「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ アフガニスタン

タグ検索結果 ~ アフガニスタン 9件中 1件~

12

ペンタゴン、外国人契約労働者の「奴隷」状態を黙認 / シャーウッド・ロス

2011年9月2日(金) 6月6日にサラ・スティルマンが『ニューヨーカー』誌に寄稿した「The Invisible Army」という記事によると、アフガニスタンやイラクで雇用されている7万人に及ぶ「第三国市民」(TCN)の多くが、「賃金を騙し取られ、怪我をしても補償を受けず、性的暴力の被害を受け、下請け会社のボスに年季奉公的状況で拘束されている」という。実際、このシステムは、現代の奴隷制度の歪んだ姿そのものである。 「こうした労働者は、多くが南アジアかアフリカの出身で、米軍基地の有刺鉄線で囲まれた場所に住み、不十分な食堂で食事を取る・・・」と彼女は書い…

更新日:2011-09-08 21:42:55 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

交戦規定 / ロン・ジェイコブズ

2010年7月5日 この戦争に勝てる、と信じさせたいのだろうか? 2010年7月2日、米国上院はアフガニスタン戦争に対する370億ドルの追加支出を99対0で決定した。この投票の少し前には米国下院歳出小委員会が、アフガニスタンに据え付けた傀儡政権に対する米国の援助を40億ドル減らすと発表していた。その理由は、広く知れわたった傀儡政権の汚職にあった。どういうわけか、小委員会の決定は、瀕死の状態にある米国の反戦運動界の一部から歓迎された。アフガニスタンに蔓延する汚職を理由に米国が後ろ盾となっているカルザイ政権を非難しようとする動きが、アフガニスタン…

更新日:2010-07-06 16:28:51 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

米軍が妊婦、政府関係者、ジャーナリストを殺害:民間人殺しの隠蔽 / スティーヴン・ソルヅ

2010年4月6日 最近、二つの国で起きた二つの事件についての報告がニュースになった。いずれも、米軍兵士が民間人を殺したのち、嘘をついて証拠を隠蔽したというものだ。民間人殺しについて、米軍とペンタゴン筋はずっと嘘をつきつづけてきたが、今回のはその最新版というわけである。 アフガニスタン:妊婦と政府職員の殺害 ロンドンのタイムズ紙に掲載されたジェローム・スターキーの優れた記事によると、アフガニスタンで、米軍はついに2月の侵入襲撃で妊婦二人を殺したことを 認めた 。そのときには、 アフガニスタン政府職員 も複数殺されたという。しか…

更新日:2010-04-09 21:16:09 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

今回の戦争で英雄的な兵士と記者はどこにいるのか? / デーブ・リンドルフ

2010年3月3日 1968年、チャーリー中隊のウィリアム・カリー中尉が部下の兵士たちに、ベトナムのミライ(ソンミ村)に住む400人の女性や子ども、老人を強姦し、重傷を負わせ、殺戮するよう命じまた促したとき、英雄的に彼を止め、彼とその上官を裁判に賭けようとした人が少なくとも4人いた。一人はヘリコプター・パイロットのヒュー・トンプソン・ジュニアで、負傷した犠牲者の一部を避難させるとともに、ベトナム人の集団とカリーの部下との間にチョッパー・ヘリを降下させ、米兵たちがベトナム市民をこれ以上撃つならば米兵に向けて発砲するようヘリの砲手に命じた…

更新日:2010-03-06 21:53:15 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

米軍:野蛮の思考回路 / ダール・ジャマイル

2010年2月10日 トゥルースアウト ステパン・メストロビック博士へのインタビュー 2009年12月27日、アフガニスタンの東部クナル州で、深夜に襲撃捜査を仕掛けた米軍は、学齢期の子ども8人を含む10人のアフガニスタン人をベッドから引きずり出して射殺した。8人の子どもたちは11歳から18歳だったとアフガニスタン政府の調査団は語っている。 この事件は、米軍兵士がイラクとアフガニスタンを占領中に犯した数限りない残虐行為の一つにすぎない。イラクのアブグレイブで米軍兵士は捕虜に拷問を加え、米軍の暴力でイラク人市民は苦しみ、バ…

更新日:2010-02-15 20:58:06 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

親切? 卑劣? アメリカが示す選択的な同情 / デーブ・リンドルフ

2010年2月2日 大地震が起きたあと、アメリカの人々がハイチの貧しき人々に注ぎ込んた心からの同情と支援について。 アフガニスタンやイラクの貧しき人々に注ぎ込まれる同情と支援はどこにあるのだろう? 確かに、我々アメリカ合衆国は、アフガニスタンとイラクで戦争を続けている。けれども、我々がこれら二国で戦争しているのは、そこに暮らす人々を助けたかったからではなかったろうか? 皆さんは、2004年末に米軍海兵隊が通り抜けて破壊し尽くしたあとのファルージャ市の写真をご覧になったろうか? [写真キャプション]2004年に米軍が攻撃…

更新日:2010-02-10 12:09:10 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

CIAは秘密暗殺作戦に傭兵企業ブラックウォーターを雇った / ジェレミー・スケイヒル

2009年8月21日 フアン・ゴンザレス:本日は、まず、民間軍事会社ブラックウォーターに関する新たな爆弾報告からはじめます。ニューヨーク・タイムズの報道では、2004年、CIAが、アルカーイダの上級工作員を見つけ出して暗殺することを目的とした秘密プログラムの一環として、ブラックウォーターの傭兵を雇ったというのです。 ブラックウォーターの経営陣は、計画と訓練、監視などでCIAを手助けしてきました。このプログラムにCIAは数百万ドルを投下しましたが、タイムズ紙によるとテロ容疑者を逮捕することも殺すこともできなかったといいます…

更新日:2009-10-13 11:26:06 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

民間人の死は何人までなら許容範囲というのだろう? / トム・ヘイデン

2009年8月5日 5月21日の米国上院聴聞会記録には、ジョン・ケリー上院議員の率直な質問に対してペンタゴンの不可解な答えが見られる。 質問。2003年7月20日付けニューヨーク・タイムズ紙によると、ラムズフェルド国防長官は、イラクで、それぞれにつき50人以上の無辜の民間人を殺すことになる米軍の空襲を50回以上にわたり承認したと言います。当時のペンタゴン方針では、50人以上の民間人死者が付随的被害として出ることが避けがたい空襲については一つ一つ国防長官本人が承認する必要があったのです。この認可制度についてメディアが知った…

更新日:2009-08-08 07:55:52 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
12