情報を提供している。PubMedとEmbaseを検索し、2005年から2009年に出版された職業被曝・環境関連の該当研究を入手した。 研究の選…

更新日:2013-03-19 13:00:48 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病 / A. G. Noshchenko, O. Y. Bondar, V. D. Drozdova

抄録 本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各…

更新日:2013-02-25 09:43:19 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ作業員は白血病リスクが有意に増大 / カリフォルニア大学サンフランシスコ校

旧ソ連のウクライナで1986年に起きたチェルノブイリ原発事故後作業にあたった11万645人の作業員を追跡する20年にわたる研究の結果、作業員に白血病発症の有意なリスク増加が見られることがわかった。この結果は、CTスキャンなどをはじめとする医療診断放射線による低線量の放射線被曝の発がんリスクを科学的に理解する一助となるかもしれない。

更新日:2012-11-09 09:17:11 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ作業員における放射線と慢性リンパ性白血病をはじめとする白血病リスク / Lydia B. Zablotska et. al

抄録 背景: 高線量の電離放射線に急性被曝したことによる諸種の白血病リスクは良く知られているが、慢性的被曝によるリスク、および放射線と慢性リンパ性白血病(CLL)の関係についてははっきりしていない。 目的: 低線量電離放射線の長期にわたる被曝によるCLL及び非CLLの相対リスクを推定する。 方法: 1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所事故の作業員11万645人からなるコホートにおけるコホート内症例対照研究を行った。1986年から2006年に白血病と診断されたケースについて、血液医・血液病理医のグループで確認した。統制群は、居住地と生年でケー…

更新日:2012-11-09 08:40:05 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

児童期のCTスキャンによる放射線被曝とその後の白血病・脳腫瘍リスク:後向きコホート研究 / Mark, S. Pearce, et al.

概要 背景 :CTスキャンは臨床的に極めて有用であるが、電離放射線による潜在的な発がんリスクが存在する。とりわけ、成人よりも放射線に対する感受性の高い子どもにおいてはそうである。我々は、子どもと成人前期のコホートについて、CTスキャンを受けた後の白血病と脳腫瘍の過剰リスクを評価することを目的とした。 方法 :我々が用いた後向きコホート研究では、過去にがんと診断されていない患者で、1985年から2002年の間、22歳未満のときに、イングランド、ウェールズ、スコットランド(大ブリテン島)の国家医療制度(NHS)センターでCT検査を受けた者を含…

更新日:2012-09-21 15:24:57 eengine   13   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12