「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

taro

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 放射能

タグ検索結果 ~ 放射能 30件中 1件~

1234

電離放射線の低線量被曝は、脈管形成を活性化させることで、腫瘍の増殖と転移を促進する / Inês Sofia Valaほか

抄録 放射線療法は癌に対する診療の一つとして広く用いられている。しかしながら、最近の証拠は、分割放射線療法の際に腫瘍標的組織に照射された電離放射線(IR)の被曝が、腫瘍の侵食と転移を促す可能性があることを示している。さらに、外部放射線治療では、対象となっている組織に対するダメージを避けるために、放射線を複数ヶ所から腫瘍に照射するため、腫瘍箇所周囲の組織も、腫瘍内部に対するよりは低い線量の放射線に被曝する。腫瘍周辺の健康な組織、とりわけ脈管構造に対する低線量IRの生物学的な影響はあまりわかっていない。我々は、0.8グレイ以下の線量…

更新日:2015-10-31 06:54:35 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

核の過ち:日本は東電福島原発危機の調査と対策のために国際的な支援を求めるべき / Nature

2013年9月3日 破壊された東電福島第一原発から漏出している放射性物質を含んだ水は、1986年のチェルノブイリ原発メルトダウン以降世界最大の核危機が終わりを告げていないことを厳然と知らしめるものである。2011年3月、地震と津波が東電福島第一原発を破壊したのち、周辺地区の汚染を取り除くには長い時間がかかり、技術的に困難で、巨大な費用がかかることは明らかだった。今や、この仕事は原発の所有者である東京電力(TEPCO)には荷が重すぎることがあきらかになった。2013年9月3日、日本政府は、除染を担当する計画を発表したが、それは遅すぎると言えるものだ…

更新日:2015-09-01 12:19:20 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島のツバメの数と遺伝的損傷 / A. Bonisoli-Alquati他

東京電力福島第一原発の事故で放出された放射性核種の分布について評価ないしモデル化した研究は少なからず存在する。しかしながら、それが周囲の生物相にどのような影響を及ぼしたかを調査した研究はほとんどない。我々は、ツバメ(Hirundo rustica)の巣雛が低線量の電離放射線に被曝したことで赤血球に対する遺伝子損傷が増加しているかどうかを調べた。我々は、熱ルミネッセンス線量計を用い、また、巣に使われている物質の放射線を計測することで、外部被曝を推定した。次に、中性コメット試験により、DNA損傷を評価した。さらに、異なる放射線濃度の地域において…

更新日:2015-05-29 09:16:41 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

屋内でのラドン被ばくによる肺がんリスク:ラドン濃度の低減でどれだけ予防できるか? / Gösta Axelsson, Eva M. Andersson, Lars Barregard

抄録 目的 住居でのラドン被ばくは、喫煙に次ぐ第二位の肺がん原因であると考えられている。本研究の目的は、スウェーデンの住居においてラドン被ばくを低減することで予防できる肺がんを量的に予測することにある。 方法 屋内のラドン濃度については、1990年と2008年に、それぞれ8992軒、1819軒の住居に対して行われた全国調査が利用できる。これは、スウェーデンの住居を代表する標本と見なすことができる。これらのデータを、スウェーデンの住居におけるラドンの分布を推定するために用いた。肺がんのリスクは、屋内の空中ラドン100ベクレル/立方メートル(B…

更新日:2015-02-21 10:06:07 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故後の筑波におけるエアロゾル中の放射性セシウム及び放射性ヨウ素の化学形 / Sheng Xu, et al.

抄録 2011年の東電福島第一原発事故直後に筑波でエアロゾル標本を収集し、放射性セシウムと放射性ヨウ素の化学形を分析し、放出後の化学的振舞いと同位体比を調査した。セシウム134とセシウム137のほとんど(53-91%)は有機物質と結合しており、一部(5-15%)は水溶性の粒子であった。無機物のままの状態であった放射性セシウムはほとんどなかった。このパターンから、セシウムを含む粒子の主なキャリアは硫酸塩と有機物質であることが伺える。エアロゾル標本中のヨウ素129は可溶性無機ヨウ素(I-及びIO3-)、可溶性有機ヨウ素、固定ヨウ素として様々な比率で存在し…

更新日:2014-12-26 09:12:58 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

核医療従事者における慢性低線量電離放射線被曝の遺伝毒性効果 / Sahin A. et al.

序 :核医療従事者は職業上、慢性的に電離放射線に被曝していう。電離放射線は染色体を損傷することが知られている。本研究では、核医療従事者に対する電離放射線の遺伝毒性効果を調査した。遺伝毒性の指標として、姉妹染色分体交換(SCE)と小核(MN)の二つを用いた。 方法 :21人(女性11人・男性10人)の核医療従事者を対象とし、通常の勤務状態のときと1カ月の休暇後という二つの時期に調査を行った。線量は、1.20mSvから48.56mSvで、二つの休暇に挟まれた勤務期間中に累積した量である。末梢血の標本を各研究協力者から得て各期間において、二種類のリンパ球…

更新日:2014-04-26 08:25:24 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本発米国行:福島秘密症候群 / ラルフ・ネーダー

2014年1月24-26日 先月(2013年12月)、連立政権与党が国家秘密保護法を議会で素早く押し切り成立させた。我々アメリカ人も注目したほうがよい。 秘密保護法の条文によると、何が国家機密なのかを決めるのは政府のみであり、何であれ「秘密」を漏らした公務員は10年以下の懲役となる。ジャーナリストがこの曖昧に定義された法律の網に絡め取られた場合、5年以下の懲役となる。 政府官僚たちは、2011年の東電(TEPCO)原発事故前後における怠慢が次々と暴かれていくことに不満を抱いていた。 毎週のように、メディアには、汚染水流出の深刻さや原子炉のどこかにあ…

更新日:2014-02-15 11:39:30 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発と海洋放射能 / Ken O. Buesseler

抄録 2011年3月11日に起きた三重の災害、すなわち地震・津波そして東電福島第一原発からの放射性物質の放出は、海洋と社会にとって前例のない出来事であった。本論文では、とりわけセシウム137及びセシウム134に注目して、東電事故による放射能放出を自然放射能およびこれまでの人工放射能と比較する。東電福島第一原発から放出されたこれら放射性核種の総量は詳しくはわかっておらず、大気中のフォールアウトと海洋への直接放出からの推定は4ペタベクレル(PBq)から90ペタベクレルと幅があるが、恐らくは15PBqから30PBqの範囲であろうと思われる。これは、1960年…

更新日:2014-01-13 15:13:02 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
1234