「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 原発事故

タグ検索結果 ~ 原発事故 30件中 25件~

1234

スコットランドの養羊農家、ようやくチェルノブイリ事故の放射性降下物から解放される / スティーブ・コナー(英インディペンデント紙)

2010年7月7日 24年前、イギリスから1300マイル離れた場所で起きた事故だった。それにもかかわらず、スコットランドの養羊農家にとって、チェルノブイリ事故の放射性降下物をめぐる問題は、ようやく今、終わったところだった。 多くの養羊農家を食品基準庁(FSA)の監視下に置くことになった放射性物質をめぐる問題から、養羊産業はついに解放されたとの発表は、「天国に来たような解放感」とともに大歓迎を受けた。スコットランドには、この24年間、厳重な検査と政府の事前承認なしには家畜を屠殺も、販売も、移動もできない養羊業者がいたのである。 [以下略。…

更新日:2012-03-22 14:14:05 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本の震災により日本の公衆衛生も失墜 / CMAJ NEWS(バーバラ・シバルドからのファイルとローレン・フォーゲル) 注目記事

"隠蔽工作の文化"と不十分なクリーンアップ活動が組み合わさって、昨年の福島第一原子力発電所の原子炉のメルトダウンの後9ヶ月たっても、日本人は"不当"な健康上のリスクにさらされていると、健康の専門家は述べている。 日本政府は、原発プラントが実質的に安定状態であると宣言しているが、一部の専門家は、政府が放射性降下物で汚染されていると認めているより、より広い地域から人々が避難することを呼びかけている。 彼らはまた、一般の人々のための国際的に承認された放射能暴露限度に戻すよう日本政府に呼びかけており、透明でタイムリーかつ包括的なコミュ…

更新日:2012-01-16 09:26:25 kyo   11   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

メルトダウンは「減速ゾーン」:原子力ギャングの再編成 / カール・グロスマン

2011年6月29日 東京電力福島第一原発災害が収束しない中、核ギャングたち、すなわち原子力産業の親玉連そして米国議会とオバマ政府の核推進メンバーたちが、先週(6月後半)ワシントンDCで新たな原子力発電所建設を推進するための2日にわたる「サミット」を開催した。 原子力発電「ルネッサンス」推進に東電原発事故が与えた影響に関する彼らの結論:東電の事故は単なる「減速ゾーン」にすぎない・・・この「新原子力エネルギー特別サミット」の参加者が述べた言葉である。 原子力発電所向け燃料に使われる六フッ化ウランの生産に携わるConverDyn社のCEO兼会長ガン…

更新日:2011-08-03 09:35:21 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

祝えない子供の日:日本の原発破局 / ロバート・アルバレス

最近、日本政府が冷酷に下した決定により、何千人もの子どもたちが危険に晒されている。 5月5日は子供の日、日本では子どもの幸せを祝う国民の祝日である。今年の子供の日には、暗い放射線の影が落ちることになった。 東京電力の福島第一原子力発電所原子炉が壊れ、そこから出た放射性物質の軌道に暮らす日本の子どもたちは健康上の問題を抱える可能性が高まったが、最近、日本政府が下した決定はその危険性をさらに悪化させるものである。 4月19日、日本政府は、福島県の学校と校庭における放射線被曝限度を大きく緩和し、年間20ミリシーベルトとした。日本の子ど…

更新日:2011-05-22 20:44:01 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本の原発事故を受け、豪アボリジニがウラン採掘を認めない方針

シドニー発・キャシー・マークス 2011年4月14日 3月に起きた地震と津波のあと、東京電力の原発が放射線を施設外に漏らし始めてから、多くの人が事態を狼狽しつつ見守っている。オーストラリアのノーザンテリトリーに暮らすアボリジニであるミラーの人々もそうである。ミラーの人々は、自分たちの土地でのウラン採掘から得られる膨大な収入を放棄して、ウラン採掘を制限する決意でいる。 ・・・ 同地域の長老イヴォンヌ・マルガルラは、国連事務総長潘基文に手紙を書き、日本の苦しみにミラーの人々は深い同情を寄せていると述べるとともに、原子力非常事態への憂慮…

更新日:2011-04-29 09:41:49 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

炉心溶融:単なるメタファーではなく / ジョセフ・スティグリッツ

既得権益の存在により、金融システムも原子力産業も、必然的にリスクを過小評価してしまう。 日本で起きた地震の影響----中でも特に、現在も続いている福島原発の危機----は、世界を大不況に陥れたアメリカの金融危機を見守ってきた人々にとって不気味な追体験のようになっている。この二つの出来事は、いずれも、リスクについて厳しい教訓を私たちにもたらし、市場と社会がリスク管理に大きく失敗したという事実を実感させる。 もちろん、2万5000人以上の人々が亡くなられたか行方不明となっている震災の悲劇と、そうした深刻な物理的被害をもたらすわけではない金…

更新日:2011-04-09 09:59:52 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
1234