「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 原発事故

タグ検索結果 ~ 原発事故 30件中 9件~

1234

チェルノブイリと公衆衛生

1992年、チェルノブイリ事故の影響で子どもに甲状腺癌が起きていることが報じられ始めたとき[1]、放射線医学界は懐疑的だった[2][3]。懐疑論の中には確かに科学的な観点からのものもあったが(「ヨウ素131の発癌性は低い」)、そうでないものもあった。当時の曖昧な態度は、X線と甲状腺癌の関係をめぐるデータの再検討や、どれだけ多くの子どもが被曝したかの理解が進むにつれて解決した。この経緯は、科学的直感が判断を誤らせることについての訓話となっている。 こうした論争にかまけていなければ、より迅速な対策を取ることができた可能性がある。それにもかかわら…

更新日:2013-02-13 16:04:12 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

放射線の発癌性:チェルノブイリの教訓 / D. Williams

抄録 放射線は発癌物質である。DNAに作用し、様々な突然変異を引き起こす。放射線を照射された細胞は、また、ゲノム不安定性を示します。隣接する照射されていない細胞も同様である(バイスタンダー効果)。発癌に対してどのくらい影響があるかの解明はこれからの課題である。放射線の影響に関して現在わかっていることのかなりは、様々な悪性腫瘍を引き起こす原爆の全身被爆から得られた証拠に依拠している。これに対して、何百万人という人々がチェルノブイリ事故では降下物中の放射性同位体に晒され、その後20年間に甲状腺癌の発症が大幅に増え、乳癌の増加も被…

更新日:2013-02-01 09:37:13 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島原発事故前後における都市ごみ焼却灰中の放射性核種

抄録 福島原発事故(2011年3月11日)前後の都市ごみ焼却灰中の放射性核種をγ線分光法により調査した。福島原発から西南西約1200キロにある北九州で、2006年4月から2007年3月および2011年3月から2011年10月の二期について焼却灰サンプルを収集した。原発事故前(~2011年2月)の焼却灰では、(40)K、(137)Cs、(208)TI、(212)Pb、(214)Pb、(212)Bi、(214)Bi、(228)Acが検出された。事故後(2011年3月~)の焼却灰中には、これら8核種に加えて(134)Csが検出された。2011年8月の一次飛灰に(134)Csと(137)Csの最大濃度が観察されたため、これに対して加水抽出を用いた改良Te…

更新日:2013-01-15 13:06:26 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ原発事故作業員に見られる循環不全脳病症の脳の生体電気活動と高血圧 / Podsonnaia IV, Efremushkin GG, Zhelobetskaia ED.

抄録 循環不全脳病症と高血圧を伴うチェルノブイリ原子力発電所事故作業員を対象に、電離放射線が脳生体電気活動に及ぼす長期的影響を調べた。対象としたのは、循環不全脳病症の診断を受けた30歳から65歳までの195人の男性患者で、脳波検査を用いた。105人はチェルノブイリ原発事故作業員(主群)、90人は被爆既往歴なし(対称群)である。チェルノブイリ原発事故作業員における循環不全脳病症の発症は、主として間脳及び皮質構造の機能不全と関連付けられることがわかった。循環不全脳病症を伴う作業員に見られる脳機能上の特異的な異常は、低振幅・低周波のアルフ…

更新日:2012-12-21 14:49:04 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発北西37キロ地点住民の放射線被曝線量 / 鎌田七男他

抄録 2011年3月11日、東北地震と津波による損害の結果放射性プルームを放出した東電福島第一原子力発電所の北西約37キロ地点に住んでいた住人15人の外部被曝と内部被曝の線量を推定した。外部被曝線量を推定するために、各人住居周辺の空間線量率を測定し、沈着後最大54日間の積算実効線量を算出した。預託実効線量を推定するために、沈着後54日および78-85日に低バックグランドGeスペクトロメータで尿のバイオアッセイを行った。平均積算実効線量は成人で8.4mSv、子どもで5.1mSvだった。セシウム134及びセシウム137の平均預託実効線量は、成人で0.055mSv…

更新日:2012-11-11 09:21:25 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ25年後の生態系への影響:送粉者、結果率、再生 / A. P. Møller, F. Barnier, T. A. Mousseau

抄録 動物は、結実率、種子摂食、種子散布、植物群落維持に影響を与えることを通して、生態系の機能に重要な役割を果たすとされている。しかしながら、地理的に広範な地域を対象に、動物の個体数不足が、結実率、種子摂食、種子散布に与える影響を調べた研究はない。我々は、ウクライナのチェルノブイリ周辺において授粉を行うマルハナバチと蝶が前例のないほど少ないこと----放射線が送粉者の個体数に影響を与えていることに関係している----に着目し、送粉者の個体数が生態系に及ぼす影響を検証した。放射線量が高い地域では、授粉を司る昆虫はかなり少ない。昆虫に…

更新日:2012-09-12 10:04:14 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

場所ごとの被曝線量推定

本ページ は、2011年3月12日から2011年5月11日までという、もっとも大きな被曝を被った可能性のある時期について、場所ごとの大人と子どもの被曝線量推定を示すものである。関心がある方々に利用してもらいたい。 場所ごとの被曝線量推定の値を得るためには、まず、2011年3月12日から5月11日までの期間のうちいちばん長くあなたや家族が滞在した場所に最も近いところにある「Dose Information Available」(被曝線量情報有)のアイコンをクリックしてから、当てはまる被曝カテゴリーを選んでほしい。あるいは、「Table View」(表閲覧)ボタンをクリックすると、場所…

更新日:2012-09-07 10:18:41 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

報告書:福島の放射線で1000人を超す犠牲者が出る可能性 / ジェイソン・ケブラー

2012年7月17日 スタンフォード大学の研究者が行った新たな研究によると、昨年、東京電力福島第一原発が起こした事故による放射線被曝のために、将来的に、最大1300人の人が癌で死ぬ可能性があり、2500人が非致死的な癌にかかる恐れがあるという。 今年3月、オックスフォード大学のある教授が「福島の放射線による死者はこれまで出ておらず、今後50年を考えたところで死者はでそうもない」と述べた。しかし、スタンフォード報告書の共同執筆者であるマーク・ジェイコブソンは、それは正しくないと述べる。 「死者ゼロということはないでしょう」とジェイコ…

更新日:2012-07-18 12:07:06 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
1234