「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 低線量被曝

タグ検索結果 ~ 低線量被曝 5件中 1件~

低線量γ線への長期被曝による白血病リスクに関するメタアナリシス / R D Daniels, M K Schubauer-Berigan

抄録 背景: 毎年、40万人以上の作業者がある程度の放射線に被曝しており、放射線由来の白血病を発症するリスクが高くなっているかもしれない。長期の低線量被曝により白血病リスクが高まるかどうかははっきりしていない。 目的: 長期にわたる低線量電離放射線被曝と白血病の関係を検討するためにメタアナリシスを行った。 データ: 米国アカデミーと国連によるレビューが、2005年以前に出版された有益な研究に対して要約情報を提供している。PubMedとEmbaseを検索し、2005年から2009年に出版された職業被曝・環境関連の該当研究を入手した。 研究の選…

更新日:2013-03-19 13:00:48 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

1980年から2006年英国における自然放射線と小児白血病・その他の癌の発症に関する、記録を用いた症例対照研究 / Kendall, G. M. et al. 注目記事

小児癌と自然放射線の関連を検証するために、記録を用いた大規模な症例対照研究を行った。1980年から2006年に英国で生まれ癌を診断されたケース(27,447ケース)及び対応する癌でない対照群(36,793ケース)を国立小児腫瘍レジストリから抽出した。英国の全国データベースから子どもが生まれたときの母親の住所における放射線被曝量を、γ線の州平均及びラドンの地質学的境界によりグループ化した国内測定に基づく予測地図を用いて推定した。γ線骨髄累積被曝線量1ミリシーベルトあたり小児白血病過剰相対リスク(ERR)は12%であった(95%信頼区間 3, 22; 両側P=0.01)…

更新日:2013-02-26 11:46:06 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量被曝における発癌リスクの分析 / Sulun Hwangほか

コバルト60に汚染された鉄筋をつかって建てられたアパートから約10年の長期にわたり低線量のγ線被曝を受けた台湾人住民における発癌リスクへの放射線の影響を調査した。このグループの発癌リスクを、台湾における同じ時期、同じ地理的性格の住民と、年齢と性別で調整した標準化罹患比により比較した。標準化罹患比は、男性の慢性リンパ球性白血病を除くすべての白血病でアパート住民が有意に高く、また、女性の甲状腺癌で有意傾向にあった。すべての癌を合わせてみると、最初の被曝が30歳前の個人においては被曝に応じた有意な増加が見られたが、30歳以降の場合はそ…

更新日:2012-07-08 22:35:58 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故後低線量の電離放射線に長期慢性的に被曝してきたウクライナの患者において明細胞腎細胞癌の微小血管密度は高い / Romanenko AM, et al.

抄録 チェルノブイリ事故以降の25年間で、ウクライナにおける悪性腎腫瘍の罹病率は人口全体において10万人あたり4.7人から10.7人に増加した。我々の研究グループが行った最近の調査から、放射能汚染地域に継続的に暮らすウクライナ人患者における腎細胞癌(RCC)----なかでもとりわけ明細胞腎細胞癌(CCRCC)----の罹病率とaggressiveness、増殖活性は、いわゆる「慢性的低線量電離放射線」(CPLDIR)被曝の影響を受けた特定の分子変化により説明されることが示された。[抄録は後半がありますが、以下、略です] Romanenko AM, Ruiz-Saurí A, Morell-Quadreny L, …

更新日:2012-05-16 09:34:38 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 / Møller, Mousseau, de Lope, and Saino 注目記事

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 A. P Møller, [1]* T. A Mousseau, [2] F de Lope, [3] and N Saino [4] [1] Laboratoire de Parasitologie Evolutive, CNRS UMR 7103, Université Pierre et Marie Curie, Bât. A, 7ème étage, 7 quai Street Bernard, Case 237, 75252 Paris Cedex 05, France [2] Department of Biological Sciences, University of South Carolina, Columbia, SC 29208, USA [3] Departamento de Biología Animal, Facultad de Ciencias, Universidad de Extremadura, Avda. Elvas s/n, 06071 Badajoz, Spain [4] Dipartimento di Bio…

更新日:2012-02-06 08:09:04 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare