「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

hanako

English⇒Japanese

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ ファルージャ

タグ検索結果 ~ ファルージャ 7件中 1件~

ファルージャの子供たち - 酷い状況の病院 / ロバート・フィスク

元記事:インディペンデント紙 2012年4月27日金曜日 ファルージャ総合病院の上階、スクリーンに写真が映し出された。突然、Nadhem Shokr al-Hadidiのオフィスは恐ろしい部屋へと姿を変えた。口の形が大きく歪んだ乳児。脊髄がなく、背骨の組織が体外に出た子ども。すさまじい、巨大な目が一つだけの赤ん坊。頭が半分しかない赤ん坊----2009年6月17日に死産。もう一つ映し出された写真は2009年7月6日生まれ、右手は半分だけで左足はなく、性殖器もない小さな子ども。 「こうした事態をのべつ目にしています」とAl-Hadidiは言う。部屋に入ってきた女医がスクリーンに…

更新日:2012-06-09 16:25:13 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ファルージャの子どもたち - サイェフの物語 / ロバート・フィスク

元記事:インデペンデント 2012年4月26日(木) 小さなサイェフに、アラブの春は訪れないだろう。わずか14カ月のサイェフは、床に置かれた安物のマットレスをクッションにした小さな赤い毛布の上に寝て、ときおり泣き声をあげている。頭は本来の2倍あり、目が見えず、体も動かない。フルネームはサイェフェディン・アブドゥルアジズ・モハメドという。大きすぎる頭にやさしい表情で、他の子どもたちがやってきたり、家族や近所の人が部屋に入ってくると、微笑むという。 けれども、彼が周囲の世界の歴史を知ることはないだろうし、中東の新たな自由を楽しむこともな…

更新日:2012-04-27 21:49:50 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ファルージャ包囲攻撃が残した毒の遺産:広島よりもひどいのだろうか? / パトリック・コックバーン

2010年7月27日 2004年に米軍海兵隊による爆撃を受けたイラクの都市ファルージャで乳児死亡率と癌、白血病が劇的に増加している。新たな研究によると、これは、1945年に広島と長崎に原子爆弾が落とされたあとの生存者について報じられた状況を上回るという。 ファルージャで医療を行なうイラク人医師たちは2005年以来、重大な先天性欠損症----頭を二つ持つ少女から下肢の機能停滞まで----をもって生まれた新生児の数に圧倒されていると語ってきた。また、ファルージャで米軍兵士とレジスタンスが戦う前と比べてはるかに多くの癌を目にしているとも述べている。 最近…

更新日:2010-08-03 18:07:27 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

終わらない侵略の罪:病を抱えるファルージャの子どもたち / ウィリアム・ブルム

2010年4月6日 いったいいつ始まったのだろう。この、「あなたの[ご相談/問題/ご質問]を大変深刻に受け止めています」というやつは? ろくでない留守番電話から? 企業や政府や組織があなたが電話をおかけになった理由についてはそれが何であれ深刻に受け止めますと請け合う中、我々は際限なく待たされ続ける。何と親切で思慮深い世界に我々は生きていることだろう。 先月、BBCが報じたところでは、イラクの都市ファルージャの医師たちは先天性欠損症が高頻度で発生していると発表した。医師たちの中には、2004年に米軍がファルージャに加えた猛攻撃----それ…

更新日:2010-04-13 06:26:09 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ファルージャ再訪 / ダール・ジャマイル

2005年11月14日。 米軍がファルージャで戦争犯罪を犯してから一年近くたった現在[現2009年から振り返ると5年近く]、主流メディアの中にもそうした戦争犯罪のいくつかを取り上げるものが現れた(ただし、当然予測されたことだが、米国の商業メディアはそれらをまったく扱っていない)。 2004年11月26日にインタープレス・サービスに寄稿した「ファルージャでは非通常兵器が使われた」という記事の中で、私は、ファルージャからの避難民たちが、町で様々な奇妙な兵器が使われた状況を詳しく語ったと述べた。さらに避難民たちは、「そうした爆…

更新日:2009-10-03 10:19:44 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ファルージャ - 隠された虐殺 / マーク・フェダーマン

2005年11月9日 ファルージャで2004年、本当は何が起きたのだろうか? イタリアのTVネットワークRAIが新たに製作したドキュメンタリーRAIは、イラクで米軍が民間人に対して大量破壊兵器(WMD)と、とりわけ化学兵器を使ったことを暴いている。 問題の兵器はMK77焼夷弾と呼ばれるようで、ベトナムにあまりに多くの恐ろしい死と破壊をもたらしたナパームの後継である。ナパームはその後、国連で禁止されたが、それとまったく同じおぞましい致命的な効果を持つ兵器を、異なる名前で、WMDを大声で非難するまさにその国が用いている。 …

更新日:2009-07-27 21:07:18 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

難民たち(2004年4月21日) / ジョー・ワイルディング

「私のハネムーンなんです」とヘバは言った。バグダッドのアル=アメリヤ地区にある第24防空壕の混みあった通路でのことである。一カ月前に結婚したば かりのヘバは、拡大家族とともにファルージャを逃れてきた。「絶えず爆撃がありました。眠れませんでした。眠りに落ちても、悪夢で目が覚めるのです。家族 みんなが一つの部屋に集まり、待機していました」。 「ファルージャよりもここの方がましです。爆弾の音は聞こえますが、遠くですし、そんなに多くはありません。でも、ここには水がないので、飲んだり、料理 に使ったり、体や服を洗う水を手に入れるために…

更新日:2009-04-29 16:11:23 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare