「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

taro

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 癌

タグ検索結果 ~ 癌 11件中 1件~

12

ストレスと癌 / Cancer Research UK

人は誰でも、生きていればストレスを感じるときがあります。少しのストレスならば、より注意深くなったり色々うまくできるようになったりと、正の効果を持つことがあります。けれども、長期にわたってストレスを抱えると、不安症やうつ病といった精神衛生上の問題につながっていきかねません。さらに、高血圧や胃潰瘍といった身体的健康上の問題にもつながることがあります。 ストレスと癌 ストレスのかかる事態に直面すると、体中のホルモン量が変わり、免疫系に影響を与える可能性があります。しかしながら、 そうした変化が癌につながるという証拠はありません …

更新日:2014-04-08 08:54:24 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラクより:悲劇の教訓 / ジョン・ピルジャー

イラクの砂漠から伸びる様々な道を通って埃が運ばれてくる。埃は目に、鼻に、そして喉に入り込む。市場や学校の校庭に吹き込み、ボールを蹴る子どもたちを包み込む。この埃は「私たちに死の種を運んでくるのです」とジャワド・アル=アリ博士は言う。バスラにあるサドル大学病院の癌専門医として国際的な評価の高いアリ博士が私にこう語ったのは1999年のことだった。今日、彼の警告は否定しようのないかたちで現れている。「湾岸戦争の前は、癌患者は一月に2、3人でした。現在では、毎月、30人から35人が癌で死んでいきます。私たちの研究では、この地域の40%から48%…

更新日:2013-07-11 11:28:51 kmasuoka   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランス原子力関連労働者の統合コホートにおける慢性外部放射線被曝に関わる死亡率 / Metz-Flamant C.他

抄録 目的 低線量電離放射線への長期にわたる被曝が長期的にどのような影響を与えるかについて、仏原子力エネルギー庁(CEA)、アレバ・ニュークレア・サイクル(AREVA NC)、フランス電力(EDF)で働く原子力労働者を対象に分析を行った。累積外部被曝線量と、固形ガン、白血病、循環器系疾患による死亡率との相関を検討した。 方法 CEA、AREVA NC、EDFで1950年から1994年の間に少なくとも1年間雇用され、被曝線量をバッジでモニターし、1968年1月1日の時点で生存していた労働者全員を対象とした。労働者一人一人に対して、貫通性光子(X線及びガンマ線)…

更新日:2013-06-05 10:51:12 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電離放射線、健康への影響と防護手段 / WHO

2012年11月 重要な事実 ・電離放射線は電磁波あるいは粒子のかたちで原子から放出されるある種のエネルギーである。 ・人は、土壌や水、植生など、自然放射線源から、また、X線や医療機器のような人工放射線源から被曝している。 ・電離放射線には、医療・産業・農業・研究など、有用な応用も多い。 ・電離放射線の利用が増加するにつれ、適切に利用されないあるいは封じ込められないならば、健康に対する潜在的な危険は増大する。 ・被曝が一定量を越えると、皮膚の火傷や急性被曝症状などの急性症状が出る。 ・低線量の電離放射線は、長期的に発ガンなどのリ…

更新日:2013-05-16 08:43:26 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク戦争が残した癌(2) / ダール・ジャマイル

毒物環境 ハダッド博士は、癌の増加と米軍による特定地域への爆撃量との間には、直接の相関があると確信している。 「私も同僚も、皆、ファルージャで、先天性異常、不妊症、生殖不能が増えていることに気づきました」。彼はこう語る。「ファルージャでは、米軍の爆撃、そして米軍が使ったDUのような兵器による毒性物質の問題を抱えているのです。」 2004年、米軍は、二度にわたりファルージャに対する大規模な包囲攻撃を加え、大量のDU弾や白燐兵器を用いた。 ハダッド博士はさらに続けて、「米軍が私たちの暮らす環境に残した放射能をはじめとする毒性物質に暴露…

更新日:2013-04-06 23:49:22 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

イラク戦争が残した癌(1) / ダール・ジャマイル

イラク・ファルージャ。イラク全土で先天性欠損症や癌をはじめとする様々な病気が増えているのは、劣化ウラン(DU)兵器をはじめとする戦争関連の汚染によるものではないかとの疑いがもたれている。 腎臓や肺、肝臓の病気や免疫系の全面的な不全といった、これまでイラクでは見られなかった病気が最近になって現れていることも、DUによる汚染が関係しているのではないかと考える著名な医師や科学者も多い。DU汚染は、さらに、イラクの多くの州で報じられている、とりわけ子どもの白血病や腎臓病、貧血にも関連しているかもしれない。 さらに、イラク人女性の流産や早…

更新日:2013-04-02 09:07:46 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリと公衆衛生

1992年、チェルノブイリ事故の影響で子どもに甲状腺癌が起きていることが報じられ始めたとき[1]、放射線医学界は懐疑的だった[2][3]。懐疑論の中には確かに科学的な観点からのものもあったが(「ヨウ素131の発癌性は低い」)、そうでないものもあった。当時の曖昧な態度は、X線と甲状腺癌の関係をめぐるデータの再検討や、どれだけ多くの子どもが被曝したかの理解が進むにつれて解決した。この経緯は、科学的直感が判断を誤らせることについての訓話となっている。 こうした論争にかまけていなければ、より迅速な対策を取ることができた可能性がある。それにもかかわら…

更新日:2013-02-13 16:04:12 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

放射線の発癌性:チェルノブイリの教訓 / D. Williams

抄録 放射線は発癌物質である。DNAに作用し、様々な突然変異を引き起こす。放射線を照射された細胞は、また、ゲノム不安定性を示します。隣接する照射されていない細胞も同様である(バイスタンダー効果)。発癌に対してどのくらい影響があるかの解明はこれからの課題である。放射線の影響に関して現在わかっていることのかなりは、様々な悪性腫瘍を引き起こす原爆の全身被爆から得られた証拠に依拠している。これに対して、何百万人という人々がチェルノブイリ事故では降下物中の放射性同位体に晒され、その後20年間に甲状腺癌の発症が大幅に増え、乳癌の増加も被…

更新日:2013-02-01 09:37:13 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12