「みんなの翻訳」は、世界中の文書をみんなで協力して翻訳するサイトです。

みんなの翻訳ロゴ
ブクタブ
翻訳サイト

カテゴリ一覧

このサイトについて 新規登録はこちら お試し翻訳

一覧

2017/07/28

メンテナンス終了のお知らせ

2017/7/25-2017/7/28に実施したメンテナンスは、2017/7/28/14:20に終了いたしました。 ご協力をいただき、ありが…

List

Hnoss

English⇒Japanese

acai

English⇒Japanese

jhoo0509

English⇒Japanese

yoko

English⇒Japanese

ホーム > タグ検索結果 ~ インタビュー

タグ検索結果 ~ インタビュー 24件中 17件~

123

戦争ログファイル:現在と今後(2) / マイケル・シュワルツ&クリス・スパノス

2. スパノス:確かに、ログが提供する40万にのぼる報告書の膨大なデータは世界中のメディアで大評判になりました。けれども、イラクの人々にとって、今回ニュースの見出しになったことはすべて、米国が2003年にイラクに戦争を仕掛けてイラクを占領して以来----さらには90年代に米国と国連がイラクに経済制裁を科していたときから----よく知っていたことで、自ら体験していたことに過ぎませんでした。主流はメディアが今回、イラクの人々にとって意外な新事実であるかのように騒ぎ立てたことについてはどう思いますか? シュワルツ:イラク戦争の当初から、イラクの大…

更新日:2010-11-06 10:08:24 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

戦争ログファイル:現在と今後(1) / マイケル・シュワルツ&クリス・スパノス

2010年11月4日(木) 10月22日金曜日、WikiLeaksは「イラク戦争ログファイル」を公開した。WikiLeaksはこれを「史上最大の機密軍事情報リーク」と述べた。ログは合計40万近い報告からなり、6年間にわたる10万9000人の死と17万人の負傷、20万人近い人々の拘束について詳述した文書が含まれている。以下に掲載するのは、この戦争ログの現在の意義と今後の意味について、クリス・スパノスがマイケル・シュワルツに行ったインタビューである。 マイケル・シュワルツは2008年に出版された「War Without End : The Iraq War in Context」の著者。同書は、イラク戦争の政治…

更新日:2010-11-05 12:28:07 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

リチャード・フォークへのインタビュー:国連特別報告者がイスラエルの主張を論破する / デニス・バーンスタイン/ジェシー・ストロース

2010年6月3日 5月31日日月曜日の夜明け、ガザ沖の国際水域で、イスラエル軍奇襲部隊は自由ガザ運動の船6隻からなる船団に海賊攻撃を仕掛けた。襲われた船団は、食料や医薬品から建設資材まで1万トンの人道援助をガザに運ぼうとしていた。イスラエル軍によるとこの襲撃で10人が殺され、数十人が負傷した。犠牲者の数および殺された人と負傷者の身元については現在のところ独立した立場からの確認はなされていない。イスラエル軍が6隻の船を差し押さえ、乗っていた30カ国700人全員を拘留し、拘留者と外界との接触を遮断したからである。 米国戦没将兵記念日である5月31…

更新日:2010-06-10 12:27:14 kmasuoka   2   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

米軍:野蛮の思考回路(2) / ダール・ジャマイル

2009年 2月9日 トゥルースアウト ステパン・メストロビック博士とのインタビュー 昨日、「トゥルースアウト」ではステパン・メストロビック博士とのインタビュー第一部を紹介した。メストロビック博士はテキサスA&M大学の社会学教授で、イラクにおける米軍の違法行為に関する本を三冊上梓している:『アブグレイブ裁判:恥と名誉をめぐる専門家証人の報告』、『交戦規定? イラク鉄の三角形作戦』、『「善良なる兵士」の裁判:イラク鉄の三角形作戦における米軍の不法行為をめぐる社会学的研究』である。彼はハーバード大学で取得した臨床心理学修士号…

更新日:2010-02-21 11:43:03 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

米軍:野蛮の思考回路 / ダール・ジャマイル

2010年2月10日 トゥルースアウト ステパン・メストロビック博士へのインタビュー 2009年12月27日、アフガニスタンの東部クナル州で、深夜に襲撃捜査を仕掛けた米軍は、学齢期の子ども8人を含む10人のアフガニスタン人をベッドから引きずり出して射殺した。8人の子どもたちは11歳から18歳だったとアフガニスタン政府の調査団は語っている。 この事件は、米軍兵士がイラクとアフガニスタンを占領中に犯した数限りない残虐行為の一つにすぎない。イラクのアブグレイブで米軍兵士は捕虜に拷問を加え、米軍の暴力でイラク人市民は苦しみ、バ…

更新日:2010-02-15 20:58:06 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

コロンビア政治囚へのインタビュー / ギャリー・リーチ

2009年7月13日 2008年8月8日、コロンビア国家警察はリリアニ・オバンドを逮捕し、反逆罪およびテロ集団への資金提供の罪で告発した。それから10カ月たっても、裁判は始まっておらず、オバンドはボゴタのブエン・パストル刑務所に入れられたままである。FENSUAGRO(農業農場組合全国連合)国際関係委員会で働く彼女は、仕事として、講演や資金集めのためにカナダや欧州、オーストラリアなどを訪れ、そこでコロンビア政府の人権侵害を繰り返し批判してきた。2008年3月、コロンビア軍に殺されたFARC司令官ラウル・レイェスのラップトップで見つ…

更新日:2009-07-17 15:15:04 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

ムジャヒディーンに聞く (2004年4月27日) / ダール・ジャマイル

「侵略前、テロなどありませんでした。ファルージャで人々が行なっているのは、テロリズムではなく、レジスタンスなのです」。 2004年4月27日 「ニュースタンダード」紙。バグダード発。 ウォミデ・ニダル博士はバグダッド大学の政治学教授である。昨夜、彼の家で行なったインタビューで、彼は次のように述べた。「米国の政策に従いさえすれば、テロリストではなくなります。1991年、シリアはテロリストではありませんでした。当時の対イラク戦争を支持したからです。シリアは今回の侵略に反対しました。ですから今、シリアはテロリストと呼ばれていま…

更新日:2009-06-29 17:37:52 kmasuoka   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare

スーダン、脱走兵の告白 / マイク・トムソン

ハリド(仮名)は礼儀正しく穏やかに話す。ダルフールから来た彼は、自分の過去については話したがらない様子だ。その理由はすぐに明らかになる。 「私たちに下された命令は、村々を完全に焼き払え、というものでした」と彼は言う。 「井戸に毒を入れることまでしなければなりませんでした。それから、女性は全員殺し、13歳、14歳以下の女の子たちは犯せ、という命令も」 …… …… …… …… 自分に下された残忍な命令を実行するのは非常に気の進まないことだった、と彼は述べる。 「女の子を犯せと言われ、足を進めてその子の前に立ったのですが」…

更新日:2009-03-04 20:34:13 nofrills   0   del.icio.usに追加   はてなブックマークに追加   twitterに投稿   facebookでshare
123