「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 論文抄録

タグ検索結果 ~ 論文抄録 39件中 1件~

12345

科学論文中に遺伝子名の誤りが数多く見られる / Mark Ziemann, Yotam Eren and Assam El-Osta

抄録 Microsoft Excelという表計算ソフトをデフォルト設定で使うと、遺伝子名が日付や浮動小数点数に変換されてしまうことが知られている。遺伝子関係の一流誌をプログラムによりチェックしたところ、エクセルによる遺伝子リストが付加されている論文の約5分の1に、遺伝子名が誤って変換されている事態が見られた。 Genome Biology201617:177 DOI: 10.1186/s13059-016-1044-7© The Author(s). 2016 2016年8月23日公開

更新日:2016-08-27 14:37:03 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故後の川内村における野生キノコの放射性セシウム濃縮 / Kanami Nakashima et al.

抄録 1986年に起きたチェルノブイリ原発事故以後の経験から、野生のキノコに放射性セシウムが濃縮される傾向があることはよく知られている。本研究で、我々は、東電福島第一原発から30キロ圏内にある福島県川内村で野生キノコを収集し、放射性セシウム濃縮度を測定して、地元住民の内部放射線被曝リスク推定を試みた。154のキノコのうち125個で、100Bq/kgを超える放射性セシウムが検出された。日本の市民の平均消費量である年間6278グラム(20歳以上で、1日17.2グラム)を基準に預託実効線量を算出したところ、0.11-1.60mSvとなった。汚染された食料を数回食べたとし…

更新日:2015-12-01 08:55:19 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電離放射線の低線量被曝は、脈管形成を活性化させることで、腫瘍の増殖と転移を促進する / Inês Sofia Valaほか

抄録 放射線療法は癌に対する診療の一つとして広く用いられている。しかしながら、最近の証拠は、分割放射線療法の際に腫瘍標的組織に照射された電離放射線(IR)の被曝が、腫瘍の侵食と転移を促す可能性があることを示している。さらに、外部放射線治療では、対象となっている組織に対するダメージを避けるために、放射線を複数ヶ所から腫瘍に照射するため、腫瘍箇所周囲の組織も、腫瘍内部に対するよりは低い線量の放射線に被曝する。腫瘍周辺の健康な組織、とりわけ脈管構造に対する低線量IRの生物学的な影響はあまりわかっていない。我々は、0.8グレイ以下の線量…

更新日:2015-10-31 06:54:35 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島のツバメの数と遺伝的損傷 / A. Bonisoli-Alquati他

東京電力福島第一原発の事故で放出された放射性核種の分布について評価ないしモデル化した研究は少なからず存在する。しかしながら、それが周囲の生物相にどのような影響を及ぼしたかを調査した研究はほとんどない。我々は、ツバメ(Hirundo rustica)の巣雛が低線量の電離放射線に被曝したことで赤血球に対する遺伝子損傷が増加しているかどうかを調べた。我々は、熱ルミネッセンス線量計を用い、また、巣に使われている物質の放射線を計測することで、外部被曝を推定した。次に、中性コメット試験により、DNA損傷を評価した。さらに、異なる放射線濃度の地域において…

更新日:2015-05-29 09:16:41 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

屋内でのラドン被ばくによる肺がんリスク:ラドン濃度の低減でどれだけ予防できるか? / Gösta Axelsson, Eva M. Andersson, Lars Barregard

抄録 目的 住居でのラドン被ばくは、喫煙に次ぐ第二位の肺がん原因であると考えられている。本研究の目的は、スウェーデンの住居においてラドン被ばくを低減することで予防できる肺がんを量的に予測することにある。 方法 屋内のラドン濃度については、1990年と2008年に、それぞれ8992軒、1819軒の住居に対して行われた全国調査が利用できる。これは、スウェーデンの住居を代表する標本と見なすことができる。これらのデータを、スウェーデンの住居におけるラドンの分布を推定するために用いた。肺がんのリスクは、屋内の空中ラドン100ベクレル/立方メートル(B…

更新日:2015-02-21 10:06:07 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故後の筑波におけるエアロゾル中の放射性セシウム及び放射性ヨウ素の化学形 / Sheng Xu, et al.

抄録 2011年の東電福島第一原発事故直後に筑波でエアロゾル標本を収集し、放射性セシウムと放射性ヨウ素の化学形を分析し、放出後の化学的振舞いと同位体比を調査した。セシウム134とセシウム137のほとんど(53-91%)は有機物質と結合しており、一部(5-15%)は水溶性の粒子であった。無機物のままの状態であった放射性セシウムはほとんどなかった。このパターンから、セシウムを含む粒子の主なキャリアは硫酸塩と有機物質であることが伺える。エアロゾル標本中のヨウ素129は可溶性無機ヨウ素(I-及びIO3-)、可溶性有機ヨウ素、固定ヨウ素として様々な比率で存在し…

更新日:2014-12-26 09:12:58 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリと福島における動物の遺伝学的・生態学的研究 / Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller

抄録 チェルノブイリおよび福島における野生動物群を対象とした遺伝子研究および生態学的研究は、放射性汚染物質への暴露がもたらす遺伝子上の影響、生理学的影響、発達上の影響、適応上の影響を有意に示している。チェルノブイリで行われたいくつかの遺伝子研究は、概ね、遺伝子損傷と突然変異率が上昇していることを示している。調査対象となった主な分類上の群(鳥類、蜂、蝶、バッタ、トンボ、蜘蛛、哺乳類)すべてにおいて、高線量のチェルノブイリの立ち入り禁止区域で個体数の減少が見られる。福島では、鳥類、蝶、蝉の個体数調査により、放射性汚染物質への暴…

更新日:2014-09-20 09:32:01 eengine   8   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故の帰結:人間以外の生物種に対する放射線の生物学的影響 / Tomoko Y. Steen and Timothy Mousseau

東京電力福島第一原発が2011年3月にメルトダウン事故を起こしてから3年が経過した。25年前の1986年4月、同じく国際原子力事象評価尺度でレベル7の悲劇的な事故がウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で発生した。チェルノブイリ事故後、生物学者が生物学のために標本とデータを収集することができるようになったのは、かなりの時間を経た後のことであった。生物学的研究の開始が遅れたために、電離放射線が生態系と住民に及ぼす影響に関する重要な情報が失われてしまった。同様の問題を繰り返さないよう、日本の生物学者たちは、国際社会の同僚の協力のもとで、2011…

更新日:2014-08-29 09:12:54 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12345