「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

kyo2018

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

yasukazu

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 原発

タグ検索結果 ~ 原発 13件中 9件~

12

チェルノブイリの野生生物に対する放射能汚染の影響に関する一描写 / Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller

1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故で大量の放射性物質が放出され、20万平方キロにわたる土地がひどく汚染された。IAEAが中心となってまとめたチェルノブイリ・フォーラム・レポートは、野生生物に対する放射線の影響は人間の生活に対する影響と比べると無視できるほど小さいことを示唆しているが、この立場は、2006年にレポートが発表されたときより前の非常に限られたデータに依拠していた。汚染地域の野生生物の状況については2005年以降に包括的な研究が進められており、それ以来、研究の結果、鳥類、昆虫、蜘蛛、哺乳類の大幅な減少が明らかになっている。こ…

更新日:2011-08-29 23:33:56 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本の原発危機FAQ:海水汚染 / 憂慮する科学者同盟

海中に流出した放射性の水はどうなりますか? 日本の海産物に影響を与えるでしょうか? 東京電力の福島第一原子力発電所危機が起きてから、放射能で汚染された水が大量に海に漏れだしまた投棄されました。4月上旬の段階で、福島第一原発の所有者である東京電力(TEPCO)は、より放射線濃度の高い水を貯める貯水槽を確保するために、低濃度の汚染水を海中に投棄し続けています。4月上旬の段階で、原発周辺の海中における放射性ヨウ素131とセシウム137は、法的制限のそれぞれ500万倍と100万倍だと報じられています。放射能は原発から離れるに従って海水で薄められま…

更新日:2011-05-07 12:58:45 eengine   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

「社会的責任を果たすための医師団」は食料中の放射能が増加したとの報告を深く憂慮する / 社会的責任を果たすための医師団(PSR)

2011年3月23日 ワシントンDC発2011年3月23日。「社会的責任を果たすための医師団」(PSR)は、福島第一原子力発電所事故が進行している中で、事故による放射能が日本の食品の中に発見されたという最近の報告に深い憂慮を表明する。確かに、すべての食品には、天然の線源や核実験に由来するものなど、放射性核種が含まれているが、日本のほうれん草と牛乳で検出された、より多くの放射性物質は、人々の健康を危険に晒すものである。PSRは、どのくらいの放射線被曝まで「安全」と考えられるかについて、メディアで誤った情報が流布している点にも注意を呼びかける。 米…

更新日:2011-04-04 11:53:45 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

オーストラリアの記事 / エイジ紙

オーストラリア外務通産省(DFAT)は、最大1500人のオーストラリア人が首都圏に残っていると発表しました。DFATは、どうしても首都圏に残る必要がある人以外は退避するよう勧告を出しました。 DFATは、また、イギリスが旅行勧告を更新し、万が一、放射性物質汚染が起きたときのために、ヨウ素錠剤を配布していることは把握していると述べています。 「もちろん、現在の状況がもたらす潜在的な健康への影響についてはあらゆる側面から詳細にモニターを続けるとともに、あらゆるオプションを詳細に検討し続けます。」 当局が原子炉2機の電源復興に成功したため、打撃…

更新日:2011-03-21 15:47:19 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東日本大震災・福島原発について、フランス大使館の勧告(3月13日日曜日午後6時) / フランス大使館

以上の状況(強い地震の危険および原発をめぐる不確定性)を考えるならば、特に東京地区にとどまる理由のない人々は、関東地区から数日間離れているよう勧告するのが妥当ではないかと思われます。 【以下、訳者による背景の説明】 原子力資料情報室 が3月13日19時30分に行った外国人記者クラブでの記者会見の中で、東芝の元原発技術者の後藤政志氏に対し、ある記者が、「手元に入ったメールでは、フランス大使館が関東地区から脱出するよう人々に勧告しているが、それについてはどう思うか」と質問していました。 そのまま英語・通訳の日本語の表現通りだと、か…

更新日:2011-03-13 21:56:08 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12