「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

mayuko

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 被曝

タグ検索結果 ~ 被曝 9件中 1件~

12

核医療従事者における慢性低線量電離放射線被曝の遺伝毒性効果 / Sahin A. et al.

序 :核医療従事者は職業上、慢性的に電離放射線に被曝していう。電離放射線は染色体を損傷することが知られている。本研究では、核医療従事者に対する電離放射線の遺伝毒性効果を調査した。遺伝毒性の指標として、姉妹染色分体交換(SCE)と小核(MN)の二つを用いた。 方法 :21人(女性11人・男性10人)の核医療従事者を対象とし、通常の勤務状態のときと1カ月の休暇後という二つの時期に調査を行った。線量は、1.20mSvから48.56mSvで、二つの休暇に挟まれた勤務期間中に累積した量である。末梢血の標本を各研究協力者から得て各期間において、二種類のリンパ球…

更新日:2014-04-26 08:25:24 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの鳥類における白内障発症頻度の上昇 / Mousseau TA, Møller AP

抄録 背景 放射線白内障は電離放射線が水晶体の発達に影響を及ぼして不透明なものにするために視力が低下したり視力を失ったりするものである。そのため、白内障は野性動物の健康悪化と関係していると考えられる。 方法/基本的な結果 チェルノブイリ地域の野性の鳥類1100尾以上について、白内障に典型的な水晶体の混濁ケースを、バックグランド放射線との関係で調査した。白内障のケースは、白内障程度の二分スコアに基づく分析でも、連続スコアによる分析でも、バックグラウンド放射線量に従って増加した。説明変数の単位変化に対するオッズ比は0.722(9…

更新日:2013-08-31 14:18:37 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランス原子力労働者コホートにおける慢性電離放射線被曝に関連する白血病リスク / Metz-Flamant C. 他

抄録 電離放射線に対する比較的高い線量の急性被曝後に観察されるガンへの影響として白血病は、初期から認められるものの一つである。本研究では、フランス原子力委員会(CEA)および核燃料社(AREVA NC)における低線量及び低線量率での外部被曝後の白血病による死亡率を10年の追加フォローアップ期をおいて調査したものである。コホートは、1950年から1994年に少なくとも1年間、CEAかAREVA NCで働いていた、被曝モニタリングをしていた労働者で、1968年から2004年の間に追跡調査を受けた人である。外部被曝と白血病死亡率の相関を過剰総体リスク(ERR)モデルで推定…

更新日:2013-06-08 10:23:51 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

被曝と乳がん:チェルノブイリの教訓 / Ogrodnik A, Hudon TW, Nadkarni PM, Chandawarkar RY

抄録 東電福島原発事故から2年を経て、チェルノブイリ事故から学んだ教訓はますます重要なものになってきた。歴史的に見ると、27年前のチェルノブイリ原子炉事故からのデータは甲状腺癌と強い相関関係を示しているが、チェルノブイリ由来の放射線の乳がん発生に対する影響は決定的でない状況だった。我々は、チェルノブイリ事故時から2010年12月までに出版されたチェルノブイリ事故の乳がん発生に対する影響を扱った文献をMedlineとScopusを用いてレビューした。その結果、データの制限や統計的な不備の問題が示唆された。データ収集における不具合といった要因のため…

更新日:2013-05-23 21:39:38 eengine   9   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量被曝における発癌リスクの分析 / Sulun Hwangほか

コバルト60に汚染された鉄筋をつかって建てられたアパートから約10年の長期にわたり低線量のγ線被曝を受けた台湾人住民における発癌リスクへの放射線の影響を調査した。このグループの発癌リスクを、台湾における同じ時期、同じ地理的性格の住民と、年齢と性別で調整した標準化罹患比により比較した。標準化罹患比は、男性の慢性リンパ球性白血病を除くすべての白血病でアパート住民が有意に高く、また、女性の甲状腺癌で有意傾向にあった。すべての癌を合わせてみると、最初の被曝が30歳前の個人においては被曝に応じた有意な増加が見られたが、30歳以降の場合はそ…

更新日:2012-07-08 22:35:58 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの影響を受けたウクライナの子どもたちにおけるセシウム137被曝と肺活量 / Erik R. Svendsen et al.

抄録 背景 1986年にチェルノブイリ原発事故が起きてから、事故で汚染されたウクライナのナロディチェスキー地区の子どもたちは、毎年、健康診断を受けることを義務付けられた。子どもたちは、汚染された土壌、空気、食物から、セシウム137(137Cs、半減期約30年)の被曝を受けてきた。 目的 我々は、「自然実験」のアプローチと長期的前向きコホート研究デザインを採用し、415人の子どもについて、1993年から1998年まで1888回繰り返し行った測定結果を用いて、土壌の137Csと肺活量との関係を調べた。 方法 村ごとの基準土壌137Cs測定値平均を被曝の指標として…

更新日:2012-04-28 08:14:23 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

長期的な低線量被曝による相対発癌リスク推定:1983年から2005年のフォローアップ / Hwangag, et. al.

抄録 コバルト60に汚染された鉄筋をつかって建てられたアパートから長期にわたる低線量のγ線被曝を受けた台湾人住民のコホートにおける発癌リスクへの放射線の影響を調査し、放射線に被曝した他のコホートとリスクを比較した。分析は、コホート集団のより包括的なフォローアップに基づいており、そこでは、1983年から2005年のあいだに、推定平均48 mGyの超過累積被曝を受けた6242人の中で117の発癌ケースが見られた。ケースは、台湾の全国癌登録に基づき同定された。発癌リスクに対する放射線の影響は、比例ハザードモデルを用いて推定され100-mGyの被曝増加に対す…

更新日:2012-04-19 16:00:09 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

放射線のリスク概説

放射線のリスク概説 ジェフリー・J・パターソン、オステオパシー医学博士、社会的責任を果たす医師たち(PSR)前会長 2011年4月17日 『福島とチェルノブイリの教訓』から抜粋 日本における東京電力原発事故を契機に、放射能の安全性をめぐる問題が、再び人々の関心事項となった。 放射線被曝の問題を考えるためには、基本的な原則がいくつかある。第一に、放射線被曝に「安全」あるいは無害なレベルというものは存在しない。第二に、私たちは誰もが放射線に晒されている。一つは自然放射線(バックグランド)で人類もその環境で進化した。もう一つは、医療放射線…

更新日:2011-05-02 14:44:13 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12