「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

mayuko

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 放射線

タグ検索結果 ~ 放射線 44件中 1件~

電離放射線の低線量被曝は、脈管形成を活性化させることで、腫瘍の増殖と転移を促進する / Inês Sofia Valaほか

抄録 放射線療法は癌に対する診療の一つとして広く用いられている。しかしながら、最近の証拠は、分割放射線療法の際に腫瘍標的組織に照射された電離放射線(IR)の被曝が、腫瘍の侵食と転移を促す可能性があることを示している。さらに、外部放射線治療では、対象となっている組織に対するダメージを避けるために、放射線を複数ヶ所から腫瘍に照射するため、腫瘍箇所周囲の組織も、腫瘍内部に対するよりは低い線量の放射線に被曝する。腫瘍周辺の健康な組織、とりわけ脈管構造に対する低線量IRの生物学的な影響はあまりわかっていない。我々は、0.8グレイ以下の線量…

更新日:2015-10-31 06:54:35 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島のツバメの数と遺伝的損傷 / A. Bonisoli-Alquati他

東京電力福島第一原発の事故で放出された放射性核種の分布について評価ないしモデル化した研究は少なからず存在する。しかしながら、それが周囲の生物相にどのような影響を及ぼしたかを調査した研究はほとんどない。我々は、ツバメ(Hirundo rustica)の巣雛が低線量の電離放射線に被曝したことで赤血球に対する遺伝子損傷が増加しているかどうかを調べた。我々は、熱ルミネッセンス線量計を用い、また、巣に使われている物質の放射線を計測することで、外部被曝を推定した。次に、中性コメット試験により、DNA損傷を評価した。さらに、異なる放射線濃度の地域において…

更新日:2015-05-29 09:16:41 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東電福島第一原発事故の帰結:人間以外の生物種に対する放射線の生物学的影響 / Tomoko Y. Steen and Timothy Mousseau

東京電力福島第一原発が2011年3月にメルトダウン事故を起こしてから3年が経過した。25年前の1986年4月、同じく国際原子力事象評価尺度でレベル7の悲劇的な事故がウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で発生した。チェルノブイリ事故後、生物学者が生物学のために標本とデータを収集することができるようになったのは、かなりの時間を経た後のことであった。生物学的研究の開始が遅れたために、電離放射線が生態系と住民に及ぼす影響に関する重要な情報が失われてしまった。同様の問題を繰り返さないよう、日本の生物学者たちは、国際社会の同僚の協力のもとで、2011…

更新日:2014-08-29 09:12:54 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

チェルノブイリの鳥類におけるアスパーミ、精液品質と放射線 / Møller AP, et al.

抄録 背景 チェルノブイリ原発事故のあと、大量の放射性核種が環境に放出され広まった。汚染地域に生きる生物は、配偶子の量的減少や質的劣化などを含め、適応コストの被害を被っていると予想される。 方法/主な結果 我々は、ウクライナのチェルノブイリ周辺で、放射線量が3桁以上異なる地域で繁殖している野鳥を捕獲し、精液を調べることで、アスバーミと精液品質が放射能汚染の影響を受けているかどうかを調査した。アスパーミの雄鳥の数は、放射線量に応じて対数的に増加していた。汚染地域の雄では18.4%が無精子状態だったのに対し、非汚染地域の統…

更新日:2014-07-10 15:34:08 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

核医療従事者における慢性低線量電離放射線被曝の遺伝毒性効果 / Sahin A. et al.

序 :核医療従事者は職業上、慢性的に電離放射線に被曝していう。電離放射線は染色体を損傷することが知られている。本研究では、核医療従事者に対する電離放射線の遺伝毒性効果を調査した。遺伝毒性の指標として、姉妹染色分体交換(SCE)と小核(MN)の二つを用いた。 方法 :21人(女性11人・男性10人)の核医療従事者を対象とし、通常の勤務状態のときと1カ月の休暇後という二つの時期に調査を行った。線量は、1.20mSvから48.56mSvで、二つの休暇に挟まれた勤務期間中に累積した量である。末梢血の標本を各研究協力者から得て各期間において、二種類のリンパ球…

更新日:2014-04-26 08:25:24 eengine   7   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ストレスと癌 / Cancer Research UK

人は誰でも、生きていればストレスを感じるときがあります。少しのストレスならば、より注意深くなったり色々うまくできるようになったりと、正の効果を持つことがあります。けれども、長期にわたってストレスを抱えると、不安症やうつ病といった精神衛生上の問題につながっていきかねません。さらに、高血圧や胃潰瘍といった身体的健康上の問題にもつながることがあります。 ストレスと癌 ストレスのかかる事態に直面すると、体中のホルモン量が変わり、免疫系に影響を与える可能性があります。しかしながら、 そうした変化が癌につながるという証拠はありません …

更新日:2014-04-08 08:54:24 eengine   6   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電離放射線に暴露したあとの小児白血病リスク:レビュー / Richard Wakeford

日本の原爆生存者に対するフォローアップ調査の早い時期から、小児白血病が電離放射線により誘発される特定の傾向があることが観察されてきた。そこでは、過剰相対リスク(ERR)は暴露からの時間に応じて時系列の波として示される。このパターンは、放射線療法を受けた子どもの調査でも概ね確認されてきた。小児白血病と出生前X線診断に関する複数の症例対象研究、年少者に対するCT検査後の白血病に関して最近行われた大規模なコホート研究、そして、自然γ線と小児白血病に関する最近行われた大規模な症例対象研究は、低線量被曝によりリスクが増大することを立証して…

更新日:2013-10-22 11:31:51 eengine   14   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島第一原発事故により拡散した放射性物質への内部被曝を花粉症用マスクが軽減する効果 / 桧垣正吾・廣田昌大

抄録 花粉症用マスクが福島第一原発事故により拡散した放射性物質への内部被曝を軽減する効果について調査した。東京大学本郷キャンパスにおいて、2011年3月15日日本時間15時から3月16日9時までの18時間、継続してマスクを一重に着用した。マスクを着用しなかった成人1名は、同じ時間に環境放射線に対する追加実効線量6.1uSv、甲状腺等価線量で33uSvの被曝をした。放射性核種は気体や微粒子としてだけでなく、他のエアロゾルや花粉と結合したかたちで拡散していた。花粉症用マスクの着用は、吸気による内部被曝を低減することができる。 本文約4ペー…

更新日:2013-09-27 14:24:23 eengine   14   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare