「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 放射性物質

タグ検索結果 ~ 放射性物質 7件中 1件~

チェコ共和国の森林生態系におけるキノコ中のセシウム137の長期モニタリング / Skrkal J, et al.

抄録 本論文では、1986年から2011年にチェコ共和国で行った森林のキノコに対する質量放射能濃度調査の結果を報告する。セシウム137の推定実効半減期 と環境半減期(実効半減期から物理半減期効果を引いたもの)は、それぞれ、5.6±0.6年、6.9±0.7年だった。チェコ領内におけるセシウム137の表面汚染と菌類の種類によるセシウム137蓄積力の違いによる非均一性は、チェルノブイリ事故後毎年測定した質量放射能濃度において、最大で10の4乗の開きがあった。セシウム137の質量放射能濃度幾何平均(乾燥重量1kgあたりのBq)が最も高かったのは、ヌメリイグチ科(1050Bq/kg)…

更新日:2013-07-16 08:41:05 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島第一原発事故由来放射性核種の地球規模の移動と沈着のモデリング / T. Christoudias and J. Lelieveld

抄録:福島第一原発事故により放出された放射性核種が地球規模で環境中にどのように広まり、沈着したかのモデリングを行った。EMAC大気化学=全球循環モデルを用い、循環ダイナミクスはERA-Interim reanalysisデータに準じた。地理座標系で約0.5度(T255)の解像度を適用した。モデルは放射性同位元素としてヨウ素131とセシウム137の放出と移動、降水・粒子の沈澱・乾性沈着による移動プロセスを説明する。さらに、キセノン133の放出もシミュレートした。キセノン133は貴ガスで、汚染大気の受動輸送トレーサと見なすことができる。放出条件はChino et al (2011)…

更新日:2013-03-29 08:40:20 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島沖海水のヨウ素129:分布、無機スペシエーション、出所、配分 / Hou X. et al.

2011年3月に起きた東京電力福島第一原発事故により、環境中に大量の放射性物質汚染が広まった。そのうち、ヨウ素129は長寿命の放射性核種で、数百万年にわたって環境中に残ることになる。本研究はまず、2011年6月に福島沖で採集された海水深度レベルごとのヨウ素129の濃度と無機スペシエーションについて述べる。福島沖40キロの海水表面において、ヨウ素129/ヨウ素127の最大原子数比2.2×10-9と、水面でヨウ素129の濃度が大幅に上昇していることが観察された。ヨウ素129の優占種はヨウ化物であり、ヨウ素127は主としてヨウ素酸塩であったが、これは、ヨウ素…

更新日:2013-03-08 06:32:15 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

水道水のヨウ素131を煮沸して除去できるか? / 田上恵子・内田滋夫

水道水のヨウ素131を煮沸して除去できるか? 福島第一原発事故を受けた実験検証 放射線医学総合研究所 抄録 福島第一原発事故のあと、日本の自治体のいくつかで、水道水から1リットルあたり100ベクレルを越えるヨウ素131が検出されたと報じられました。緊急対応に当たった業界人の中には、ヨウ素131を除去するためには水道水を煮沸すればよいと述べた人もいました。しかしながら、本研究で行った煮沸実験では、短時間(1から10分)の煮沸でも、容積が3分の1になる長時間(最大30分)の煮沸でも、ヨウ素131が減ることはありませんでした。この状況で、煮沸は…

更新日:2012-03-29 18:09:58 eengine   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

セシウム137をはじめとする放射性物質を吸収する菌類

2011年3月20日 1986年にウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故はヨーロッパ全土の環境系に長引く影響を与えている。そうした影響の一つに、ヨーロッパにおけるいくつかの国の放射性物質(特にセシウム137)汚染がある。福島第一原子力発電所事故の行方と今後の展開が不透明な中で、>食品の放射能汚染はこのところ大きな話題となった。 セシウム137をはじめとする放射性核種に対する菌類の親和性 幹も根もない菌類は、表面の細胞を通して環境から養分を吸収する。その結果、セシウム137(Cs-137、137 Cs)をはじめとする放射性核種を多量に吸収しがちである。 …

更新日:2011-12-18 15:02:38 kinokino   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島第一原発からのキセノン133とセシウム137の放出【プラスNatureNewsによる紹介】 / A・ストール他

Atmos. Chem. Phys. Discuss., 11, 28319-28394 www.atmos-chem-phys-discuss.net/11/ 28319/2011/2011 doi:10.5194/ acpd-11-28319-2011 © Author(s) 2011. 本論文は、クリエイティブコモンズ3.0表示ライセンスで提供される。 福島第一原発からのキセノン133とセシウム137の放出:ソースターム、環境への広がり、沈着の確定 著者:A. Stohl [1], P. Seibert [2], G. Wotawa [3], D. Arnold [2,4], F. Burkhart [1], S. Eckhardt [1], C. Tapia [5], A. Vargas [4], and T. J. Yasunari [6] [1] NILU-ノルウェー大気研究所・ノルウェー・ケーラー [2] 天然資…

更新日:2011-10-28 15:11:05 eengine   5   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

低線量電離放射線と健康:放射性廃棄物の規制緩和案がもたらす影響の評価 / スティーヴン・ウィング博士

(ノースカロライナ大学公衆衛生学部疫学専攻准教授) 結論 バックグランドの放射線を含む低線量の電離放射線はガンや突然変異、そしておそらくは他の深刻な健康への影響の原因となる。放射性廃棄物の規制緩和によって、運輸労働者が被爆し、環境に放射線が放出され、一般公衆も低線量の被曝を受けることになるが、そのパターンは極めて複雑で予測が難しい。一旦広まった廃棄物を回収することはできないため、何世代にもわたって放射線を出しつづけることになる。線量、健康への影響の種類と規模に不確実な面はあるものの、現在の知見に照らして見ると、とりわけ何…

更新日:2011-08-26 09:22:10 eengine   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare