「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

tkkobe

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 電子書籍

タグ検索結果 ~ 電子書籍 64件中 1件~

123456

デジタルの漫画はなぜ印刷の漫画の売上を害していないのか? / クリス・メドウズ

デジタルの漫画はなぜ印刷の漫画の売上を害していないのか? クリス・メドウズ 2016年6月6日 電子書籍は印刷本の収入の減少の一因となっていると思われている----だが、漫画本の世界では面白いことが起きている。CNBCは、デジタルの漫画の売上が上がっているときにも、 印刷本の漫画の売上が実際に 上昇している ことを報じている。それどころか、CNBCの記事が提示しているグラフから判断すると、印刷本の漫画の売上はデジタルの漫画の急成長と同時に上昇し始めた。 2009年から2014年までにデジタル漫画の売上は100万ドルから1億ドルへと上昇した。その間に、印刷…

更新日:2016-06-23 13:50:34 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Codex Group『電子書籍を殺すタブレット』報告書、再検討 / クリス・メドウズ

Codex Group『電子書籍を殺すタブレット』報告書、再検討 クリス・メドウズ 2016年6月18日 先月、eインクの電子書籍端末の利用の減少が電子書籍購入に与える影響に関する BookExpo AmericaでのCodex Groupの代表であるPeter Hildick-Smithのプレゼンテーション について取り扱った。今、『パブリッシャーズ・ウィークリー』のJim Milliotは2、3の異なる詳細といくつかの図表とともに、 Hildick-Smithが論じた同じ報告書を取り上げている 。 BEA報告で指摘したように、Hildick-Smithは多くの読者はデジタルでの読書に疲れてきており----彼はそれを「デジタル疲労」…

更新日:2016-06-22 22:22:21 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

なぜ電子書籍はいまだに二者択一の議論として提示されるのか? / ジョアンナ・カボット

なぜ電子書籍はいまだに二者択一の議論として提示されるのか? ジョアンナ・カボット 2016年6月18日 同僚のクリスは先日、 電子書籍と「世代交代」 について書いた。電子書籍革命について話すときに「最近の若者」という言い回しが皮肉的にではなく使われてさえいるこの問題に関する一つの記事について彼は述べている。 このような記事を本当に苛立たしく見ているのは認める。どうして、ここに至っても、人々は電子書籍「対」紙というのは二者択一の議論ではないということをいまだに理解していないようなのだろうか? 紙での体験の方がよい本もあるし、そうでは…

更新日:2016-06-19 15:43:25 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

EU法務官:図書館の電子書籍貸出は物理的な本の貸出と同じである / クリス・メドウズ

EU法務官:図書館の電子書籍貸出は物理的な本の貸出と同じである クリス・メドウズ 2016年6月17日 Ars Technica UKが 興味深い報告 を出している。それは、欧州司法裁判所(CJEU)の法務官であるMaciej Szpunarによって出された 意見書 (PDF)に関するものであり、電子書籍は印刷本と同様に図書館で貸し出される権利があると表明したという。著者がその利用に対する適正な補償を受け取るという条件で、図書館は印刷本で行っているのとちょうど同じように、自らの所蔵する電子書籍の複製を貸し出すことが出来なければならない。 これは、オランダの公共図書館の連…

更新日:2016-06-18 20:47:23 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電子書籍の価格決定に関して出版社との調整に取り組むカナダの図書館 / クリス・メドウズ

電子書籍の価格決定に関して出版社との調整に取り組むカナダの図書館 クリス・メドウズ 2016年5月25日 『トロント・スター』は 公正な書籍の価格決定を求めるカナダの公共図書館についての短い記事 を載せている。29のカナダの公共図書館システムの連合は、電子書籍のより良いライセンス条件を主要な出版社に要請してきた。 この団体については以前取り上げた が、より広範に見ておくのも良いだろう。 記事では、カナダの図書館の抱えている最大の問題の一つは電子書籍の価格が通常米ドルで設定されることだと記している。それはつまり、カナダドルが米ドルよりも…

更新日:2016-05-31 18:18:20 shikimi   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電子書籍の品質大論争:出版社がもっとちゃんと校正できないのはなぜ? / ジョアナ・カボット

これまでも何度か電子書籍の誤りについて書いてきた。 そうした経緯もあるので、Good e-Readerに現れた、電子書籍の校正がどう行われる・行われないか をめぐるポストを喜んで読んだ。 問題は次のとおり。1行1行の整理編集と校正は印刷版で既に行われており、電子書籍向けスキャンは既に行われている。そのため、行毎のチェックは不要であると考えられている。 Good e-Readerは校正係の婚約者の言葉を引いている。「電子書籍については、リンクとページ番号が適切で、リンク自体にテキスト上の誤りがないことを確実にすることが求められている。その前に別の人が、…

更新日:2016-01-22 15:42:31 mabako   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

サイモンアンドシュスター社、ブライアン・グレーザー、図書館向けに電子書籍寄贈を発表 / Paul St John Mackintosh

2015年4月11日 アメリカ図書館協会は、サイモンアンドシュスター社が「ブライアン・グレイザーの新著『A Curious Mind: The Secret to a Bigger Life』について、電子書籍あるいはハードカバー版が1点売れるごとに同書の電子書籍を最大5000部までを図書館に寄贈する」と発表したことを受けて、「図書館にとって重大な一歩だ」とその動きを賞賛した。ジャーナリストのチャールズ・フィッシュマンとの共著になるこの本は、「ブライアン・グレーザー が全米大人気の映画やTVショー----24やビューティフル・マインドなど----を作るにあたってインスピレーションとなった…

更新日:2015-04-13 11:22:02 mabako   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電子ブックに手が加えられていないことはどうすればわかるのか? / ジョアナ・カボット

2014年4月18日 今週、GoogeReaderでとても興味深い記事を読んだ。どうすれば電子書籍が変更されていないことがわかるのか? という疑問を提起している記事である。 最初に見出しを読んだときは、出版後の修正のことだと思った。それなら、必ずしも悪いことだとは思わない。購入して読んだ後で、本がまるごと書き換えられるのは望まないが、誤植を修正したり醜い割付けを改善するのは歓迎である。 けれども、GoodeReaderの友人たちが問うているのは、別のことだった。記事を引用しよう。 電子読書サイトMobileReadのスレッドの中で最近、ある利用者が書籍の記述を…

更新日:2014-04-24 17:06:24 mabako   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123456