「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 放射線

タグ検索結果 ~ 放射線 44件中 17件~

スロベニア定期環境放射線モニタリングで検出された福島由来プルーム / D. Glavič–Cindro et al.

抄録 東電福島第一原発事故後に定期環境モニタリングプログラムで収集されたエアロゾル及び雨水を綿密に分析した。2011年3月後半及び4月に収集された雨水のサンプル、エアロゾル及びヨウ素フィルターから、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137が検出された。2011年5月には、ヨウ素131とセシウム134は検出限界近くあるいはそれ以下となり、セシウム137は東電福島原発事故前の値に戻った。さらに、アエロゾルフィルターにおけるプルトニウムとアメリシウムの放射能濃度を分析した。これらの測定データを、1986年にスロベニアで収集したチェルノブイリ由来の汚染データ…

更新日:2013-04-12 08:02:18 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

家のラドン / 米国疾病管理予防センター

ラドンは、無色無臭の放射性ガスです。合衆国における肺癌の原因として第二のものです。米国環境保護庁(EPA)および 医療総監局(Surgeon General's Office)は、ラドンを原因とする肺癌での死亡は毎年2万人以上と推定している。ラドンに被曝してもただちに何らかの症状が認められるわけではないため、健康問題が明らかになるまで数年を要することがある。そのため、勤務先でも、自宅でも、学校でも、ラドンに対する理解は重要である。理解すべき項目として、ラドンガスが建物内に入る経路、健康への影響、濃度を下げる手段などがある。 [建物に入ってくる経路、…

更新日:2013-04-04 11:48:00 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病 / A. G. Noshchenko, O. Y. Bondar, V. D. Drozdova

抄録 本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各…

更新日:2013-03-20 14:31:03 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量γ線への長期被曝による白血病リスクに関するメタアナリシス / R D Daniels, M K Schubauer-Berigan

抄録 背景: 毎年、40万人以上の作業者がある程度の放射線に被曝しており、放射線由来の白血病を発症するリスクが高くなっているかもしれない。長期の低線量被曝により白血病リスクが高まるかどうかははっきりしていない。 目的: 長期にわたる低線量電離放射線被曝と白血病の関係を検討するためにメタアナリシスを行った。 データ: 米国アカデミーと国連によるレビューが、2005年以前に出版された有益な研究に対して要約情報を提供している。PubMedとEmbaseを検索し、2005年から2009年に出版された職業被曝・環境関連の該当研究を入手した。 研究の選…

更新日:2013-03-19 13:00:48 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

セシウム137の健康に対する影響 / アメリカ合衆国環境保護庁

セシウム137は健康にどのような影響を与えるか? すべての放射性核種と同じく、セシウム137に被曝すると、発がんリスクが高くなります。大気からのフォールアウトにより、誰もが土と水に含まれる微量のセシウム137に被曝しています。放射性廃棄物への暴露、汚染サイトや原子力事故による被曝は、典型的な環境中の被曝よりもはるかに高い発がんリスクにつながることがあります。 大量に被曝すると、重篤な火傷だけでなく、死さえ引き起こすことがあります。このような被曝は稀です。大量被曝状況の一例として、産業で使われているセシウム137の扱いを誤る…

更新日:2013-03-15 18:15:54 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

乳がん放射線治療後の女性に見られる虚血性心疾患のリスク / Sarah C. Darby et al.

背景 乳がんに対する放射線治療において、偶発的に心臓が電離放射線に被曝することがある。この被曝がそれ以降、虚血性心疾患のリスクにどのような影響をもたらすかは不確実である。 方法 我々は、主要な冠状動脈性事故(心筋梗塞、冠血行再建、虚血性心疾患による死亡)について、スウェーデンとデンマークで1958年から2001年に乳がんの放射線治療を受けた2168人の女性を対象に、症例対照研究を行った。主要な冠状動脈性事故を伴う女性963人、統制群1205人である。患者毎の情報は病院の記録から入手した。各女性について、心臓全体及び左冠動脈前下行枝に対す…

更新日:2013-03-15 17:56:44 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病 / A. G. Noshchenko, O. Y. Bondar, V. D. Drozdova

抄録 本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各…

更新日:2013-02-25 09:43:19 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量放射線の影響:ソ連の科学、原子力業界、そして独立した科学? / Anders Pape Møller & Timothy A. Mousseau

チェルノブイリ原発事故と東電福島第一原発事故をきっかけに、いわゆる低線量放射線の影響に対する関心が世界的に広まった。しかしながら、当惑せざるを得ないことだが、これまでの研究は、ソ連の科学研究と原子力産業が後押しした研究が中心で、それに独立した科学者が一部貢献しているという状況にある。Anders Pape MøllerとTimothy A. Mousseauが、低線量放射線が動植物や人間に与える影響をめぐる研究について案内する。 ・・・・・・ メンフクロウやラット、人間、ムラサキツユクサやタマネギに関する研究は、いずれも、放射線の負の影響を有意に示している。 …

更新日:2013-02-24 20:36:18 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare