「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

taro

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 放射能汚染

タグ検索結果 ~ 放射能汚染 7件中 1件~

東電福島第一原発事故後の放射性物質の分析 / Fei Tuo, et al.

抄録 HPGeγ分光法を用いて全118サンプルを分析した。事故後22日間に収集したエアロゾルサンプルから、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、セシウム136をそれぞれ1720µBq/m^3、247µBq/m^3、289µBq/m^3、23µBq/m^3検出した。ヨウ素131は雨水と土壌サンプルでも検出されただけでなく、2011年4月2日から13日に収穫された野菜でも測定され、0.55~2.68Bq/kgの値を取った。牛乳、飲み水、海水、海中生物相サンプルからはヨウ素131は検出されなかった。 Fei Tuo, Cuihua Xu, Jing Zhang, Qiang Zhou, Wenhong Li, Li Zh…

更新日:2013-04-16 20:25:10 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ25年後の生態系への影響:送粉者、結果率、再生 / A. P. Møller, F. Barnier, T. A. Mousseau

抄録 動物は、結実率、種子摂食、種子散布、植物群落維持に影響を与えることを通して、生態系の機能に重要な役割を果たすとされている。しかしながら、地理的に広範な地域を対象に、動物の個体数不足が、結実率、種子摂食、種子散布に与える影響を調べた研究はない。我々は、ウクライナのチェルノブイリ周辺において授粉を行うマルハナバチと蝶が前例のないほど少ないこと----放射線が送粉者の個体数に影響を与えていることに関係している----に着目し、送粉者の個体数が生態系に及ぼす影響を検証した。放射線量が高い地域では、授粉を司る昆虫はかなり少ない。昆虫に…

更新日:2012-09-12 10:04:14 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島の鳥類個体数を、チェルノブイリとの比較で評価する / Møller, A. P. et al.

福島の鳥類個体数を、チェルノブイリとの比較で評価する Møller, A.P., Hagiwara, A., Matsui, S., Kasahara, S., Kawatsu, K., Nishiumi, I., Suzuki, H., Ueda, K., Mousseau, T.A. Environmental Pollution , 164, pp. 36-39, 2012. 福島県でよく見る鳥の個体数に対する放射線の影響は、チェルノブイリにおける放射線の影響から評価できる。・・・・・・福島とチェルノブイリに共通する14種の鳥の分析から、放射線が個体数に負の影響を及ぼすことが明らかになったが、影響の度合いは地域と種によって異なる。同じ14種の鳥について、個体数と放射線の関係…

更新日:2012-03-07 11:26:40 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ周辺の鳥類は脳が小さい / Anders Pape Møller and Timothy A. Mousseau

抄録 背景 チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染された地域の動物は、酸化ストレスの増大と抗酸化物質の減少を経験している。そのため、通常の神経系発達が阻害されることがあり、それは、人間における発達上の障害や脳サイズの減少事例の増加、認識能力の損傷などに現われている。心理的影響と放射線の関連については、人間の心的外傷後ストレスの問題として説明がなされることもある。 方法/主な結果 本研究では、心的外傷後ストレスがない場合でも、相対的な脳サイズとバックグラウンド放射線量とに負の相関があるのではないかという予測を検証する…

更新日:2012-01-27 10:30:41 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島第一原発からのキセノン133とセシウム137の放出【プラスNatureNewsによる紹介】 / A・ストール他

Atmos. Chem. Phys. Discuss., 11, 28319-28394 www.atmos-chem-phys-discuss.net/11/ 28319/2011/2011 doi:10.5194/ acpd-11-28319-2011 © Author(s) 2011. 本論文は、クリエイティブコモンズ3.0表示ライセンスで提供される。 福島第一原発からのキセノン133とセシウム137の放出:ソースターム、環境への広がり、沈着の確定 著者:A. Stohl [1], P. Seibert [2], G. Wotawa [3], D. Arnold [2,4], F. Burkhart [1], S. Eckhardt [1], C. Tapia [5], A. Vargas [4], and T. J. Yasunari [6] [1] NILU-ノルウェー大気研究所・ノルウェー・ケーラー [2] 天然資…

更新日:2011-10-28 15:11:05 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故から20年後の昆虫と蜘蛛の減少 / Anders Pape Møller and Timothy A. Mousseau

低線量放射線が動物の個体数に及ぼす影響についての理解は進んでいない。我々は、標準化スポットセンサスとライントランゼクト法を用いて、チェルノブイリ周辺の、バックグランド放射線量が4桁違う森林地域を対象に、マルハナバチ、蝶、バッタ、トンボ、蜘蛛の巣の調査を行った。無脊椎動物の個体数は放射線量が多いと減少することが、土壌、生息地、植生の高さといった要因を統制した上でも、認められた。調査地域間でよりも同一調査地域内において放射線量が違う場合により強い効果が認められたことから、チェルノブイリ事故で放出された放射線の動物に対する環境的…

更新日:2011-10-19 16:21:27 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの野生生物に対する放射能汚染の影響に関する一描写 / Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller

1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故で大量の放射性物質が放出され、20万平方キロにわたる土地がひどく汚染された。IAEAが中心となってまとめたチェルノブイリ・フォーラム・レポートは、野生生物に対する放射線の影響は人間の生活に対する影響と比べると無視できるほど小さいことを示唆しているが、この立場は、2006年にレポートが発表されたときより前の非常に限られたデータに依拠していた。汚染地域の野生生物の状況については2005年以降に包括的な研究が進められており、それ以来、研究の結果、鳥類、昆虫、蜘蛛、哺乳類の大幅な減少が明らかになっている。こ…

更新日:2011-08-29 23:33:56 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare