「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2015/07/07

復旧のお知らせ

2015/06/08 ~ 2015/07/07 の期間、サーバ障害によりサービスが利用できない状況になっておりました。 現在は復…

List

Hnoss

English⇒Japanese

shikimi

English⇒Japanese

K0hei22

English⇒Japanese

mayuko

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ メディア

タグ検索結果 ~ メディア 612件中 41件~

Smashwordsでは、長い本、短いタイトルの本がよく売れます / スーザン・ルルジュライ

2013年5月9日 データを調べると驚くべき情報に出くわすことがあるが、とにかく結果を活用することが大切だ。最近、SmashwordsのCEOマーク・コーカーが、2012年5月1日から2013年3月31日の11カ月間のデータ分析結果を公表した。 このデータは、Smashwords取扱いの電子書籍12万点以上についての、1200万ドルを越す売上の傾向を分析したものである。分析からわかった興味深い結果の一つに、長い本の方がよく売れる、というものがある。 「Smashwordsの売上トップ100ベストセラーの平均長さは11万5000語である」とコーカーはブログに書いている。「売上ランク毎に色々調…

更新日:2013-05-10 08:31:35 educo   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ブルックリン公共図書館、サイモン&シュスターと取引を開始 / スーザン・ルルジュライ

2013年4月24日 ブルックリン公共図書館(BPL)本館は誰もがいかにもこれぞ図書館と思うような外見である----大きな飾りドア、両側には金の模様の入った円柱。特別な場所に入っていくように感じるだろう。図書館はそうした感じを持たせなくてはならないのだが。 しかし、米国で第5位の規模を誇る図書館体制であるブルックリン公共図書館といえども、財政問題から無縁なわけではない。BPLは58の周辺図書館から構成される独立した組織で、ニューヨーク市やクイーンズ行政区公共図書館にも属していない。 BPLは創造的な方法で資金調達を求めており、ニューヨークデイリ…

更新日:2013-04-25 08:42:30 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

Ubuntu 13.04: GNOME vs Unityユーザインタフェースアップデート / Linux Today

来週デビュー予定のUbuntu 13.04ではGNOME版が公式提供される予定。ほとんどの人はこのニュースに気づかなかったようであるが、CanonicalのUnityインタフェースを好まないLinuxデスクトップユーザにとっては喜ばしいものだろう。これはさらに、チャンエルパートナーが提供するあらゆるデバイスにわたる「すべてをUbuntuhへ」というCanonicalの大望にも影響を与える可能性がある。 2年前(Ubuntu 11.04)にUbuntuデスクトップバージョンのデフォールトインタフェースがGNOMEからUnityになったとき、Canonicalはユーザからの大きな不満に直面した。Unityは古いハード上…

更新日:2013-04-21 12:31:44 kyo   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

電子書籍、2012年12月期米国出版社収入の23%に / スーザン・ルルジュライ

米国出版社協会が出した、2012年12月の状況を示す最新の「スタットショット」によると、米国の一般向け商業出版社にとって2012年は良好な年だった。 デジタルブックワールドがこの報告書の数値を丁寧に解説している。とりわけ注目すべきなのは、2012年の純収入のうち23%を電子書籍が占めている点で、2010年のわずか1%、2011年の17%と比べて増加している。 米国の出版社は、2011年比で6.2%(71億ドル)の純収入増を実現している。上位のカテゴリーは、大人向けフィクション/ノンフィクションと児童書/ヤングアダルトである。 これら二つのカテゴリーと宗教関係…

更新日:2013-04-12 08:21:20 mabako   1   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

アマゾンの電子書籍返品ポリシー: フェア? アンフェア? / ジョアナ・カボット

2013年4月2日 アマゾンのキンドル本の返品ポリシーを疑問視する素敵な記事がGalleycatに掲載された。著者のジェイソン・ブーグによると、1200人近い人がアマゾンに返品ポリシーを変更するよう求める要請に署名しているという。現在、読者は7日以内(本を読み終わるのに十分な時間!)ならば返品し返金を受けることができる。 この1200人が、どのようなポリシーの変更を求めているのかはどうもよくわからない。要請の扇動的なトーンは個人的にちょっと不快に感じる。例えば、こんな調子である:「読者は全員、潜在的には犯罪者であって、我々に害をなそうと…

更新日:2013-04-04 10:10:29 educo   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

アリゾナ法案、図書館のプライバシー法に電子書籍読者を含める方針へ / スーザン・ルルジュライ

電子書籍のメディアとしての人気がますます高まっている中、政治家は市民を守るために新たな方策を考えなくてはならなくなっている。関連する多くの法案があるが、数十年前のものもあり、将来のデジタル化をあまり考慮していない。 最近、アリゾナ州では電子書籍に着目し、読者の保護に乗り出した。 AP通信によると、現在の図書館プライバシー法に、電子書籍を含める法案が州議会を通過する見込みという。現在の州法は、すでに、裁判所命令なしに図書館の記録を開示することを禁じている。今回の法案は、電子書籍の読者も同様に保護することになる。 APによると、議…

更新日:2013-04-02 08:50:32 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

オンライン書店が全書籍売上の半分近くに / ジュリ・モンロー

2013年3月18日 ついに決定的なところまできたことを、 バウカー社が行った最近の調査 が示している。米国では、2012年11月期に、書籍販売の44パーセント近くがオンライン書店によるもので、大規模小売りチェーン、独立系書店、量販店やスーパーなどの売上は33パーセントであった。 すべて電子書籍というわけではないが、かなりの部分が電子書籍である。米国では、書籍売上の28%が電子書籍である。 この調査によると、スーパーや量販店、独立系書店は市場シェアを保っているが、大規模チェーンがシェアを失っている。デジタルブックワールドは、ボーダ…

更新日:2013-03-19 13:48:21 educo   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

キンドルの電子書籍に関する奇妙な出来事

2013年3月14日 まだ読んでいない本300冊が自宅で山積みになっているとき、どうしますか? 書店に出かけて、さらに本を買うでしょうか? まあ何とか玄関までたどり着くことができるような状況だとしても、そうはしないのではないでしょうか。 でも、キンドルやiPadなどまあ読書端末なら何でもいいのですが、そこに300冊の本があるとき、家にいて、「購入」ボタンをクリックするでしょうか? かなりありげです。だって、端末に何冊の本があるかさえ、たぶん気づいていないかもしれないのですから。 300でなくて、3000冊の本を電子読書端末に入れておいても、1冊し…

更新日:2013-03-16 09:34:21 mabako   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare