「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 原発事故

タグ検索結果 ~ 原発事故 30件中 17件~

1234

フクシマがチェルノブイリ以上の大惨事である理由と米国からの警告 / ロバート・アルバレス

2012年5月4日 世界最悪の原発事故が起きてから、マスコミは、福島第一原発が日本や世界各地にもたらす危険性の大きさにようやく気づき始めたところである。日本政府の元高官たちや原子力専門家、そして今や米国上院議員も繰り返し警告しているため、水槽に保管されている使用済核燃料は、原子炉が破壊されていることもあって、溶融した炉心よりも敷地外への潜在的な影響が大きいのではないか、とマスコミも理解しつつある。 最近現場を訪れたロン・ワイデン上院議員(オレゴン州選出、民主党)は駐米日本大使に、「これらのプールを封じ込めることができなくなると、…

更新日:2012-06-07 13:24:42 ozawa   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

原子炉の破滅的事故が次に起きる可能性は考えているよりはるかに高い / J・D・ヘイズ

(NaturalNews) 1986年に起きたチェルノブイリ原子炉のメルトダウン、そしてより最近では、昨年、津波【訳注:地震そのものも】を原因として起きた東京電力福島第一原発の事故を覚えていますか? 今回、新たな研究により、そうした破滅的事故が起きる確率はこれまで考えられてきたよりもはるかに高いことが示されました。 現在、世界では440の原子炉が運転されており、60の新規運転が計画されています(そのうち、原子力エネルギー協会によると、米国では、運転中の原子炉104基があり、5基が建設中、原子力規制委員会が10基の新規設置申請を検討中です)。ドイツにあ…

更新日:2012-06-03 22:35:27 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ドイツ、太陽光発電量の新記録とシンクタンク発表 / エリック・キルシュバウム

2012年5月26日(土) ベルリン ロイター通信発。ドイツの太陽光発電施設が、金曜日(25日)と土曜日(26日)の昼、一時間22ギガワットの世界記録を達成、原発20基のフル稼働に相当すると、再生可能エネルギー関係シンクタンク代表が発表。 【フェアユースの範囲内で冒頭の概要だけ紹介。関西電力も、大飯原発再稼働は電力供給には関係ないと漏らしていますが、原発分は再生可能エネルギーで十分まかなえそうなことがどんどん明らかになってきています。福島原発事故の経緯も明らかになっていない中、事故に対してかなりの責任を負う人々が中心になって進めようとし…

更新日:2012-05-29 17:42:29 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ポット型浄水器は福島第一原発事故で汚染された雨水に含まれるI131、Cs134、Cs137をどのくらい効率的に除去できるか? / 桧垣正吾・廣田昌大

抄録 東電福島第一原発事故により環境中に放出された大量の放射性核種により雨水は汚染された。数カ所の浄水場で飲料水のI131による汚染が検出され、日本では水の汚染が問題視されることになった。本研究では、簡単に手に入る浄水器二種における除染効率を、I131、Cs134、Cs137で汚染された雨水を使って調べた。これらの浄水器は、一回の濾過でI131を94.2%から97.8%、Cs134とCs137を84.25から91.5%除去できた。濾過を7回繰り返すことで、I131は98.2%から99.6%、Cs134とCs137は98.0%除去できた。濾過を3回繰り返して以降は、大きな改善はみられなかったので、現…

更新日:2012-05-24 11:52:11 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故後低線量の電離放射線に長期慢性的に被曝してきたウクライナの患者において明細胞腎細胞癌の微小血管密度は高い / Romanenko AM, et al.

抄録 チェルノブイリ事故以降の25年間で、ウクライナにおける悪性腎腫瘍の罹病率は人口全体において10万人あたり4.7人から10.7人に増加した。我々の研究グループが行った最近の調査から、放射能汚染地域に継続的に暮らすウクライナ人患者における腎細胞癌(RCC)----なかでもとりわけ明細胞腎細胞癌(CCRCC)----の罹病率とaggressiveness、増殖活性は、いわゆる「慢性的低線量電離放射線」(CPLDIR)被曝の影響を受けた特定の分子変化により説明されることが示された。[抄録は後半がありますが、以下、略です] Romanenko AM, Ruiz-Saurí A, Morell-Quadreny L, …

更新日:2012-05-16 09:34:38 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの影響を受けたウクライナの子どもたちにおけるセシウム137被曝と肺活量 / Erik R. Svendsen et al.

抄録 背景 1986年にチェルノブイリ原発事故が起きてから、事故で汚染されたウクライナのナロディチェスキー地区の子どもたちは、毎年、健康診断を受けることを義務付けられた。子どもたちは、汚染された土壌、空気、食物から、セシウム137(137Cs、半減期約30年)の被曝を受けてきた。 目的 我々は、「自然実験」のアプローチと長期的前向きコホート研究デザインを採用し、415人の子どもについて、1993年から1998年まで1888回繰り返し行った測定結果を用いて、土壌の137Csと肺活量との関係を調べた。 方法 村ごとの基準土壌137Cs測定値平均を被曝の指標として…

更新日:2012-04-28 08:14:23 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

年齢比率と雄雌比率の偏りから見たチェルノブイリにおける鳥類の死亡率上昇 / Møller, Bonisoli-Alquati, Rudolfsen & Mousseau

背景 放射線は、人間を含む動物の生存に対して負の影響を与えるが、低線量の自然状況で、このような一般的主張がどのようになっているかの調査は少ない。生殖における性役割の違いから、生存に対する放射線の影響をより多く受けるのは雌であるかもしれないため、放射線の影響が死亡率に現れる場合、雄雌比率では雄に偏った分布になる可能性がある。 方法と基本的な知見 我々は、繁殖期にかすみ網で捕獲した鳥類の成体の年齢構成を調べて、成体の生存率に対する低線量放射線の影響を推定した。チェルノブイリ周辺のバックグラウンド放射線レベルと、近くの汚染さ…

更新日:2012-04-17 14:29:12 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

原子力発電と大きな嘘:フクシマから一年 / カール・グロスマン

2012年3月5日 福島第一原発による惨事から一周年を迎えるが、原発にまつわる隠蔽は以前にも増して広範囲にわたっている。 事実の歪曲は原発のスタート時から原子力推進に不可欠であった。 米国政府の文書が大規模な壊滅を認識していたにもかかわらず、原子力の推進者たちは原発事故の重大性を軽視していた。1960年代にブルックヘブン国立研究所にて作成された米原子力委員会の『WASH-740(改訂)』は、繰り返し原発の大規模事故について以下のように述べている。「こうした惨事がおよぼすと考えられる範囲はペンシルヴァニア州の広さに相当する。」 推進派は「核の…

更新日:2012-03-31 12:53:22 ozawa   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
1234