「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 環境

タグ検索結果 ~ 環境 5件中 1件~

フラッキングは序の口:終極的エネルギーの勢い / シャーロット・ウィルソン

2013年8月12日 数年前、コペンハーゲンで気候変動会議が開催されるのを目前にした石油業界は、増え続ける温室効果ガスの削減義務というプレッシャーを抱え、守勢に回ったかのようであった。エネルギー価格の上昇や業界に対する石油増産能力への不信も高まり、石油業界はまるで恐竜の生き残り合戦を繰り広げているようであった。ところが今や、その業界が攻勢に転じて、削減義務に向き合きあうどころか、化石燃料採掘に向けた巨大な開拓を地球の新たなエリアで大々的に推し進めている。 世界最大の民間石油会社エクソンモービルほど、この変貌ぶりを示す最適なバロ…

更新日:2013-10-30 12:06:12 ozawa   4   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

水圧破砕法が広がる国土 / ピーター・ルー

2013年9月 オバマ政権は7億5600万エーカー [約3億600万ヘクタール] の公有地や先住民族領有地(tribal land)における水圧破砕法に対して新たな規制法を提出した。規制案は掘削業界によって作成され、水圧破砕法の推進を目指す、大統領が新設した政府間特別委員会によって発効に向けた整備がされる。水圧破砕法は、毒性の水質汚染、大気汚染、メタンガスの放出を伴い、近ごろでは地震の発生と関連があるとされている。 環境保護活動家の多くは、水圧破砕法を規制できるのか、かなり疑問視しているが、反対運動の高まりをバネにして、規制法の承認プロセスに市民が…

更新日:2013-10-03 17:05:46 ozawa   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

カナダの巨大鉱山会社と対決するメキシコ農民 / デイビッド・ベーコン

2012年8月2日 メキシコではこの20年余り、国内の裕福なパートナーと提携した外資系大企業が、農村各地で大々的に開発事業を行ってきた。メガプロジェクトと呼ばれる採鉱や資源採取の事業は、北米自由協定(NAFTA)をはじめとする貿易協定や経済改革を巧みに利用している。 環境破壊や住民の立ち退きという代償を払ってでも、外国投資を重視することが1970年代以降のメキシコ政権の開発政策であった。2000年にメキシコ国民行動党(PAN)が長く政権を担った制度的革命党(PRI)を破ったが、この経済開発モデルを変更することはなかった。実際にPANはこの開発政策をその…

更新日:2012-09-21 21:35:20 ozawa   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

福島の鳥類個体数を、チェルノブイリとの比較で評価する / Møller, A. P. et al.

福島の鳥類個体数を、チェルノブイリとの比較で評価する Møller, A.P., Hagiwara, A., Matsui, S., Kasahara, S., Kawatsu, K., Nishiumi, I., Suzuki, H., Ueda, K., Mousseau, T.A. Environmental Pollution , 164, pp. 36-39, 2012. 福島県でよく見る鳥の個体数に対する放射線の影響は、チェルノブイリにおける放射線の影響から評価できる。・・・・・・福島とチェルノブイリに共通する14種の鳥の分析から、放射線が個体数に負の影響を及ぼすことが明らかになったが、影響の度合いは地域と種によって異なる。同じ14種の鳥について、個体数と放射線の関係…

更新日:2012-03-07 11:26:40 eengine   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

菌類に新たなエネルギー生産法が発見された(2007年9月18日) / ジェニファー・ロビン・ベリー

[2007年]5月に出版された驚くべき発見により、人間の皮膚にもある色素のメラニンの助けを借りてエネルギーを生産できる菌類があることがわかった。これらの菌類が最初に発見されたのは、チェルノブイリの原子炉の汚染された部屋においてであり、ニューヨーク市のアルバート・アインシュタイン医学校の科学者エカテリーナ・ダダチョヴァと同僚たちが、黒い物体が繁殖しているのを見つけたのである。 実験室環境で、クリプトコックス・ネオフォルマンスというこの菌類は、放射能に晒されると、植物が光を使うようにそのエネルギーを成長に利用することがわかっ…

更新日:2009-05-14 18:15:36 kyo   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare