「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 放射線

タグ検索結果 ~ 放射線 44件中 33件~

自然放射線(γ線)への被曝は小児白血病を引き起こす / OUP

2012年6月11日 極めて低い線量でも小さいながら健康への影響があることが明らかにされた。 オックスフォード大学を中心に行われた研究により、小児白血病と、我々誰もが自然界から受けているγ線との間に、わずかだが統計的に有意な関係があることが検出された。 環境中の自然放射線源が出すγ線の被曝状況を簡単に変えることはできないが、この研究により、医療X線やCTスキャンなど、他の低線量被曝源と関係する発ガンリスクに対する理解も深まる。 【もとの論文は有料。この記事はオックスフォード大学がリリースした解説。フェアユースの範囲内での抜粋翻訳です。…

更新日:2012-06-29 16:02:07 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの影響を受けたウクライナの子どもたちにおけるセシウム137被曝と肺活量 / Erik R. Svendsen et al.

抄録 背景 1986年にチェルノブイリ原発事故が起きてから、事故で汚染されたウクライナのナロディチェスキー地区の子どもたちは、毎年、健康診断を受けることを義務付けられた。子どもたちは、汚染された土壌、空気、食物から、セシウム137(137Cs、半減期約30年)の被曝を受けてきた。 目的 我々は、「自然実験」のアプローチと長期的前向きコホート研究デザインを採用し、415人の子どもについて、1993年から1998年まで1888回繰り返し行った測定結果を用いて、土壌の137Csと肺活量との関係を調べた。 方法 村ごとの基準土壌137Cs測定値平均を被曝の指標として…

更新日:2012-04-28 08:14:23 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

長期的な低線量被曝による相対発癌リスク推定:1983年から2005年のフォローアップ / Hwangag, et. al.

抄録 コバルト60に汚染された鉄筋をつかって建てられたアパートから長期にわたる低線量のγ線被曝を受けた台湾人住民のコホートにおける発癌リスクへの放射線の影響を調査し、放射線に被曝した他のコホートとリスクを比較した。分析は、コホート集団のより包括的なフォローアップに基づいており、そこでは、1983年から2005年のあいだに、推定平均48 mGyの超過累積被曝を受けた6242人の中で117の発癌ケースが見られた。ケースは、台湾の全国癌登録に基づき同定された。発癌リスクに対する放射線の影響は、比例ハザードモデルを用いて推定され100-mGyの被曝増加に対す…

更新日:2012-04-19 16:00:09 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

年齢比率と雄雌比率の偏りから見たチェルノブイリにおける鳥類の死亡率上昇 / Møller, Bonisoli-Alquati, Rudolfsen & Mousseau

背景 放射線は、人間を含む動物の生存に対して負の影響を与えるが、低線量の自然状況で、このような一般的主張がどのようになっているかの調査は少ない。生殖における性役割の違いから、生存に対する放射線の影響をより多く受けるのは雌であるかもしれないため、放射線の影響が死亡率に現れる場合、雄雌比率では雄に偏った分布になる可能性がある。 方法と基本的な知見 我々は、繁殖期にかすみ網で捕獲した鳥類の成体の年齢構成を調べて、成体の生存率に対する低線量放射線の影響を推定した。チェルノブイリ周辺のバックグラウンド放射線レベルと、近くの汚染さ…

更新日:2012-04-17 14:29:12 eengine   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

原子力発電と大きな嘘:フクシマから一年 / カール・グロスマン

2012年3月5日 福島第一原発による惨事から一周年を迎えるが、原発にまつわる隠蔽は以前にも増して広範囲にわたっている。 事実の歪曲は原発のスタート時から原子力推進に不可欠であった。 米国政府の文書が大規模な壊滅を認識していたにもかかわらず、原子力の推進者たちは原発事故の重大性を軽視していた。1960年代にブルックヘブン国立研究所にて作成された米原子力委員会の『WASH-740(改訂)』は、繰り返し原発の大規模事故について以下のように述べている。「こうした惨事がおよぼすと考えられる範囲はペンシルヴァニア州の広さに相当する。」 推進派は「核の…

更新日:2012-03-31 12:53:22 ozawa   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

UNSCEAR報告2010年(9~10ページ) / 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR) 注目記事

2. 生体機構に関する研究 27. 放射線被曝後の発癌の機序がわかれば、疫学データの解釈にも有益である。とりわけ、低線量及び低線量率におけるリスクを推定するために予測を下方に投影するために有用である。2000年以来、委員会(UNSCEAR)は、この領域の研究の展開を検討することにより大きな力を注いできた。 28. 長年にわたる発癌の研究から、一般に、発癌のプロセスは、体器官における一つの「幹様」細胞のDNAで一つないし複数の遺伝子が変化すること(突然変異)により始まるという証拠が蓄積されてきた。それ以後の癌の進展と悪性腫瘍の始まりは、多段階で…

更新日:2012-03-01 17:59:55 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

UNSCEAR 2008報告書付録D 「科学的な限界」(64ページ) / 原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)

2. 科学的な限界 93. 放射線のリスクに関する予測を解釈し、伝えることは、困難に満ちている。というのも、そうした予測に本質的に伴う限界を、十分なかたちで伝えることが容易ではないからである。 94. 影響を放射線被曝に帰することをめぐる節で既に通り、現在のところ、放射線に固有のバイオマーカーが存在しないため、個人において放射線が特定の癌を引き起こしたと科学的に述べることはできない。これは、特定の個人において、癌が放射線の影響によるものか、あるいは他の原因によるものか、さらに、癌が事故の放射線によるものかバックグランド放射線によるも…

更新日:2012-03-01 15:29:46 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

実験環境と実環境における低線量被爆の影響 / Garnier-Laplace, J.他

自然条件下で得られた放射線感受性データと統制被曝から得られたデータの間に整合性はあるか? 低線量放射線に慢性的に被曝したチェルノブイリ野性生物に関する事例研究 Garnier-Laplace J, Geras'kin S, Della-Vedova C, Beaugelin-Seiller K, Hinton TG, Real A, Oudalova A. Journal of Envionmental Radioact ivity フランス放射線防護原子力安全研究所(Institute for Radioprotection and Nuclear Safety, IRSN/DEI/SECRE, Cadarache, Building 159, 13115 Saint Paul lez Durance Cedex, France.) 抄録 本論文では、実験環境あるいは統…

更新日:2012-02-19 10:42:27 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare