「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 東電福島第一原発事故

タグ検索結果 ~ 東電福島第一原発事故 3件中 1件~

東電福島第一原発と海洋放射能 / Ken O. Buesseler

抄録 2011年3月11日に起きた三重の災害、すなわち地震・津波そして東電福島第一原発からの放射性物質の放出は、海洋と社会にとって前例のない出来事であった。本論文では、とりわけセシウム137及びセシウム134に注目して、東電事故による放射能放出を自然放射能およびこれまでの人工放射能と比較する。東電福島第一原発から放出されたこれら放射性核種の総量は詳しくはわかっておらず、大気中のフォールアウトと海洋への直接放出からの推定は4ペタベクレル(PBq)から90ペタベクレルと幅があるが、恐らくは15PBqから30PBqの範囲であろうと思われる。これは、1960年…

更新日:2014-01-13 15:13:02 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故後の放射性物質の分析 / Fei Tuo, et al.

抄録 HPGeγ分光法を用いて全118サンプルを分析した。事故後22日間に収集したエアロゾルサンプルから、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、セシウム136をそれぞれ1720µBq/m^3、247µBq/m^3、289µBq/m^3、23µBq/m^3検出した。ヨウ素131は雨水と土壌サンプルでも検出されただけでなく、2011年4月2日から13日に収穫された野菜でも測定され、0.55~2.68Bq/kgの値を取った。牛乳、飲み水、海水、海中生物相サンプルからはヨウ素131は検出されなかった。 Fei Tuo, Cuihua Xu, Jing Zhang, Qiang Zhou, Wenhong Li, Li Zh…

更新日:2013-04-16 20:25:10 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島の鳥類個体数を、チェルノブイリとの比較で評価する / Møller, A. P. et al.

福島の鳥類個体数を、チェルノブイリとの比較で評価する Møller, A.P., Hagiwara, A., Matsui, S., Kasahara, S., Kawatsu, K., Nishiumi, I., Suzuki, H., Ueda, K., Mousseau, T.A. Environmental Pollution , 164, pp. 36-39, 2012. 福島県でよく見る鳥の個体数に対する放射線の影響は、チェルノブイリにおける放射線の影響から評価できる。・・・・・・福島とチェルノブイリに共通する14種の鳥の分析から、放射線が個体数に負の影響を及ぼすことが明らかになったが、影響の度合いは地域と種によって異なる。同じ14種の鳥について、個体数と放射線の関係…

更新日:2012-03-07 11:26:40 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare