「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ チェルノブイリ

タグ検索結果 ~ チェルノブイリ 12件中 1件~

12

チェルノブイリの鳥類における白内障発症頻度の上昇 / Mousseau TA, Møller AP

抄録 背景 放射線白内障は電離放射線が水晶体の発達に影響を及ぼして不透明なものにするために視力が低下したり視力を失ったりするものである。そのため、白内障は野性動物の健康悪化と関係していると考えられる。 方法/基本的な結果 チェルノブイリ地域の野性の鳥類1100尾以上について、白内障に典型的な水晶体の混濁ケースを、バックグランド放射線との関係で調査した。白内障のケースは、白内障程度の二分スコアに基づく分析でも、連続スコアによる分析でも、バックグラウンド放射線量に従って増加した。説明変数の単位変化に対するオッズ比は0.722(9…

更新日:2013-08-31 14:18:37 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

被曝と乳がん:チェルノブイリの教訓 / Ogrodnik A, Hudon TW, Nadkarni PM, Chandawarkar RY

抄録 東電福島原発事故から2年を経て、チェルノブイリ事故から学んだ教訓はますます重要なものになってきた。歴史的に見ると、27年前のチェルノブイリ原子炉事故からのデータは甲状腺癌と強い相関関係を示しているが、チェルノブイリ由来の放射線の乳がん発生に対する影響は決定的でない状況だった。我々は、チェルノブイリ事故時から2010年12月までに出版されたチェルノブイリ事故の乳がん発生に対する影響を扱った文献をMedlineとScopusを用いてレビューした。その結果、データの制限や統計的な不備の問題が示唆された。データ収集における不具合といった要因のため…

更新日:2013-05-23 21:39:38 eengine   9   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ後及び放射線治療後の甲状腺癌におけるトランスクリプトームシグネチャの比較 / Catherine Ory et al.

抄録 背景: 我々はこれまでに、一連の散発的・放射線治療後の甲状腺癌(322遺伝子署名)を比較し、以前公開された散発的・チェルノブイリ後の甲状腺癌(106遺伝子署名)データセットを再分析することで、高度に弁別的かつ予測的な放射線由来の トランスクリプトーム シグネチャを二つ同定した。本研究の目的は、(1) 遺伝子発現脱調節及び分子特性/分子経路の観点からこれら二つのシグネチャを比較し、(2) 放射線治療後のシグネチャによるチェルノブイリ後の癌の分類能力及びその逆のチェルノブイリ後のシグネチャによる放射線治療原因の癌の分類能力を検証する。 …

更新日:2013-03-27 08:18:47 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病 / A. G. Noshchenko, O. Y. Bondar, V. D. Drozdova

抄録 本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各…

更新日:2013-03-20 14:31:03 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病 / A. G. Noshchenko, O. Y. Bondar, V. D. Drozdova

抄録 本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各…

更新日:2013-02-25 09:43:19 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量放射線の影響:ソ連の科学、原子力業界、そして独立した科学? / Anders Pape Møller & Timothy A. Mousseau

チェルノブイリ原発事故と東電福島第一原発事故をきっかけに、いわゆる低線量放射線の影響に対する関心が世界的に広まった。しかしながら、当惑せざるを得ないことだが、これまでの研究は、ソ連の科学研究と原子力産業が後押しした研究が中心で、それに独立した科学者が一部貢献しているという状況にある。Anders Pape MøllerとTimothy A. Mousseauが、低線量放射線が動植物や人間に与える影響をめぐる研究について案内する。 ・・・・・・ メンフクロウやラット、人間、ムラサキツユクサやタマネギに関する研究は、いずれも、放射線の負の影響を有意に示している。 …

更新日:2013-02-24 20:36:18 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリと公衆衛生

1992年、チェルノブイリ事故の影響で子どもに甲状腺癌が起きていることが報じられ始めたとき[1]、放射線医学界は懐疑的だった[2][3]。懐疑論の中には確かに科学的な観点からのものもあったが(「ヨウ素131の発癌性は低い」)、そうでないものもあった。当時の曖昧な態度は、X線と甲状腺癌の関係をめぐるデータの再検討や、どれだけ多くの子どもが被曝したかの理解が進むにつれて解決した。この経緯は、科学的直感が判断を誤らせることについての訓話となっている。 こうした論争にかまけていなければ、より迅速な対策を取ることができた可能性がある。それにもかかわら…

更新日:2013-02-13 16:04:12 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

放射線の発癌性:チェルノブイリの教訓 / D. Williams

抄録 放射線は発癌物質である。DNAに作用し、様々な突然変異を引き起こす。放射線を照射された細胞は、また、ゲノム不安定性を示します。隣接する照射されていない細胞も同様である(バイスタンダー効果)。発癌に対してどのくらい影響があるかの解明はこれからの課題である。放射線の影響に関して現在わかっていることのかなりは、様々な悪性腫瘍を引き起こす原爆の全身被爆から得られた証拠に依拠している。これに対して、何百万人という人々がチェルノブイリ事故では降下物中の放射性同位体に晒され、その後20年間に甲状腺癌の発症が大幅に増え、乳癌の増加も被…

更新日:2013-02-01 09:37:13 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12