「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

sysInfo

English⇒Japanese

tkkobe

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ 人権

タグ検索結果 ~ 人権 24件中 1件~

123

恐怖感が広まる社会で人権を擁護する / ジュリアン・バーンサイド

社会に恐怖感が広まっているとき、人権を擁護することは極めて困難になる。民主主義の多数決原理と、無力で周縁化された人々を擁護するという人道的原則との対立が前景化するからである。このような状況においてこそ、人権の擁護が何よりも問われることになる。 市民的自由は、政府の権限と自制との間にある微妙なバランスのもとで維持されている。このバランスは、以下の3つの条件のうちいずれかが成り立つとき、危機に陥る。第一は、政府に反対する政治的勢力/政党が弱体であるか存在しないときである。第二は、メディアが弱体だったり、従順だったりするときであ…

更新日:2013-09-20 13:55:14 kyo   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

緊急のお願い:コロンビアの人権活動家アルファミル・カスティーヨの命を守るために / War on Want

2012年10月10日、一人の男が人権活動家アルファミル・カスティーヨの胸に銃を突きつけ、カスティーヨとその弁護士には死が待っていると宣言しました。 アルファミル・カスティーヨの息子は、2008年2月8日、コロンビア軍に殺されました。当時23歳だった息子のダルベイは、友人アレックスとともに殺されたのです。この事件はコロンビアで「偽陽性超法規的処刑」として知られているもので、軍が民間人を殺してから、ゲリラ兵だったと嘘の主張をするものです。 昨年、7人の兵士が殺人罪で有罪になりました。2010年に裁判が始まって以来、アルファミルとその家族は、嫌が…

更新日:2013-04-03 13:20:06 kmasuoka   3   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東ティモールは正義を求める / 国際法廷を求めるティモール全国連盟

A-N-T-I: 国際法廷を求める東ティモール全国連盟 事務局: Fongtil-Caicoli, 東ティモール、ディリ プレスリリース 東ティモールは正義を求める - 「私たちは平和を愛しています。そして、和解を強化するために真実を欲します。」 東ティモールは独立の回復から10周年を祝福しようとしていますが、インドネシアによる東ティモール侵略と占領の時期に犯された人道に対する犯罪、戦争犯罪、ジェノサイドに対する正義と責任明確化の動きは見られません。 インドネシアによる東ティモール侵略と占領により、1975年から1999年の間に18万人の人々が命を失いました。国…

更新日:2012-05-29 14:54:19 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

コロンビアの人権状況は改善されていないにもかかわらず、米国政府はコロンビアの人権状況を保証 / WOLA Press Release

2010年9月16日 ワシントンDC 3000人以上の民間人がコロンビア治安部隊に殺されたとされているにもかかわらず、名ばかりの起訴しか進んでいない。 米国国務省は9月15日、コロンビア治安部隊による人権侵害が処罰されないままになっていることを示す多くの証拠があるにもかかわらず、コロンビアが米国からの軍事援助を得るために求められる人権状況を満たしていると保証した。国務省自身のプレスリリースも、コロンビアで重大な人権侵害が起きていることを認めている。米国とコロンビアの人権団体は、人権侵害、とりわけコロンビア軍が殺したとされる3000人以上の文…

更新日:2010-09-21 21:28:00 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

コロンビア:人権派ジャーナリスト、クロドミロ・カスティージャ・オスピナ暗殺 / フロントライン

2010年3月30日 人権活動家クロドミロ・カスティージャ・オスピナ氏は、2010年3月19日、コロンビア北部のモンテリアで射殺された。クロドミロ・カスティジャ・オスピナ氏は『エル・プルソ・デル・ティエンポ』【時代の脈動】という地方誌の編集発行人で、ラジオ局ボス・デ・モンテリア【モンテリアの声】の「ブロケ・インフォマティボ」のレポーターでもあった。 詳しい情報 殺される前にクロドミロ・カスティージャ・オスピナ氏は、準軍組織と地元政府役人との癒着疑惑について、モンテリアの弁護士暗殺に地元企業家が関与していた可能性について、地元自治体…

更新日:2010-04-03 11:23:58 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

パレスチナ:人権活動家オマル・アラエディン氏の恣意的拘禁 / フロントライン

2010年3月31日 人権活動家オマル・アラエディン氏は、2010年3月14日、イスラエル兵士により恣意的に拘禁され、拘禁中に拷問を受けた。オマル・アラエディン氏はパレスチナ人人権活動家で、ヨルダン川西岸のアル・マーサラ村で、イスラエル当局とイスラエル軍が犯しているとされる人権侵害に抗議するためのデモを組織し参加してきている。 詳しい情報 2010年3月14日、オマル・アラエディン氏は、学生や大学教員のグループと一緒にラマッラーの映画館から自宅に変える帰途、西岸のコンテナ検問所で拘束された。 拘束される際にイスラエル兵に殴打され、さら…

更新日:2010-04-03 10:42:56 kmasuoka   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ガザからの呼びかけ / オーサーズ・メニー

2009年12月21日 (ガザ発) イスラエルがガザ地区を攻撃してから、今週で1年になる。燐爆弾や高密度不活性金属爆弾をはじめとする死と破壊をもたらす兵器が、身を守る術を持たない民間人の上に解き放たれてから、1年になる。世界中で人々がイスラエルにガザ攻撃をやめるよう求めてから、1年になる。 封鎖されたガザに対してイスラエルが仕掛けたこの侵略戦争の中で、イスラエルの無差別爆撃により多くのパレスチナ市民が虐殺された。国連の専門家も主要な人権団体も、これを戦争犯罪であり人道に対する罪であるとして非難している。イスラエルの攻撃により1440…

更新日:2009-12-29 10:35:57 kmasuoka   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

東ティモールのために正義の実現を求める国連安保理への手紙 / ETAN

議長 安全保障理事会 国際連合 1 United Nations Plaza ニューヨーク、ニューヨーク 10017 2009年10月20日 議長殿 私たちは以前から、東ティモールで犯されてきた人権侵害と戦争犯罪に対する正義と責任の明確化に関心を向けてきました。 今週、安保理が東ティモールの状況について議論するにあたって、私たちは皆さんに、人権と重大な人権犯罪の責任追及に関して国連および特に国連安保理が行なった公約と責任が依然として満たされていないことを改めてここに指摘します。 いまひとたび、私たちは安保理が、2005年の専門家委員会報告、そ…

更新日:2009-10-22 21:24:08 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123