「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ フランス

タグ検索結果 ~ フランス 14件中 1件~

12

原発周辺の小児白血病に関するフランスの研究 / イアン・フェアリー博士 注目記事

2012年1月20日 ギオキャップ調査は、ドイツ、英国、スイスの調査結果を追認。 フランスで行われた原子力発電所周辺の小児白血病に関する新たな研究[1](ジオキャップ)は、2002年から2007年、フランスの原発19基の5キロ圏内で15歳未満の子どもに見られる白血病の増加が統計的に有意であることを示した。この研究は、2つの観点から結果を確認している点で説得力がある。第一は、包括的な全国的患者対照研究である(オッズ比OR=1.9)。もう一つは、基本的な発生調査である(標準化発生比SIR=1.9)。 フランスでは多くの新聞がこの研究結果を大々的に報道したが(英国…

更新日:2012-03-20 08:37:50 eengine   8   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランスの新聞業界、アップルのロイヤリティー30%引き下げ交渉へ / クリス・メドウズ

2011年9月23日 アップルのロイヤリティー30%というのは、すでに避けがたい現実になったように思えるときがある。アップルと交渉してうまくいった者はない。アマゾンのような大企業でさえ、アップストアー内のリンクを取り下げることとなった。 ところで、フランスの新聞は、もっとうまくできるのではと考えているようである。ロイター通信によると、通常は「激しい競争関係」にある8紙が、相互の違いに目をつぶって、アップルと交渉しようとしているという。 8紙は、30%の委任量の引き下げおよび利用者データへのアクセスを望んでいる。8紙はすでに、グー…

更新日:2011-09-29 07:32:41 mabako   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

BnF(フランス国立図書館)が年間7万点の書籍デジタル化でジューヴと契約 / ガリー・プライス

2011年4月22日 ガリー・プライス、InfoDocket.com編集者 プレスリリースより : ジューヴ・グループは、Safig、Diadéisおよび下請会社BancTecとの協力のもと、年間7万点以上の書籍をデジタル化する[全体で3年の契約]。そのうち7割はフランス国立図書館(ビブリオテーク・ナショナル)の蔵書から、3割はパートナー図書館の蔵書からである。フランス国立書籍センターの財政支援を受けたこの協定は3年間を予定しており、その後1年の延長もありうる。 これに先立って2007年にもSafig-BancTec-Diadéis共同の契約が結ばれていた。これにより、3660万ページのデジ…

更新日:2011-04-24 17:46:52 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランスは電子書籍の付加価値税減税を遅らせる / ポール・バイバ

2010年12月15日 The Bookseller より: フランスで基本的な電子ブックの付加価値税(VAT)を19.6%から5.5%に下げるという計画は、2011年1月1日開始の予定からほぼ確実に2012年まで遅れる見込み。上下院の超党派国会議員の委員会が2011年予算収支予定を調整するために開催された月曜日の会議で、税率を下げるが、すぐに下げるのは妥当ではないと合意した。国民議会と上院はいずれも、本日(15日)、この合意について採決を行う。 【The original articles are copyrighted in the United States of America by N…

更新日:2010-12-16 10:14:24 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

グーグルとアシェットはフランスでグーグルブック合意へ / クリス・メドウズ

2010年11月17日 グーグルは、グーグルブック・プロジェクトでフランス語の本をスキャンしていたことをめぐってフランスの出版社アシェット社と和解。今回の合意では、どんなタイトルをスキャンして使うかについて、アシェットが大きな裁量を持つことになる。アシェットはまた、グーグルがスキャンした自社タイトルをオンディマンド印刷と電子書籍販売に使うことができることになった。 The BooksellerのFutureBooksがこの 合意を報じ 、プレスリリースもポストしている。The Booksellerには詳しい 背景 もあり、アシェットが9月に米国でグーグルブック和解に反対の意…

更新日:2010-11-18 07:02:00 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランスの著述家・作家、デジタル著作権をめぐり出版社を攻撃 / ポール・バイバ

2010年10月18日 フランスは熱い状況になっている。出版社がワイリーエージェンシーをこき下ろし、デジタル著作権を「部外者」の手に渡すわけにはいかない、エージェンシーでも同様で、「出版業界の均衡を危険にさらす恐れがあるからだ」と述べていることを我々は既に報じた。 The Booksellerの報ずるところ によると、今度は作家が出版社をこき下ろし、出版社の言っていることは珍紛漢紛だと述べている。 「常任作家委員会」(CPE)は、フランスの知的財産権法によれば著者にも著作からの収益の一部を受ける権利はあると述べている。CPEは15の創作家協会に属する…

更新日:2010-10-19 15:24:54 educo   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

フランスで電子ブック再販価格維持制度を求める声 / ポール・バイバ

2010年5月5日 フランスではラング法のもとで印刷本の値段は固定されているが、この度、フランス出版社協会(SNE)のSerge Eyrolles、フランス図書館協会(SLF)のBenoît Bougerol、フランス文化娯楽取次協会(SDLC)のLaurent Fiscalが、新法によって、印刷本と同じ内容である場合には電子ブックの値段も対象とすべきであると要求した。手紙は、それ以外の電子ブックについては代理店契約により扱ってよいと述べている。 文化省のニューメディア及び文化産業部門の官僚およびサルコジ大統領は、この問題を危急なものと考えているようである。

更新日:2010-05-06 09:10:37 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

仏ガリマール社、電子化をめぐってグーグルを告訴へ / ポール・バイバ

2010年3月30日 ガリマールを含むフランスの出版社3社が、自社の図書を電子化した件をめぐりグーグルを告訴する予定。すでにラ・マルティニエール/スイユが訴えてグーグルが敗訴している。こちらは現在、控訴中。 The Booksellerによると : フランスの業界誌Livres Hebdoによれば、電子化に関する会議の場でガリマール社は参加者に次のように語った。「今年始めにグーグルと交渉したところではこの問題について進捗が見られると期待したが、駄目だった」。ガリマールの法律担当部長Brice AmorはThe Booksellerに、他の出版社も参加することを期待すると語っ…

更新日:2010-03-31 12:44:54 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12