「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ チェルノブイリ

タグ検索結果 ~ チェルノブイリ 22件中 1件~

123

チェルノブイリと福島における動物の遺伝学的・生態学的研究 / Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller

抄録 チェルノブイリおよび福島における野生動物群を対象とした遺伝子研究および生態学的研究は、放射性汚染物質への暴露がもたらす遺伝子上の影響、生理学的影響、発達上の影響、適応上の影響を有意に示している。チェルノブイリで行われたいくつかの遺伝子研究は、概ね、遺伝子損傷と突然変異率が上昇していることを示している。調査対象となった主な分類上の群(鳥類、蜂、蝶、バッタ、トンボ、蜘蛛、哺乳類)すべてにおいて、高線量のチェルノブイリの立ち入り禁止区域で個体数の減少が見られる。福島では、鳥類、蝶、蝉の個体数調査により、放射性汚染物質への暴…

更新日:2014-09-20 09:32:01 eengine   8   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの鳥類におけるアスパーミ、精液品質と放射線 / Møller AP, et al.

抄録 背景 チェルノブイリ原発事故のあと、大量の放射性核種が環境に放出され広まった。汚染地域に生きる生物は、配偶子の量的減少や質的劣化などを含め、適応コストの被害を被っていると予想される。 方法/主な結果 我々は、ウクライナのチェルノブイリ周辺で、放射線量が3桁以上異なる地域で繁殖している野鳥を捕獲し、精液を調べることで、アスバーミと精液品質が放射能汚染の影響を受けているかどうかを調査した。アスパーミの雄鳥の数は、放射線量に応じて対数的に増加していた。汚染地域の雄では18.4%が無精子状態だったのに対し、非汚染地域の統…

更新日:2014-07-10 15:34:08 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェコ共和国の森林生態系におけるキノコ中のセシウム137の長期モニタリング / Skrkal J, et al.

抄録 本論文では、1986年から2011年にチェコ共和国で行った森林のキノコに対する質量放射能濃度調査の結果を報告する。セシウム137の推定実効半減期 と環境半減期(実効半減期から物理半減期効果を引いたもの)は、それぞれ、5.6±0.6年、6.9±0.7年だった。チェコ領内におけるセシウム137の表面汚染と菌類の種類によるセシウム137蓄積力の違いによる非均一性は、チェルノブイリ事故後毎年測定した質量放射能濃度において、最大で10の4乗の開きがあった。セシウム137の質量放射能濃度幾何平均(乾燥重量1kgあたりのBq)が最も高かったのは、ヌメリイグチ科(1050Bq/kg)…

更新日:2013-07-16 08:41:05 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ベルギー代表団、怒りを表明。UNSCEAR報告書は「東電福島原発事故の影響を矮小化している」と / Marc Molitor

国連で核事故及び放射線の影響を評価する任務を負う組織であるUNSCEAR(国連原子放射線に関する科学委員会)で議論が続いている。最近、UNSCAREは、ウィーンで開催された会議に参加する各国の専門家による議論に向けて、方向書をまとめた。この報告書に対して、ベルギーの使節団は、強い憤りを表明した。「東電福島原発事故の影響をできるだけ矮小化するためにあらゆることがなされているようだ。チェルノブイリの教訓や他の研究の教訓の前にまで逆行してしまった感さえある。」 次の文章は、「La délégation belge comprend plusieurs experts du centre d’étude de…

更新日:2013-07-11 13:26:37 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ原発事故作業員に見られる循環不全脳病症の脳の生体電気活動と高血圧 / Podsonnaia IV, Efremushkin GG, Zhelobetskaia ED.

抄録 循環不全脳病症と高血圧を伴うチェルノブイリ原子力発電所事故作業員を対象に、電離放射線が脳生体電気活動に及ぼす長期的影響を調べた。対象としたのは、循環不全脳病症の診断を受けた30歳から65歳までの195人の男性患者で、脳波検査を用いた。105人はチェルノブイリ原発事故作業員(主群)、90人は被爆既往歴なし(対称群)である。チェルノブイリ原発事故作業員における循環不全脳病症の発症は、主として間脳及び皮質構造の機能不全と関連付けられることがわかった。循環不全脳病症を伴う作業員に見られる脳機能上の特異的な異常は、低振幅・低周波のアルフ…

更新日:2012-12-21 14:49:04 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ作業員は白血病リスクが有意に増大 / カリフォルニア大学サンフランシスコ校

旧ソ連のウクライナで1986年に起きたチェルノブイリ原発事故後作業にあたった11万645人の作業員を追跡する20年にわたる研究の結果、作業員に白血病発症の有意なリスク増加が見られることがわかった。この結果は、CTスキャンなどをはじめとする医療診断放射線による低線量の放射線被曝の発がんリスクを科学的に理解する一助となるかもしれない。

更新日:2012-11-09 09:17:11 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ作業員における放射線と慢性リンパ性白血病をはじめとする白血病リスク / Lydia B. Zablotska et. al

抄録 背景: 高線量の電離放射線に急性被曝したことによる諸種の白血病リスクは良く知られているが、慢性的被曝によるリスク、および放射線と慢性リンパ性白血病(CLL)の関係についてははっきりしていない。 目的: 低線量電離放射線の長期にわたる被曝によるCLL及び非CLLの相対リスクを推定する。 方法: 1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所事故の作業員11万645人からなるコホートにおけるコホート内症例対照研究を行った。1986年から2006年に白血病と診断されたケースについて、血液医・血液病理医のグループで確認した。統制群は、居住地と生年でケー…

更新日:2012-11-09 08:40:05 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ・リキデータの甲状腺癌リスク / Kesminiene A 他

抄録 1986年のチェルノブイリ事故以来、「リキデータ」すなわち清掃作業者たちは、甲状腺に対する外部被曝線量をもっとも高く受けたグループである。吸入や経口摂取により放射性ヨウ素に被曝している。ベラルーシとロシア、バルト諸国のリキデータのコホート内で共同症例対照研究を行い、甲状腺癌に対する放射線のリスクの評価を行った。研究では107のケース、対照群423人である。各被験者ごとに、外部被曝およびヨウ素131((131)I)からの甲状腺被曝線量を推定した。ほとんどの被験者の被曝量は低かった(中央値は69mGy)。総甲状腺被曝量に関して、統計的に有意な…

更新日:2012-09-27 10:15:42 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123