「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

ajhjhaf

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 放射線

タグ検索結果 ~ 放射線 44件中 41件~

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 / Møller, Mousseau, de Lope, and Saino 注目記事

チェルノブイリでツバメの形態異常が増加 A. P Møller, [1]* T. A Mousseau, [2] F de Lope, [3] and N Saino [4] [1] Laboratoire de Parasitologie Evolutive, CNRS UMR 7103, Université Pierre et Marie Curie, Bât. A, 7ème étage, 7 quai Street Bernard, Case 237, 75252 Paris Cedex 05, France [2] Department of Biological Sciences, University of South Carolina, Columbia, SC 29208, USA [3] Departamento de Biología Animal, Facultad de Ciencias, Universidad de Extremadura, Avda. Elvas s/n, 06071 Badajoz, Spain [4] Dipartimento di Bio…

更新日:2012-02-06 08:09:04 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

放射線のリスク概説

放射線のリスク概説 ジェフリー・J・パターソン、オステオパシー医学博士、社会的責任を果たす医師たち(PSR)前会長 2011年4月17日 『福島とチェルノブイリの教訓』から抜粋 日本における東京電力原発事故を契機に、放射能の安全性をめぐる問題が、再び人々の関心事項となった。 放射線被曝の問題を考えるためには、基本的な原則がいくつかある。第一に、放射線被曝に「安全」あるいは無害なレベルというものは存在しない。第二に、私たちは誰もが放射線に晒されている。一つは自然放射線(バックグランド)で人類もその環境で進化した。もう一つは、医療放射線…

更新日:2011-05-02 14:44:13 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

公衆に対する放射線のリスク

『福島とチェルノブイリの教訓』より 公衆に対する放射線のリスク 2005年に発表された米国科学アカデミーの国家研究会議BIER VII報告では、放射線に被曝するとどんなに少量でも----自然放射線へのバックグランド被曝でも----癌を発病するリスクは高まることが確認されている。より低線量であれば、高線量の場合よりも被害の確率は低くなるが、放射線被曝による発癌のリスクは男性よりも女性と子供の方がはるかに高い。被曝した公衆や個人の発癌リスク推定は様々な要因によって大きく異なる:被曝の程度、年齢、性別、経路などだ。 [引用の範囲で抜粋しました]

更新日:2011-04-30 19:08:36 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

実効放射線量1ミリシーベルト / 国際放射線防護委員会

(S40) 国際放射線防護委員会は、人々の被曝の上限として、1年あたりの実効線量で1ミリシーベルトを勧告します。しかしながら、特別な状況では、1年に限り、より高い実効線量の値も認められるものとします。ただし、その場合でも、5年にわたる平均の実効線量は1年あたり1ミリシーベルトを越えないことが条件です。 (S41) 実効線量の制限値を選ぶにあたって、国際放射線防護委員会は、人為的な決定による計画的な実践(deliberate practices)の結果として継続的に被爆することが受け入れられない線量ぎりぎりの値を求めました。これは、例えば家屋中のラドンのような、…

更新日:2011-03-31 08:07:13 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare