「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

taro

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

hanako

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 原発

タグ検索結果 ~ 原発 13件中 1件~

12

日本発米国行:福島秘密症候群 / ラルフ・ネーダー

2014年1月24-26日 先月(2013年12月)、連立政権与党が国家秘密保護法を議会で素早く押し切り成立させた。我々アメリカ人も注目したほうがよい。 秘密保護法の条文によると、何が国家機密なのかを決めるのは政府のみであり、何であれ「秘密」を漏らした公務員は10年以下の懲役となる。ジャーナリストがこの曖昧に定義された法律の網に絡め取られた場合、5年以下の懲役となる。 政府官僚たちは、2011年の東電(TEPCO)原発事故前後における怠慢が次々と暴かれていくことに不満を抱いていた。 毎週のように、メディアには、汚染水流出の深刻さや原子炉のどこかにあ…

更新日:2014-02-15 11:39:30 kmasuoka   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

インド南部で激しさを増す原発抗議運動 / ジャック・コーエン=ジョッパ

2012年9月16日 今週、インドのクダンクラム原子力発電所が始動することへの抗議運動が危機的状況に達し、数百人が逮捕され、数十人が拘留中、3人が死亡したと報道された。ロシア製原子炉2基のうちの1基に核燃料の装填を開始するとの政府発表は、インド南端タミル・ナードゥ州沿岸の村民による新たな集団抗議運動に火をつけた。 9月8~9日の週末に推定3万人の村民がイディンタカライ村で抗議デモを行った。原子炉の稼働を阻止しようとするデモを鎮圧するために、7千人の警察官が近隣の道路に配備された。S.P.ウダヤクマールが率いる「核エネルギー反対民衆運動(Pe…

更新日:2012-10-30 19:37:22 ozawa   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

水道水のヨウ素131を煮沸して除去できるか? / 田上恵子・内田滋夫

水道水のヨウ素131を煮沸して除去できるか? 福島第一原発事故を受けた実験検証 放射線医学総合研究所 抄録 福島第一原発事故のあと、日本の自治体のいくつかで、水道水から1リットルあたり100ベクレルを越えるヨウ素131が検出されたと報じられました。緊急対応に当たった業界人の中には、ヨウ素131を除去するためには水道水を煮沸すればよいと述べた人もいました。しかしながら、本研究で行った煮沸実験では、短時間(1から10分)の煮沸でも、容積が3分の1になる長時間(最大30分)の煮沸でも、ヨウ素131が減ることはありませんでした。この状況で、煮沸は…

更新日:2012-03-29 18:09:58 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

原発周辺の小児白血病に関するフランスの研究 / イアン・フェアリー博士 注目記事

2012年1月20日 ギオキャップ調査は、ドイツ、英国、スイスの調査結果を追認。 フランスで行われた原子力発電所周辺の小児白血病に関する新たな研究[1](ジオキャップ)は、2002年から2007年、フランスの原発19基の5キロ圏内で15歳未満の子どもに見られる白血病の増加が統計的に有意であることを示した。この研究は、2つの観点から結果を確認している点で説得力がある。第一は、包括的な全国的患者対照研究である(オッズ比OR=1.9)。もう一つは、基本的な発生調査である(標準化発生比SIR=1.9)。 フランスでは多くの新聞がこの研究結果を大々的に報道したが(英国…

更新日:2012-03-20 08:37:50 eengine   8   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

実験環境と実環境における低線量被爆の影響 / Garnier-Laplace, J.他

自然条件下で得られた放射線感受性データと統制被曝から得られたデータの間に整合性はあるか? 低線量放射線に慢性的に被曝したチェルノブイリ野性生物に関する事例研究 Garnier-Laplace J, Geras'kin S, Della-Vedova C, Beaugelin-Seiller K, Hinton TG, Real A, Oudalova A. Journal of Envionmental Radioact ivity フランス放射線防護原子力安全研究所(Institute for Radioprotection and Nuclear Safety, IRSN/DEI/SECRE, Cadarache, Building 159, 13115 Saint Paul lez Durance Cedex, France.) 抄録 本論文では、実験環境あるいは統…

更新日:2012-02-19 10:42:27 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

管政権内閣官房参与、原発の危機はまったく去っていないと / 吉田玲滋

2012年2月8日 【2011年12月、野田佳彦首相は「収束宣言」を出しました。あまりに馬鹿げた宣言だったのですぐに実質上撤回されましたが、その後、いろいろな経緯から、隠蔽されていた「 福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描 」(2011年3月25日付・近藤駿介)も、藤崎良次さんの情報開示でネットで手に入るようになりました。ここで引用の範囲内で紹介するジャパン・タイムズの記事は、田坂広志氏(多摩大学教授・内閣官房参与として管直人政権のもと原発事故の対策にあたっていた)の言葉を中心としたもので、日本のメディアでも既に紹介されています(たと…

更新日:2012-02-17 09:56:50 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

日本の震災により日本の公衆衛生も失墜 / CMAJ NEWS(バーバラ・シバルドからのファイルとローレン・フォーゲル) 注目記事

"隠蔽工作の文化"と不十分なクリーンアップ活動が組み合わさって、昨年の福島第一原子力発電所の原子炉のメルトダウンの後9ヶ月たっても、日本人は"不当"な健康上のリスクにさらされていると、健康の専門家は述べている。 日本政府は、原発プラントが実質的に安定状態であると宣言しているが、一部の専門家は、政府が放射性降下物で汚染されていると認めているより、より広い地域から人々が避難することを呼びかけている。 彼らはまた、一般の人々のための国際的に承認された放射能暴露限度に戻すよう日本政府に呼びかけており、透明でタイムリーかつ包括的なコミュ…

更新日:2012-01-16 09:26:25 kyo   11   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島第一原発からのキセノン133とセシウム137の放出【プラスNatureNewsによる紹介】 / A・ストール他

Atmos. Chem. Phys. Discuss., 11, 28319-28394 www.atmos-chem-phys-discuss.net/11/ 28319/2011/2011 doi:10.5194/ acpd-11-28319-2011 © Author(s) 2011. 本論文は、クリエイティブコモンズ3.0表示ライセンスで提供される。 福島第一原発からのキセノン133とセシウム137の放出:ソースターム、環境への広がり、沈着の確定 著者:A. Stohl [1], P. Seibert [2], G. Wotawa [3], D. Arnold [2,4], F. Burkhart [1], S. Eckhardt [1], C. Tapia [5], A. Vargas [4], and T. J. Yasunari [6] [1] NILU-ノルウェー大気研究所・ノルウェー・ケーラー [2] 天然資…

更新日:2011-10-28 15:11:05 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12